Home / ネットワーク・IT / IT基礎知識 / PC基礎知識 / 閲覧側はリロードするしかない?よく見る403エラーForbiddenの対処法

閲覧側はリロードするしかない?よく見る403エラーForbiddenの対処法

Pocket

私たちは普段、インターネット上の様々なWebサイトを閲覧しますが、見たいWebサイトにアクセスしようとしたらエラーメッセージが表示されて閲覧できなかったという事態に見舞われる可能性があります。

そんな事態に見舞われた際に、どうすれば閲覧できるようになるか疑問に思ったことはありませんか?

この記事では、Webサイトのアクセスエラーとして有名な403エラーForbiddenについて、その原因や対処法を見ていきます。

スポンサーリンク

403エラーForbiddenとは

403エラーとは

Webサイトを閲覧しようとしたら404 Not Found401 Unauthorizedといったメッセージが表示されページを閲覧できなかったという経験をお持ちの方は多いのではないでしょうか?

404 Not Foundや401 Unauthorizedといった、3桁の数字とそれに続く英語の組み合わせをHTTPステータス、そしてHTTPステータスにおける3桁の数字をHTTPステータスコードと言います。

HTTPステータスは、Webサイトにアクセスする際にWebサーバ上で行われた処理の結果を表します。特に400番台や500番台のHTTPステータスコードはエラーが生じたことを意味します。

つまり、403エラーとはWebサイトにアクセスする際に発生した、HTTPステータスコードが403番のエラーということになります。

403エラーが表示される仕組み

パソコンに慣れなかったりWebサイトに関する知識が乏しかったりすると、ページの閲覧に失敗してエラーメッセージが表示されたとき「訳の分からない数字やら英語が出てきた・・・」と混乱してしまうかもしれません。

その際エラーメッセージが表示される仕組みを知っていれば必要以上に混乱してしまうことを避けれらます。

ここでは403エラーが表示される仕組みについて詳しく見ていきましょう。

クライアントとサーバ

皆さんも普段から様々なWebサイトを閲覧しているかと思います。ここでWebサイトにアクセスする側のコンピュータクライアントといい、クライアントにWebサイトを提供する側のコンピュータサーバといいます。

ここで重要なのは私たちがインターネット上のサイトを閲覧できるのは、クライアントとWebサーバがHTTP通信を行っているからだということです。

HTTP通信とは

HTTP(Hypertext Transfer Protocol)とは、インターネット上でクライアントとWebサーバが相互に通信するための手続きや約束事を指します。ちなみに通信における約束事のことプロトコル(protocol)といい、HTTPは数あるプロトコルの中でも代表的なものとされています。

つまりHTTPという約束事に則った通信がHTTP通信であるわけですが、その流れを簡単に言えば「クライアントがWebサーバに要求し、サーバがそれに応答する」というものです。

ここで「要求」「応答」という単語が出てきましたがイメージしにくい単語なので詳細に説明します。

まず、HTTP通信における要求とはここではどういったものを指すのでしょうか。これはクライアントがリクエスト情報(閲覧しようとしているWebサイトのURLや、クライアント自身の情報)をサーバに渡すことです。

次に応答です。これはWebサーバが前述の「要求」に対してレスポンス情報(コンテンツやコンテンツの構成情報、サーバ自身の情報など)をクライアントに送ることを言います。ここではWebサイトがコンテンツに当たります。

まとめると、コンテンツであるWebサイトを見せてくれとクライアントからWebサーバに要求し、Webサーバから見せてもいいと応答が来る。こうして私たちは目当てのWebサイトを閲覧できるわけです。

「403 Forbidden」はHTTPステータス

さてここからが本題です。

先ほど説明したWebサーバからの応答ですが、応答の際にクライアントに送られるレスポンス情報には先ほど説明したHTTPステータスが含まれます。ここでエラーを意味するHTTPステータスがクライアントに送られてしまうとWebサイトが閲覧できないのです。

Webサーバが何らかの理由でクライアントにアクセスする権利を認めなかった場合にHTTPステータス「403 Forbidden」がレスポンス情報としてクライアントに送られます。

403エラーのHTTPステータスは403 Forbiddenです。Forbiddenは直訳すると「禁止された」という意味の英語です。ですので、403 Forbiddenとは特定のアクセスに対してWebサイトの閲覧を禁ずる、拒否するという意味を持つことになります。

次ページ:403エラーForbiddenの原因

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

クッキーを削除する影響とは?ブラウザ別・クッキー削除方法

パソコンやスマホをいじっている …

Facebookでのご購読が便利です