iPhoneにインストールされているアプリの一覧を確認する方法

LINEで送る
Pocket

1
iPhone(アイフォン)を使っていて、「1回しか使っていない/全く使っていないアプリ」が増えてきた。そんな経験はありませんか?

アプリ消そうとしても「他にどんなアプリが入っているのか分からないから消しにくい」、アプリを使おうとしても「どこにアプリがあるのか分からない」という人に朗報です。iPhoneにインストールされているアプリの一覧を表示する方法を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

インストールされているアプリの確認方法

iPhoneにインストールされているiOS(アイオーエス)のバージョンによって使えない方法もあるため、今回は①iPhoneにインストールされている「App Store」で確認する方法と、②iPhone内を検索する機能「Spotlight(スポットライト)検索」で確認する方法、③パソコンにインストールされている「iTunes」(アイチューンズ)から確認する方法(2通り)の4つを紹介したいと思います。

①App Storeで確認する

iPhoneにインストールされている「App Store」から確認する方法です。まず、はじめにホーム画面から「App Store」のアイコンを探し出してタップします。

2
3

次に画面右下にある「アップデート」ボタンをタップします。

その次に一番上に表示されている「購入済み」をタップするとこれまでに購入したすべてのアプリが表示されます。

4

アプリの右側に「開く」と書かれているものはすべてiPhoneにインストールされているアプリになります。そのアプリを開きたい場合には「開く」をタップしましょう。

アプリの右側に

5

と表示されているものは、これまでにインストールしたことがあるが、すでに削除しているものや、iPadなど他のiOS製品を所持している場合にiPhone以外の製品にインストールしたもの(もしくはしたことのあるもの)です。すべて「現在、iPhoneにインストールされていないアプリ」になります。

②Spotlight検索で確認する(旧OS向け)

iPhone内やweb検索を一括で行う機能「Spotlight検索」を使う方法を紹介します。この方法はインストールされているiOSのバージョンによって表示が異なる場合や、アプリの一覧を表示できない場合があるようですので、ご注意ください。

まずはじめに、ホーム画面の中心(上部隅でなければどこでもかまいません)あたりで下向きにスワイプ(適当な箇所をタッチしたまま指を下にスライド)します。すると、

6

のような画面が表示されます。ここにある検索ボックスに「,」「.」「、」「。」「/」のいずれかを入力します。

するとAPPという項目にそのiPhone内にインストールされているすべてのアプリが表示されます。アプリの右側にも文字が表示されている場合があるかと思いますが、これはホーム画面をフォルダで整理している場合にそのフォルダ名が表示されているようです。「整理したけどどこにアプリを入れたのか忘れてしまった」という時や「アプリを消したい」という時には特に重宝します。

ちなみに2016年4月14日時点での最新バージョンである「iOS 9.3.1」では使えないようです(下がiOS 9.3.1での画面です)。なぜ使えなくしたんでしょうか…。ぜひ復活させてほしいものです。

7

③パソコン(iTunes)から確認する①

次にパソコンを使って確認する方法を紹介します。パソコンに「iTunes」がインストールされていることと、iPhoneと同じApple IDを使用していることが条件です。

パソコンとiPhoneを接続し、音楽を同期するなどしたことがある人はこの方法が一番分かりやすいかもしれません。「パソコンとiPhoneを一度も接続したことがない」という人や「iTunesって何?」という人は、この方法を使うのが面倒かもしれません。

まずはじめにパソコンでiTunesを起動します。見当たらない場合は「スタートボタン」(windowsの場合、ロゴマークのボタン)をクリックし、「すべてのプログラム」をクリックするとインストールされているソフトウェアの一覧が表示されるので、その中にiTunesがあります(基本的にはアルファベット順に並んでいるかと思います)。

iTunesが起動したら上部の中央より右側に下の画像のような部分があります。

8

個人情報保護のため黒帯で隠していますが、Apple IDで登録している「自分の名前」が表示されています。名前部分をクリックすると画像のように自分の名前と更に登録しているメールアドレスやiTunesストアで課金している残高が表示されます。下の「購入した項目」をクリックします。

