Home / ネットワーク・IT / SNS / Facebook / Facebookの公開範囲の種類と設定方法

Facebookの公開範囲の種類と設定方法

後で詳細を説明させていただきますが、Facebookの公開範囲の中には「公開」という設定(地球のアイコン)があります。これで設定した書込みや投稿、写真などは、全Facebookユーザが、何の制限もなしに見ることができます。大げさに言えば自分の情報が世界約16億5000万人のFacebookユーザーにさらされることになります。

芸能人や公人は宣伝になるのでこれでもいいかも知れませんが、一般の方にとってはどうでしょうか?自分の情報が、こちらは全く知らない人に筒抜けな訳で、メリットよりデメリットの方が多い気がします。また、あなた自身だけでなく、友達に迷惑がおよぶ可能性もあります。

公開へのコメントは公開扱いになる

あなたが「公開」設定で何か投稿をしたとします。友達(でなくでもできますが)が、あなたのその投稿にコメントをすると、そのコメントは自動的に「公開」設定となります。公開範囲の変更はできません。中には、公衆の面前に極力さらされたくない方もいるでしょうし、Facebookを始めて間もない方だとよく知らずに普通に返信してしまうこともあり得ます。

逆に、あなたが公開の投稿に返信する場合も同じことです。誰に見られても良い内容なら構いませんが、そうではない時、あるいは自分自身をあまり晒したくない場合はよくよく考える必要があります。

公開範囲は後からでも変更できる

間違って公開で投稿してしまっても慌てることはありません。公開範囲はあとから編集して変更することができます。ただし、自分が投稿したものに限られます。つまり、誰かの投稿に対するコメントについては、たとえ自分のコメントであっても公開範囲は最初の投稿者が設定したものに固定され、変更できません。

公開範囲の詳細

「公開」について

公開範囲設定の大雑把なところで「公開」「友達」「自分のみ」の三つがあると先に述べました。まずは、もっとも慎重に扱うべきである「公開」について、Facebookのヘルプより「公開情報とは何ですか。」を抜粋してみます。

公開情報とは、誰でも閲覧できる情報です。「誰でも」とは、友達になっていない人、Facebookを利用していない人、印刷媒体や放送(テレビなど)、インターネットの他のサイトを利用する人などを意味します。

先に述べた通りで、文字通り「誰でも」見ることのできる情報です。 また、こう続いています。

たとえば、テレビ番組に対する公開コメントをリアルタイムに表示するサービスを利用すると、あなたのコメントはその番組内やFacebookの他の場所に表示されることがあります。

先ほど、「公開設定の投稿にコメントするとその投稿も公開扱いになる」とお話しましたが、まさにこれが該当します。これはテレビ番組等だけでなく、一般の公開投稿でも同じことが言えます。

強制的に「公開」となるもの

1 2 3 4 5

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

Facebookの「足跡」機能と「知り合いかも」機能を徹底解説

SNSの代表格ともいえるFac …

Facebookでのご購読が便利です。