Home / アプリ / アプリをもっと便利に!アプリ内課金する方法と3つの支払い方法

アプリをもっと便利に!アプリ内課金する方法と3つの支払い方法

Pocket

 

アプリを利用している際に「好きなゲームでアイテムを購入したい」「キャラクターをレベルアップさせたい」などを理由にアプリ内課金を考えることはありませんか?
多くのアプリでアプリ内課金があり、課金をすることで、よりアプリを楽しむことが可能です。

この記事では、iPhoneでアプリ内課金する方法や支払い方法について紹介しています。まだアプリ内課金をしたことがない方や、iPhoneを使い始めて間もない方は、ぜひ参考にご覧ください。

スポンサーリンク

アプリ内課金の設定の4つのステップ

アプリ内課金の設定をする場合は、次の4つのステップで進めていきます。支払い方法がいくつかありますので、どの方法で支払うか決めて、設定を進めていきましょう。

支払い方法を決める

まずはアプリ内課金を支払う方法を決めましょう。iPhoneの場合であれば、iTunesカードやクレジットカード、キャリア決済などによって課金を支払うことが可能です。それぞれの支払い方法にメリットがありますので、自分の最も利用しやすい方法で支払うといいでしょう。

支払い方法を設定する

アプリ内課金の支払い方法を決めた後は、設定しましょう。いずれも簡単な手順で設定することが可能です。それぞれの設定方法は後述していますので参考にしてください。

アプリ使用中に課金

支払い方法の設定が完了した後は、アプリ内でアイテムなどを購入します。

本人認証をして購入完了

アイテムなどを購入する際、本人認証があります。本人認証は、AppleIDのパスワードを入力したり、TouchIDやFaceIDでおこないます。これらの本人認証が完了したら、アイテムなどの購入・アプリ内課金が完了します。

アプリ内課金の支払い方法3選

ここでは、iPhoneのアプリ内課金の支払い方法について見ていきましょう。アプリ内課金の支払い方法は大きく3つあり、iTunesカード・クレジットカード・キャリア決済から、選択することができます。

iTunesカード

コンビニなどで購入できるiTunesカードを使ってアプリ内課金を支払うことも可能です。1,500円・3,000円・5,000円・10,000円・バリアブル(自由設定:1,500円〜50,000円)の種類が販売されています。クレジットカードやキャリア決済と違うのが、iTunesカードは前払い方式という点です。

そのため、事前に購入したiTunesカードの金額の範囲内でしかアプリ内課金を支払うことができません。「課金をしようと思ったときに残金がなく課金できない」というデメリットもありますが、「使いすぎを防げる」というメリットもあります。

iTunesカードを使ってアプリ内課金を支払う方法は下記のとおりです。

  1. コンビニや家電量販店でiTunesカードを購入する(もしくはAppStoreカード)
  2. iPhoneのホーム画面でAppStoreを開きサインイン
  3. AppStoreの1番下までスクロール
  4. 「コードを使う」をタップ
  5. 「カメラで読み取る」をタップしてカメラを起動する
  6. iTunesカードの裏面にあるコードを撮影する

これにより、AppStoreに購入したiTunesカードの金額がチャージされます。チャージが完了した後は、iTunesカードは使えませんので破棄して問題ありません。

非常に簡単にチャージ設定ができますので、クレジットカードやキャリア決済以外の方法でアプリ内課金を支払いたい場合は、iTunesカードを購入しましょう。

クレジットカード

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

オリジナルドリンクも考えられる!スタバアプリの4つの魅力的な機能

スタバアプリが便利でお得なこと …

Facebookでのご購読が便利です