すると
9
のような画面になります。右上のAppをクリックすると「今までにApp Storeで購入したすべてのアプリ」が表示されます。
※中央上部の「iPhone」が選択されている(暗転している)ことを確認してください。

④パソコン(iTunes)から確認する②

iTunesを使ってiPhone内にインストールされているアプリを確認する方法はもう一つあるので紹介します。パソコンとiTunesが接続されている必要がありますが、最もアプリを管理しやすい方法でもあります。

まず、パソコンとiPhoneをLightning(ライトニング)ケーブルなどで接続します。操作はパソコン側で行うので、ここからはパソコン側での操作となります。

iTunesを起動します。iPhoneときちんと接続されている場合、iTunesの左上部に音符や映画のフィルムのようなアイコンの右側にiPhoneのようなマークがあるので、それをクリックします。

10

クリックすると上の画像のような画面になります。左側にある一覧から「App」を選択します。するとその右側(iTunes中央部分)にアプリの一覧が表示されます。

アプリアイコンの右側に「削除」というボタンがあるものは「iPhoneにインストールされているアプリ」、アプリアイコンの右側に「インストール」というボタンがあるものは「購入したことがあるがすでにiPhoneから削除されているアプリ」です。

どんなときに一覧があると便利?

不要なアプリを消したい

結構「似た機能を持つ別のアプリをインストールした」「興味があってインストールしたけど、実際使っていない」「昔使っていたけどいまはもう使っていない」という人は多いのではないでしょうか。

不要になったアプリを入れているため容量が圧迫され、新しいアプリをダウンロードできない、写真を撮影する(メールやLINEで貰った画像を保存する)ことができない、新しい音楽を入れることができないということは結構多いと思います。

そういった事態を避けるため、アプリは定期的に見直し、整理することが必要です。アプリの一覧を見て、「機能が被っている」「将来的にも使わないと思う」というような使用頻度の低いアプリは消去しておくことをおすすめします。

有料のアプリでも、購入した履歴はApple(アップル)社がインターネット上でしっかりと保存しているので、一度購入したことがあるアプリのダウンロードは無料でできます。

アプリを消去する方法は簡単です。iPhoneでアプリを消すには、まずホーム画面から適当なアプリのアイコンを長押し(どのアプリでも構いません)します。するとすべてのアイコンがグラグラと揺れだします。それぞれのアイコンの左上にバツ印がありますが、このバツ印をタップすることでそのアプリをiPhoneから削除することができます。

間違えてタップしても「~~アプリ名~~を削除しますか?」と確認のメッセージが表示されるので間違えた場合はキャンセルを押すと消えないので安心です。消したいアプリを選んで、削除しましょう。

アイコンが揺れている状態では、アプリの並べ替えやフォルダを使った整理が可能です。動かしたいアプリをタップしたまま動かしたい場所に移動させて、指を離すことで場所を入れ替えることができます。似たアプリをまとめてしまいたい場合は一つのアプリを動かし、まとめたいアプリに重なるように移動させます。すると自動的にフォルダが作成され、一つの場所にまとめることができます。

フォルダの名前も自動的に生成され、変更したい場合はアイコンが揺れている状態の時にフォルダ名の編集ができます。

また上記で紹介した④の方法を使うとパソコンでiPhoneにインストールされているアプリを削除/整理することもできまので、パソコンの方が操作しやすいという方はそちらの方法を使ってみるのも良いかと思います。

iPhone内をキレイに保って快適スマホライフ

今回は、iPhoneにインストールされているアプリの一覧の確認方法を紹介させていただきました。

使っているといつの間にか多くのアプリをインストールしていることがあります。便利なスマートフォンを更に快適に、ストレス無く使うために、「どんなアプリが入っていたか忘れた」「ホーム画面がごちゃごちゃしてきた」という時にはぜひこの方法を使ってもらえればと思います。ありがとうございました。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です