Home / Apple / iPhone / iPhoneのカメラロールの使い方とフォトストリームとの違い

iPhoneのカメラロールの使い方とフォトストリームとの違い

カメラロールとフォトストリームの違いが分かったでしょうか。次はカメラロールの設定方法です。カメラロールは特に何もしなくても使えますが、設定をすることでより便利になります。

iCloudのフォトライブラリとカメラロールを同期する設定

iCloudのフォトライブラリとカメラロールを同期する設定をしておくと、カメラロールに保存された写真が自動でiCloudのフォトライブラリにも保存されます。パソコンやiPadなど他の端末から写真にアクセスできるようになるだけでなく、写真のバックアップにもなります。

iCloudのフォトライブラリとカメラロールを同期するには、iCloudにサインインした状態で「設定」->「写真とカメラ」を開きます。その中の一番上にある「iCloudフォトライブラリ」をオンにします。

これでフォトライブラリとカメラロールが同期され、iPhoneがWi-Fiに接続されるとカメラロールの写真が自動でiCloudにアップロードされるようになります。

フォトライブラリと同期する際の注意点

フォトライブラリを同期するとカメラロールの写真が自動でiCloudにアップロードされるので非常に便利ですが、個人情報の流出には注意する必要があります。

フォトライブラリの画像は基本的にはアップロードした本人か、共有で指定した相手しかアクセスできません。しかし、インターネット上に写真が置かれることになるため、不正アクセスなどで流出してしまう可能性が0ではありません。

フォトライブラリへの自動アップロードはカメラロール全体がアップロードされてしまいます。そのため、本来ならiCloudに置きたくないプライベートな写真や個人情報が含まれている画像もiCloudに勝手にアップロードされてしまいます。

それらが原因で思わぬトラブルに巻き込まれることもあるので、フォトライブラリを利用する際は要注意です。もし個別にアップロードしたり共有したりする場合はDropBoxなど別のクラウドサービスアプリを使うのも良いでしょう。

写真や動画のファイルサイズを縮小する設定

iPhoneのカメラは高性能なので、非常に高画質の写真や、高解像度の動画を撮影することができます。しかしその分だけファイルサイズが大きくなってしまうので、ストレージ容量を圧迫してしまいます。そんなときは、写真や動画の容量を抑える設定をしましょう。

iCloudフォトライブラリとカメラロールを同期する設定にしていると、さきほどの「写真とカメラ」の画面に「iPhoneのストレージを最適化」と「オリジナルをダウンロード」の項目が表示されるので、「iPhoneのストレージを最適化」のほうがをタップしてオンにしてください。

この設定をオンにすると、iPhoneの空き容量が少なくなるとカメラロールの写真が自動的に容量に合わせた解像度の写真に入れ替わります。元の写真はiCloudに保存されるので、iPhoneのストレージ容量を節約しながら解像度の高い元の写真もちゃんと閲覧することができます。

設定を「オリジナルのダウンロード」にするとオリジナルの写真がそのまま保存されるようになります。ご自身のiPhoneのストレージ容量に合わせて設定を変えるとよいでしょう。

アプリを利用してファイルのサイズを小さくする

写真や動画のファイルサイズを縮小するには上記の方法以外にもアプリを利用する方法があります。iPhoneの写真編集アプリは多種多様なものがありますが、中には画像ファイルのサイズ変更に特化したアプリがあります。

こうしたアプリを使えば特定の写真のファイルサイズだけを変更したり、カメラロール内の写真のサイズを一括で変更する、といったことが簡単に行えます。

メール転送でファイルサイズを小さくする

ファイルサイズの縮小はメール転送を利用しても行えます。iPhoneの標準メールアプリで写真を転送しようとすると、写真のサイズを大、中、小から選ぶことができます。そこで中、もしくは小を選んで自分宛てに送信することで、サイズが小さい写真を受け取ることができます。

この方法なら別途アプリなどが必要ないですが、毎回メールを送信/受信し、保存するという作業をしないといけないので少し面倒です。出来るならiCloudを利用するか、専用のアプリを使うようにしましょう。

iCloud経由で友人と写真を共有する設定方法

1 2 3

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

iPhoneのボイスレコーダー機能の使い方

今では多くの人が手にしているi …

Facebookでのご購読が便利です。