Androidのアプリデータのバックアップを取得する方法

LINEで送る
Pocket

Androidスマホを使っているみなさんは、バックアップを取っていますか?もはや私たちの生活に欠かせなくなったスマホには、電話番号やメールアドレスといった連絡先はもちろん、さまざまなアプリや、画像や動画、音声、メモなどたくさんのデータが詰まっています。それらのデータは非常に重要ですが、もしスマホが壊れたり紛失したりするとすべて失ってしまいます。

そんなときでも、普段からバックアップを取っていればデータを復元することができるので安心です。バックアップや復元と聞くと難しく感じるかもしれませんが、androidスマホなら簡単にデータのバックアップや復元ができます。今回はandroidのアプリやデータのバックアップを取得する方法を解説します。

スポンサーリンク

Androidのバックアップを取得する方法

Googleアカウントでバックアップを取る

最も手軽なバックアップ方法はGoogleアカウントを利用してバックアップを取る方法です。これはAndroidの標準機能であるためバックアップのためのアプリをダウンロードしたり、別途パソコンを用意する必要がなく、スマホ単体でバックアップを取ることができます。

Googleアカウントでバックアップを取る方法

Googleアカウントでバックアップを取る方法は非常に簡単です。まずはAndroidスマホの「設定」アプリから「バックアップとリセット」をタップします。

「バックアップと復元」という項目の中にある「データのバックアップ」をタップしてオンにします。

「バックアップアカウント」をタップしてバックアップを紐づけるアカウントを選択します。

これでGoogleアカウントによるバックアップは完了です。

Googleアカウントのバックアップを復元する方法

Googleアカウントで取得したバックアップを復元するには、新しいスマホを購入した際にバックアップを取得した際に紐づけたアカウントでその端末にログインするだけでOKです。特別な操作がいらないので非常に楽ですね。

Googleアカウントによるバックアップの注意点

Googleアカウントによるバックアップはバックアップの取得・復元ともにとても簡単に行えます。ただし、この方法でバックアップできるのはGmailなどのGoogleアカウントと紐づけているアプリのデータやWi-Fiパスワード、本体の設定などだけです。

Googleアカウントと紐づけられていないアプリや、画像や写真といったデータはバックアップされません。Googleアカウントによるバックアップは手軽にできるのでぜひやっておくことをおすすめしますが、よりたくさんのデータのバックアップを取るためには他の方法も利用する必要があります。

アプリのバックアップ機能を使う

ゲームアプリの場合は、そのアプリに独自のバックアップ機能があることが多いです。そのアプリ専用のアカウントを作る、ユーザーIDとパスワードを控えておくなど、その方法はアプリによって様々です。アプリにバックアップ機能がある場合は必ずその機能を利用してバックアップを取るようにしましょう。

ただし、バックアップ機能のないアプリも多数あります。Googleアカウントと紐づけられるアプリの場合は前述のGoogleアカウントによるバックアップで問題ありませんが、そうでない場合はバックアップが取れません。

バックアップ用アプリを使う

Androidスマホでバックアップを取るには「バックアップ用アプリを使う」という方法もあります。バックアップアプリを使えばGoogleアカウントによるバックアップでは取得できないデータもバックアップできます。また、バックアップ先もクラウドやSDカードなどを指定することができます。

パソコンを利用する

パソコンが使える場合はパソコンにデータをバックアップする方法も有効です。パソコンなら容量も気にせずバックアップできますし、USBメモリなど他のストレージに移すのも容易です。

バックアップアプリ「JSバックアップ」の使い方

androidスマホで使えるバックアップアプリはたくさんありますが、その中でもとくにおすすめなのが「JSバックアップ」です。

JSバックアップは累計600万ダウンロードを誇る人気のバックアップアプリです。シンプルな操作性とデザインでとても使いやすいアプリになっています。ここではJSバックアップでバックアップを取ったり復元したりする方法を紹介します。

JSバックアップでバックアップを取る

まずはJSバックアップでバックアップを取る方法です。アプリを起動し、トップページの「バックアップ&復元」をタップします。

「バックアップする」をタップします。

バックアップ先を選択します。バックアップ先はGoogleやDropboxといったクラウドストレージやSDカードなどを選択できます。ここではGoogleを選択しました。GoogleやDropboxを選択した場合はログインページに飛ぶので、IDやパスワードを入力してログインしましょう。

バックアップ先が選択出来たらバックアップ画面に移動します。一度バックアップ先を選択すると、バックアップ&復元の画面から「バックアップする」をタップすると自動的にこの画面に移行してきます。ここで、「バックアップスタート」をタップすることでバックアップが開始します。

バックアップするデータの容量によりますが、バックアップには数十分~数時間かかることもありますので、スマホを電源に接続して行うようにしましょう。

JSバックアップのバックアップ設定

JSバックアップではバックアップに関する様々な設定ができるようになっています。設定を変更するにはバックアップ画面右上の設定ボタン(歯車マーク)をタップすることで設定画面に入ります。

設定できる項目には次のようなものがあります。

・バックアップ先
バックアップ先をクラウドとSDカードから選択できます。クラウドのバックアップ先は新しくアカウントを追加したり、すでに登録しているバックアップ先を削除したりできます。

