Home / ネットワーク・IT / SNS / Facebook / Facebookの公開範囲の種類と設定方法

Facebookの公開範囲の種類と設定方法

Pocket

公開範囲について大まかに紹介したところで、実際の方法について説明します。

投稿の公開設定

ここではもっとも頻繁に使うと思われる、投稿の公開範囲設定について説明します。手順は下記となります。

【投稿時の手順】

  1. 投稿ページ(いまなにしてる?など)へ行きます。
  2. 名前の下にある四角のプルダウンリストをタップします。デフォルトでは「友達」になっていますね。
  3. 「プライバシー設定」画面が開くので、設定したいものを選択します。
  4. 設定が終わったら右上の「完了」をタップします。
  5. 投稿画面に戻るので、内容を編集して投稿します。

投稿が終わったら、念のため名前の下のアイコンを見て、望み通りの設定になっているかどうか確認しておきましょう。もし違っていたら、下記手順にて修正することができます。

【修正手順】

  1. 修正したい投稿の右上にある「v」をタップします。
  2. 「プライバシー設定を編集」をタップします。
  3. プライバシー設定画面が開きますので、公開範囲を再設定します。
  4. 右上の「完了」を押すと、再設定した値が反映されます。

なお、公開範囲変更のついでに投稿内容も編集したい場合は、上記2.で「投稿を編集」をタップ→名前の下のプルダウンをタップして公開範囲を変更→投稿内容を編集→投稿 でも可能です。

「友達-次を除く」「選択した友達」の設定

上でも少し触れましたが、公開設定「友達」は、「友達-次を除く」または「選択した友達」で、さらに細かく設定することができます。その手順を紹介します。

【「友達」-次を除く】

  1. 上の【投稿時の手順】と同じようにして、「プライバシー設定」画面を開きます。
  2. 「友達-次を除く」をタップします。
  3. あなたの友達一覧が五十音順で表示されます。投稿を見せたくない友達の左にある-アイコンをタップすると表示が赤に変わり、「次を除く」欄にその友達の名前が表示されます。赤にした友達はこの投稿を見ることができません。
  4. 右上の「完了」をタップすると、設定が反映されます。

【「選択した友達」の手順】

  1. 上の【投稿時の手順】と同じようにして、「プライバシー設定」画面を開きます。
  2. 「選択した友達」をタップします。
  3. あなたの友達一覧が五十音順で表示されます。投稿を見せたくない友達の左にある○をタップすると青チェックに表示が変わり、「次を含む」欄にその友達の名前が表示されます。選択した友達のみこの投稿を見ることができます。
  4. 右上の「完了」をタップすると、設定が反映されます。

これらをうまく使うことで、投稿の公開先を友達全体から絞り込り込むことができます。ただし、投稿画面のアイコンでそうしたことはわかりますのでご留意ください。下記画像は「選択した友達」で投稿したものですが、アイコンが歯車になっていますね。

たとえば、自分の友達Aさんを「友達-次を除く」で除外して投稿したとします。それをみたBさんが(故意かどうかはさておき)、Aさんにあなたの投稿をシェアしたりすると・・・Aさんは、あなたが自分を除外して投稿していたのだな…とすぐにわかります。

「制限リスト」を使う

1 2 3 4 5

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

Facebookで間違って友達申請をした時に削除する方法

星の数ほどあるアプリの中でも、 …

Facebookでのご購読が便利です