Home / Apple / iPhone / 解約したiPhoneの便利な使い道

解約したiPhoneの便利な使い道

Pocket

パソコン③

今回、解約したiPhoneの便利な使い道についてご紹介いたします。次々と新しい性能を備えたiPhoneが発売されることもあり、1年〜2年で機種変更していく人も多いと思います。その都度、考えるのが今まで使っていたiPhoneの使い方についてです。特に故障もしていないようであれば、不自由なく使うことができますが、どのような使い道があるのか分からなかったりします。

今回は、iPhoneを解約後の使い道として、「写真画像などのスライドショーとして使う」「音楽プレーヤーとして使う」「ICレコーダーとして使う」「カメラとして使う」「子供の遊び道具として使う」「業者に買い取ってもらう」「オークションやフリマにだす」方法についてご紹介します。iPhoneは解約後、通話やキャリアメール、SMSなどは使うことができませんが、様々な機能はそのまま使うことができます。また、Wi-Fiネットワーク環境下であれば、LINEやフェイスブック、インスタグラムなどもそのまま使い続けることもできます。

せっかく機種変更するまでは、使っていたものなので、解約後も有効活用できるようにしたいものです。解約後のiPhoneの使い道に関して悩んでいた方、使っていないiPhoneなどが家にある方、これからiPhoneを解約しようとしている方など、ぜひ、参考にご覧ください。

スポンサーリンク

解約したiPhoneの便利な使い道

写真画像などのスライドショーとして使う

自宅にインテリアとして置き、スライドショーなどのディスプレイ代わりにすることができます。特にたくさんの写真や動画を撮っている人は、すぐに種類豊富なスライドショー機器にすることができます。様々な動画作成アプリなどもありますので、それらを使えば更に素敵な画像・動画を流すことができます。ただし、アプリをダウンロードする際は、Wi-Fiネットワーク環境下のもとでないとダウンロードすることができませんので、ご注意ください。画面の大きさ的にはiPhone6以降のモデルが良いかもしれません。

音楽プレーヤーとして使う

まさにiPodやiPodTouchのような使い方になりますが、音楽プレーヤーとして使いましょう。普段からiPhoneの中に大量の音楽データを保存している場合はすぐに音楽プレーヤーとして成立します。iTunesの中に音楽を保存している方や、他のクラウドサービスなどに保存している方は、iPhoneに同期しiPhone内に保存しておきましょう。

もちろんWi-Fiネットワーク環境下であればクラウドサービスなどの音楽も聴くことができますが、自宅で聴くだけでなく、出先にも持っていく音楽プレーヤーとし利用する場合は、Wi-Fiネットワーク環境下でなかったとしても、円滑に聴くことができるように、iPhone本体に保存しておくことをオススメいたします。多少重い音楽プレーヤーにはなってしまいますが、使いなれたiPhoneをそのまま利用できる点と、新しいスマートフォンなどと一緒に持てば2台持ちみたいで、少し優越感を感じることができるかもしれません。iPhoneの容量が16GBなどで、あまり音楽データを保存できない場合は、音楽を保存できるあ音楽系アプリもありますので、それらを活用しましょう。イヤホンにも拘ったりすると、もう立派な音楽プレーヤーの出来上がりです。

ICレコーダーとして使う

会議や大事な内容などをボイスレコーダーとして使ったことがある人も多いと思います。iPhoneはICレコーダーとしても使えるため、会話を録音したり、自分の歌や他の人の歌を録音したり、好きな曲を録音したり、メモ代わりに使ったりと、幅広い使い方ができます。専用のアプリをダウンロードし使っても良いですが、デフォルトアプリのボイスメモアプリでも十分で使えます。ボイスメモは音質もキレイですし、シンプルで使いやすい操作性ですので、すぐに開始/解除することもできます。解約したiPhoneだからこそ、安心して集中して録音することに特化することができます。

カメラとして使う

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

iphone_white

新品の速さ?アプリのキャッシュを削除してサクサク動かす6つの方法

アプリを使用していたらだんだん …

Facebookでのご購読が便利です