・バックアップデータ選択
JSバックアップでバックアップできるデータは標準データ、画像データ、動画データ、音楽データ、文書データ、ジョルテデータの6つのカテゴリに分かれており、その中でさらに細かいデータに分かれており、バックアップするデータを選択できます。

カテゴリをタップすることでバックアップするかどうかを選択できます。また、「>」をタップしてそのカテゴリ内のデータごとにバックアップするかどうかを選択することもできます。

・詳細設定
詳細設定では復元用パスワード、バックアップファイル名、標準データの保存数、バックアップ後の画像圧縮の設定ができます。

復元用パスワードを設定しておくと、設定したパスワードを入力しないと復元できなくなります。不正にデータが復元されるのを防ぐことができます。バックアップファイル名はデフォルトではバックアップを取った日付がつけられます。

JSバックアップのバックアップを復元する

続いてはJSバックアップで取得したバックアップを復元する方法です。復元したいスマホにJSバックアップをインストールし、「バックアップ&復元」->「復元する」をタップします。

すると、バックアップの時と同様にバックアップ先を選択する画面になるので、バックアップする際に指定したバックアップ先を選択しましょう。選択が終わったら復元画面に移行します。

復元画面に移動したら「復元スタート」をタップします。これで復元が開始されます。復元にもある程度時間がかかるので、スマホのバッテリーには注意しましょう。

復元の設定

JSバックアップの復元についても、バックアップと同様に設定を変更することができます。設定できる項目は以下の通りです。

・バックアップ先
復元するデータのバックアップ先を選択します。こちらもクラウドおよびSDカードから選択でき、クラウドの場合はアカウントの追加や削除ができます。

・復元するファイル
バックアップを複数取っている場合は、その中からどのバックアップを復元するか選択することができます。

・復元データ選択
復元するデータも選択することができます。ただし、当然ですが選択できるのはバックアップファイルに含まれるデータのみとなります。

・詳細設定
詳細設定では復元方法、システム設定、画像の圧縮設定を変更できます。

JSバックアップでパソコンにデータをバックアップする

JSバックアップではクラウドおよびSDカードにバックアップすることができましたが、パソコン版JSバックアップを併用することで、パソコンにデータをバックアップすることもできます。

まずはパソコンのブラウザでJSバックアップのページ(http://jsbackup.net/)に行き、パソコン版JSバックアップをダウンロードします。ダウンロードしたらインストーラーをダブルクリックして起動、インストールしましょう。JSバックアップはシンプルなので、画面の指示に従うだけで簡単にインストールできます。

パソコン版のJSバックアップがインストール出来たら、スマホのJSバックアップで「バックアップ&復元」->「PCを使ったバックアップ・復元・同期」->「次へ」をタップします。

初期設定画面に移動します。ここまで移動したら次はパソコン版で操作を行います。

パソコン版JSバックアップの「スマホ/タブレットをPCに接続」をタップします。

IPアドレスを入力する画面になるので、スマホ版JSバックアップに表示されているIPアドレスを入力しましょう。なお、接続する際はパソコンとスマホが同じインターネットに接続されている必要があります。

デバイスのニックネームを登録します。登録したニックネームは変更することができないので気を付けましょう。

デバイスの接続が完了すると、画面がこのように変化します。バックアップを取る場合は「このデバイスからバックアップ」、バックアップから復元する場合は「このデバイスに復元」をクリックしましょう。スマホ版と少しユーザーインタフェースが異なりますが、操作方法はほぼ同じです。

JSバックアップでバックアップしたデータを確認する

JSバックアップではバックアップした写真や動画を確認することができます。スマホ版の場合は「JSバックアップビューア」という別アプリが必要になるので、Play storeからダウンロードしましょう。

JSバックアップビューアを起動するとバックアップした写真や動画を一覧で確認できます。

パソコン版の場合はJSバックアップのメインメニューの「バックアップデータを確認」をクリックするとデータが保存されているファイルが表示されます。

データを整理する

JSバックアップではデータの整理をすることができます。データを整理することで無駄なデータ容量が削減され、バックアップにかかる時間が短くなります。メインメニューの「データ整理」をタップするとデータ整理画面になります。

データ整理では連絡先の整理と画像の圧縮および復元ができます。連絡先の整理では重複している連絡先を削除できます。無駄な連絡先を削除できるので、バックアップ時間の軽減につながります。

画像の圧縮では、端末内の画像のデータを、スマホ上で見る際に問題が無いサイズに圧縮します。圧縮することで画像データが20~50%になります。高画質な画像は容量が大きくなり、バックアップにかかる時間も大きくなってしまうので、画質をあまり気にしないなら圧縮しましょう。圧縮した画像は復元することもできます。

まとめ

今回はandroidスマホのアプリやデータをバックアップする方法を解説しました。androidのバックアップ方法は大きく4つありましたが、基本的にはGoogleアカウントによるバックアップで、それでもバックアップできない項目はバックアップアプリを使うことになります。

バックアップ機能がついているアプリの場合はそのアプリの機能を使ってデータのバックアップを行うようにしましょう。バックアップアプリは今回はJSバックアップを使いましたが、他にもたくさんあるのでいろいろなものを使ってみると良いでしょう。

バックアップをしっかりとって、androidスマホの大事なデータを守るようにしましょう。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です