Home / Apple / iPhone / アップルストアでiPhoneを無償交換してもらえる条件と手続き方法

アップルストアでiPhoneを無償交換してもらえる条件と手続き方法

①まず、iPhoneの保証期間があとどれくらいあるのか調べましょう

事前に使っているiPhoneの保証期間があとどれくらいあるのか確認しておきましょう。Appleの公式ホームページから簡単に調べることができます。

調べる時に、iPhoneのシリアル番号が必要になりますので、シリアル番号も確認します。

シリアル番号は、「設定」を開き、「一般」を選択し、「情報」を開きます。すると、アルファベットと数位の組合せのシリアル番号が記載されています。

そしてAppleの「保証状況とサービス期間を確認する」というページを開きます。

開くと、シリアル番号入力欄がありますので、そこに先ほど確認したシリアル番号を入力します。すると、iPhoneの残りの保証期間がすぐに表示されます。

この方法で確実に保証期間内であることを事前に確認します。万が一、保証期間外であれば、予想に反して修理料金がかかってしまうことがあります。

②バックアップを取る

iPhoneを交換する前にiPhone内のデータをiCloud上または、パソコン(iTunes)の中に保存しておきましょう。交換した新しいiPhoneに保存したデータを戻せば、元のiPhoneと同様の状態で使うことができます。

iCloudでバックアップを取る方法

「設定」を開いて「設定」内の「iCloud」を開きます。「バックアップ」を開いてください。 「iCloudバックアップ」がオンになっていることを確認して「今すぐバックアップ作成」を選択すればバックアップが始まります。

バックアップが終わるまでWi-Fiがオンになっていることを確認してください。フリーWi-fiなどでも可能ですが、容量が大きいことと個人情報などの重要な情報も通信に加わるので、できるだけ自宅やプライベートなWi-fiに接続することをお勧めします。

iTunesでバックアップする方法

iPhoneをパソコンに接続し、iTunesを開いてください。iPhoneのアイコンをクリックし、サイドバーから「概要」を選択してください。「バックアップ」の「自動的にバックアップ」で「今すぐバックアップ」を選択してください。

iTunesでのバックアップはiCloudでバックアップを取る場合に比べてほとんどのデータをバックアップすることができます。iTunesにバックアップを取ることで、交換後も元のiPhoneと同様の状態で使うことができます。

③Appleカスタマーセンターへ連絡する

Appleカスタマーセンターへ連絡し、今の状況を正確に伝えましょう。そのうえで近くにAppleStoreがある場合は持込み、ない場合は郵送で対応します。

④AppleStoreへ持って行く

近くにAppleStoreがある場合は、事前予約したうえでiPhoneを持って行きましょう。

そして、スタッフにiPhoneの故障状況などを確認してもらいます。故障状況の確認により、無償交換対象なのか有償交換対象なのかが分かります。もし、無償交換対象の場合はその場で新しいiPhoneに交換してもらえます。

データ移行などもしてくれます。もし、無償交換対象の故障等でないと判断された場合は、有償交換となります。

その場合は、店頭では修理できないですので、Appleの修理センターへ店舗から郵送されて修理となります。修理が完了し戻ってくるまでに1週間程時間がかかります。

配送の場合も同様です。配送の時の方が時間がかかることが多いです。Appleのホームページ、または、電話で配送修理を頼みます。依頼が完了するとApple指定配送業者が自宅にiPhoneを受取りに来ます。

業者の配送員にiPhoneを渡せばあとは修理が終わって戻ってくるのを待つだけです。その後、無償交換対象か否か確認後、無償交換対象の場合もそうでない場合も1週間ほどで新しいiPhone、または修理済みのiPhoneが送られてきます。

バックアップ復元方法

iCloudの場合

iCloudバックアップからの復元にはWi-Fiが必要ですので、設定を忘れないでください。

アクティベーション(初期設定)画面から順番に操作し、「iPhoneを設定」の画面で「iCloudバックアップから復元」を選択し、Apple IDとパスワードを入力します。復元したいデータを選択し、その後各種設定を行うことで最後にバックアップを取っていたアプリがインストールされていき、復元が完了します。

iTunesの場合

iPhoneをパソコンに接続し、iTunesを開いてください。iTunes で「バックアップを復元」を選択し、各バックアップの日付とサイズ選択後、「復元」を選択し、復元が終わるまで待ちます。デバイス再起動後も接続したままにして、同期が終わったら接続を切ることで、復元が完了します。

iPhoneの保証内容

1 2 3

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

iPhoneでアプリのアイコンを変更する方法

iPhoneでアプリのアイコンを変更する方法

iPhoneではアプリのアイコ …

Facebookでのご購読が便利です。