Home / Google / Android / Googleハングアウトの使い方とメリットデメリット

Googleハングアウトの使い方とメリットデメリット

Googleハングアウトのメリット

ここでは、Googleハングアウトのメリットについて紹介いたします。他のコミュニケーションツールと比較してみて、ご自分にあった特徴があればぜひGoogleハングアウトを使ってみてください。

1.チャットの同時参加人数は150人

Googleハングアウトは チャットに同時に150人まで参加することが可能 です。スマートフォンからだけでなく、パソコンやタブレットからも参加できます。そのため、大人数参加するイベントの調整や画像や動画の共有なども簡単に行えます。

また、ビデオハングアウトの場合は15人まで共有が可能です。

LINEの場合は電話番号のあるデバイスでないとアカウントを持つことはできませんが、ハングアウトは、Googleアカウントがあれば電場番号がなくてもどのデバイスからでも使えます。

2.すべて無料の種類豊富なステッカー

先ほどご紹介したステッカーの利便性のよさもGoogleハングアウトの特徴のひとつです。LINEスタンプのように新規で購入することはできませんが、最初から 100種類以上のステッカー が用意されていて自由に使えます。

海外らしいデザインのステッカーがすべて無料で使えます。アメコミ風のキャラクターが多いので、LINEスタンプに慣れている人からすると新鮮です。多くのデザインがあるので、物足りなさも感じません。また、アニメーションステッカーと言って、動くステッカーもラインナップにあります。

3.自動送信されるアニメーション

Googleハングアウトでは、テキストで特定の文言を相手に送信すると、その文言に連動したアニメーションキャラクターが自動で送信されます。LINEにはない機能で、アニメーション自体は自動で表示されて2秒程で消えますので、トーク履歴にも残りません。

「誕生日おめでとう」などコメントを送ったりすると、自動でアニメーションが表示されます。どんな文言に反応してアニメーションが表示されるかは、Googleハングアウトを実際に使うまでのお楽しみです。履歴に残らないので、いくらでも楽しめます。

4.位置情報の共有がしやすい

Googleハングアウトは 簡単に相手と位置情報が共有しやすいのもポイント です。メッセージ入力スペースの下に複数のアイコンが表示されていて、GPSマークをタップすれば、GoogleMapが開きます。GoogleMapなので、ほぼ正確ですし検索も可能です。共有したい位置を定め「この場所を選択」をタップすれば、相手に送信できます。

また、「Where are you?」と送信すれば、送られた相手側のメッセージ表示欄に「現在地を共有」というボタンが新たに表示されます。ボタンをタップすればGoogleMapがすぐに表示され、簡単に現在地の共有が可能です。わざわざテキストで場所を入力しなくても済みますし、位置情報を共有する際の過程がスムーズです。

5.音声通話ができ、Googleアカウント宛は無料

LINE同様 Googleハングアウトも音声通話が可能 です。先ほどご紹介したように、ビデオチャットもできます。LINEと同じくインターネット回線を利用して相手のGoogleアカウント宛に連絡できます。利用する際は、Androidスマートフォンであれば「ハングアウトダイヤル」という専用アプリのインストールが必要です。

iPhoneを利用している場合は「ハングアウトダイヤル」アプリがなくても使えます。Googleアカウント宛であれば無料で使えます。通話する場合は、トップ画面で電話マークの表示されているタブを選択すれば、通話相手を選べます。メッセージ画面からも通話をかけることができ、画面右上にある電話マークをタップすれば、メッセージをやり取りしている相手にそのまま電話連絡ができます。

なお、電話はGoogleアカウント宛には無料ですが 固定電話や携帯電話にかける際は有料となっています。

6.パソコンからも簡単に使える


普段Gmailなど使っている方であれば、簡単にGoogleハングアウトをパソコンから使えます。Gmailを開くと画面左下にGoogleハングアウトのアイコンが表示されますので、アイコンをクリックすればすぐにチャットを始めれます。

さらに、Gmailだけでなく、ChromeウェブストアからGoogleハングアウトアプリをダウンロードして使うこともできますし、Google+からでも使えます。パソコンからでもスマートフォン同様、素早くアクセスが可能です。

7.導入が簡単

Googleハングアウトのメリットとして 導入が簡単 という点があります。利用条件としてはGoogleアカウントを所持していることです。特にパソコン版ではブラウザにアクセスするだけで即座に使うことができます。

スマートフォンでもブラウザ版を利用することはできますが、アプリ版にしかない「位置共有機能」などがありますのでアプリをインストールすることをおすすめします。

8.やり取りが保存される

Googleハングアウトのやり取りはGoogleアカウントに紐付けられて保存 されています。意図的に履歴を削除しない限りは残り続けまので、機種変などで新しいスマホにした時でもそのまま使うことができます。

連絡先を登録し直す必要もありませんし、会話履歴もいつでも見返すことが可能です。

9.お互い遠方にいても打ち合わせができる

Googleハングアウトを会議の場として活用されている方も多くいます。一対一の打ち合わせやグループ会話による会議など。一つの場所に集まるのが難しい時でもオンライン上に会議の場を設けることができます。

Googleハングアウトではファイルのやり取りも行えますから、実際に顔を合わせなくても済んでしまうケースも少なくありません。実際、複数人が時間を作って同じ場所に集まるのは結構な手間がかかりますから、Googleハングアウトで済むなら楽ですよね。

10.グループ内でのお知らせに適している

Googleハングアウトの グループメッセージは個別に既読が付くシステム になっています。既読した人のアイコンが表示されるため、誰がメッセージを見たのかひと目で把握できるのです。

自分のメッセージがどれくらい伝わっているのか確認できるのは非常に大きいです。聞いてるのか聞いていないのか不安になってしまいますから、個別の既読機能はGoogleハングアウトの大きなメリットの一つと言えます。

11.Googleの他サービスとの連携が充実

Gmailとの連携

Googleサービスの中で特に利用者の多い「Gmail」との連携しているのも嬉しい点です。Gmailの受信トレイ画面の左下を見るとGoogleハングアウトのスペースが。Gmailの画面からでもGoogleハングアウトのやりとりができるのです。

メッセージのやり取りだけではなく、音声通話やビデオ通話もできてしまいます。わざわざ専用の画面を開かなくてもGmailの画面から使えてしまいます。

Googleドライブとの連携

「Googleドライブ」と連携すると画面共有することもできます。離れた場所にいる人と同じ画面を見ながら共同作業ができるので言葉だけでは説明しづらい時に活用したい機能となります。

Googleハングアウトのチャットや通話でコミュニケーションをとりつつ画面共有ができれば色々な作業を行うことができるでしょう。

Googleカレンダーとの連携

「Googleカレンダー」は、予定を入力しておくアプリです。スケジュール管理に使っている方も多いのではないでしょうか。

こちらと連携させると、カレンダーの予定にビデオ通話を追加することができるようになります。ビデオ通話の予定を忘れることもありませんし、起動もカレンダーから直接行えるので非常に便利なサービスとなっています。

Chromeリモートデスクトップとの連携

「Chrmoeリモートデスクトップ」は離れた場所のパソコンを遠隔操作できるサービスです。Googleハングアウトの通話を行いながらリモート操作をすることでちょっとしたトラブルを解決することも。

次ページ:Googleハングアウトのデメリット

1 2 3

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

iPhoneの人気おすすめエミュレーター

名作をiPhoneでプレイできる!おすすめエミュレータ5選

ファミコンやスーパーファミコン …

Facebookでのご購読が便利です。