Home / Android / Googleハングアウトで画面共有しながらチャットする方法

Googleハングアウトで画面共有しながらチャットする方法

Pocket

ee39337d4d140acab7c4211a61bc2514_s

さまざまな機能があり、コミュニケーションツールとしてプライベートでもビジネスでも活躍するGoogleハングアウト。ビデオチャットでは、画面共有をしながら打ち合わせなど行うこともできます。ここでは、「Googleハングアウトで画面共有しながらチャットする方法」について紹介いたします。

スポンサーリンク

1.画面共有しながらチャットする方法

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-05-17-13-14

Googleハングアウトでは、簡単に画面を共有しながらチャットすることができます。テレビ会議にも使えて資料を共有しながら話せるので、とても便利です。方法はGoogle+のビデオハングアウトを使い、GoogleDriveに保存しているファイルを共有します。Googleハングアウトで共有する場合も同様です。

  1. Google+のハングアウトでビデオ通話を開始します。
  2. 画面のツールバーに表示されるアイコンのなかから、GoogleDriveのアイコンを選択します。
  3. GoogleDriveのアイコンクリックは、相手側の画面でも選択する必要があります。共有する側、共有される側、両方でGoogleDriveを開かなければ共有することができません。
  4. GoogleDriveを開いたら、マイドキュメントのなかから、相手と共有したいファイルを選びます。
  5. 画面に「ドキュメントをビデオハングアウトの参加者と共有しますか?」と表示されますので、アクセス権を付与する対象を「閲覧者」にして「アクセス権を付与」します。

これにより、選択したファイルが相手の画面にも表示され共有することができます。ファイルを共有した相手と共同で編集できるメモを表示したい場合は、ファイルを選択するマイドキュメントの画面で、「共有のメモを作成」を選択します。

「共有のスケッチブックを作成」をクリックすれば、共有相手と共同編集できるスケッチブックを表示できます。また、画面のツールバーからチャットのアイコンを選択すれば、画面の右側にチャット画面が表示されますので、ファイルを共有しながらテキストによるチャットを行うこともできます。

1.Google+のハングアウトでビデオ通話を開始する場合

Google+のハングアウトで、ビデオハングアウトを始めたい場合は、次の方法で行います。

  1. Googleアカウントを使って、GoogleにログインをしてGoogle+を開きます。
  2. ハングアウトを開き、ビデオ通話をしたい相手を選択します。
  3. 相手を選択したあとに、表示されるチャット画面でビデオカメラのアイコンをクリックします。
  4. 相手が応答すればビデオカメラの画面が表示され、ビデオ通話を開始できます。

2.複数人で画面共有したい場合

Googleハングアウトでは複数人での画面共有も簡単にできます。画面共有したうえで、「他のユーザーを追加」アイコンを選択すると、さらに共有相手を増やすことができます。これにより、画面共有を多くの人数で行うことができます。

2.Googleハングアウトの特長

1.25人まで参加できるビデオ会議

Googleハングアウトのビデオ会議を使えば、最大25人まで同時に参加できるため、簡単に情報共有が行えます。インターネット環境さえ整っていれば遠方にいても、すぐに打ち合わせができます。

2.さまざまなデバイスで対応可能

GoogleハングアウトはGoogleアカウントさえあれば、さまざまなデバイスから利用できます。LINEなどは電話番号がないと使えないですが、Googleハングアウトは、Androidスマートフォンでも、iPhoneでも、タブレットでも、パソコンからでもすぐに使えます。

3.相手のデスクトップを操作できる

Googleハングアウトでは、簡単にファイルや画面を共有することができますが、さらに、相手の画面をリモート操作することも可能です。リモート操作できることにより、会話しながら相手の画面を操作し説明することができます。

4.Googleアカウントがないユーザーも招待できる

Googleハングアウトのビデオチャットは、Googleアカウントのないユーザーも招待することができます。これにより、アカウントを持っていないユーザーも、わざわざGoogleアカウントを作らなくても、すぐにビデオチャットに参加できます。

ビデオチャットに招待したい相手にメールやSNSなどでビデオチャットのURLを送ります。メールやSNSでURLを受け取った方は、URLにアクセスすればビデオチャットに参加できます。

5.テキスト検索

GoogleハングアウトをAndroidスマートフォンやiPhoneで利用する場合、簡単にテキスト検索ができます。Google検索なので精度も高く、スピーディにあらゆるテキストを見つけ出せます。

6.SMSやMMSとしても利用できる

Googleハングアウトのアプリは、メッセージのやり取りだけでなく、SMSやMMSの送受信にも使えます。設定から「標準のメッセージアプリ」を選択すれば、「ハングアウト」と「メッセージ」を切り替えることができます。ハングアウトのメッセージはGoogleアカウント宛に、SMSやMMSは電話番号宛にメッセージが送られます。

7.無料で通話できる

Googleハングアウトを使って、相手のGoogleアカウント宛に通話連絡をすると無料で使えます。インターネットに接続できる環境であれば、すぐに使え、4Gなどのモバイルデータ通信を使用しなくても、wi-fiネットワークでも通話連絡できますので、データ通信も使わずに連絡することも可能です。

8.100種類以上のステッカー

Googleハングアウトでは、LINEのスタンプのようなステッカーと呼ばれるものが最初から100種類以上使えるようになっています。LINEのスタンプとはまた違ったデザインで可愛いらしいキャラクターも多いです。

LINEの場合は、スタンプを買わなければいけませんが、ステッカーは100種類以上がすべて無料で使えますので、新たに買う必要もありません。さらにステッカーとは別に、テキストのワードに連動したアニメーションも表示されます。

特定のワードに合わせて連動したアニメーションが表示され、チャットをより楽しく盛り上げてくれます。連動して表示されるアニメーションは、すぐに消えますので、何回表示されても飽きずに楽しめます。

9.既読マークが付く

LINEでお馴染みの「既読」ですが、Googleハングアウトのチャットでも相手がメッセージを確認したかが、一目で分かるようになっています。ハングアウトの場合は、LINEの既読マークと同じ役割で、相手のアイコンマークが表示されます。LINE同様に読んだかどうかをすぐに確認できるので、大変便利です。

10.GoogleDriveなどに保存しているファイルが送れる

Googleハングアウトは、端末内に保存している画像や動画だけでなく、GoogleDriveなどのクラウド上に保存している画像や動画も、簡単に相手に送ることができます。これにより、クラウド内の画像を送りたい場合に、わざわざ端末に保存して送らずに済み、スピーディに相手に送信ができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回「Googleハングアウトで画面共有しながらチャットする方法」について紹介しました。Googleハングアウトでは、簡単にファイルや画面を共有しながらチャットを行えます。またメモなどの共同編集もできます。わざわざファイルなどを事前に送ったりする必要もありません。ぜひ、打ち合わせなどに使ってみてください!

Pocket

スポンサーリンク

Check Also

7b7ddfa0f6ba5ef7332f3e9cd7d2e59b_s

アプリやLINE履歴も残せる、iPhoneからiPhoneへのデータ移行方法

iPhone8やiPhone …

Facebookでのご購読が便利です