Home / Apple / iPhone / iPhoneのカメラロールの使い方とフォトストリームとの違い

iPhoneのカメラロールの使い方とフォトストリームとの違い

iPhoneはカメラの性能が非常に良いスマホです。その場でSNSへの投稿もできるため、デジカメなどの代わりにiPhoneで写真を撮っているという方は非常に多いと思います。

iPhoneのカメラを使っていると「カメラロール」や「フォトストリーム」という単語を目にしますが、意外とこの2つの違いを理解している人は少ないです。しかし、ちゃんと違いを理解し、設定やカスタマイズが出来るようになればiPhoneで写真を撮るのがもっと楽しく、便利になります。

今回はiPhoneのカメラロールの使い方と、フォトストリームとの違いについて解説します。

スポンサーリンク

iPhoneのカメラロールとは

まずはiPhoneのカメラロールとは何か、フォトストリームとの違いは何かについて解説します。

カメラロールの役割

カメラロールはiPhoneで撮影した画像が保存される場所のことです。iPhoneのカメラで写真を撮影すると、その写真はすべてカメラロールに保存されます。

また、カメラで撮影したもの以外にもスクリーンショットやインターネットからダウンロードした写真も、カメラロールに保存されます。つまり、カメラロールはiPhoneで写真を扱う上では欠かせない物と言えます。

フォトストリームとの違い

フォトストリームとは

カメラロールと間違って使われることが多いのが「フォトストリーム」です。カメラロールがiPhone内に保存されている画像が表示されるのに対して、フォトストリームはiCloudサーバーに保存されている写真が表示されます。

iCloudはAppleのクラウドサービスで、iPhoneやiPadといった端末に保存されているデータをインターネット上のサーバーに保存できます。フォトストリームは、iPhoneやiPadの写真をiCloud上に保存し、パソコンや他のApple端末と共有できる機能です。

つまり、カメラロールにはそのiPhoneで撮影したりダウンロードした写真だけが保存されるのに対し、フォトストリームはiCloudで共有設定をしている他の端末の画像も表示されます。もし所持している端末がそのiPhoneだけの場合はカメラロールもフォトストリームも内容は同じになります。そのため、カメラロールとフォトストリームがごっちゃになる人も多いのです。

最大保存枚数

カメラロールとフォトストリームは保存できる枚数にも違いがあります。カメラロールの場合は、理論的には保存枚数の上限はありません。iPhone本体のストレージ容量がなくならない限りはいくらでも保存ができます。また、自分で削除しない限りは勝手に削除されることはありません。

対して、フォトストリームの場合は最大で1,000枚と決まっています。1,000枚を超えると古いものから削除されていきます。ただし、削除されるのはあくまでもiCloudのサーバーからであり、カメラロールに保存した写真自体が消えるわけではないので安心してください。

また、カメラロールの写真を削除してもフォトストリームの写真は削除されません。つまり、フォトストリームはカメラロールのバックアップとしても使うことができます。自動でフォトストリームにアップロードする設定にしておけば、誤ってカメラロールの写真を削除してもフォトストリームからダウンロードすればよいので安心ですね。

iPhoneのカメラロールの設定方法

1 2 3

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

テザリングができない主な原因7選

テザリングできないのはなぜ?テザリングに失敗する主な原因

iPhoneやAndroidス …

Facebookでのご購読が便利です。