Home / Google / Youtube / 子供向けに制限をかけたい!YouTubeで視聴制限をかける方法3つ

子供向けに制限をかけたい!YouTubeで視聴制限をかける方法3つ

子供用のGoogleアカウントを作成する方法

Googleアカウント作成には年齢制限などがあります。

子供用Googleアカウントを作成するために、次の基本情報を押さえておきましょう。

Googleアカウントは13歳から

YouTubeにログインするためにはGoogleアカウントが必要です。

しかし、Googleアカウントは年齢制限があり、アメリカ:13歳以上、スペイン:14歳以上、オランダ:16歳以上、日本:13歳以上でないと作成ができません。

仮に、10歳の子供がアカウントを作ろうとしても「年齢に制限があるため作れない」というエラー表示が出てしまいます。

子供が13歳未満の場合は、次の方法で不適切動画を除外してください。

13歳未満の場合

まだ子供が13歳未満の場合は、既に説明をした「制限付きモード」もしくは「YouTube Kids」を利用しましょう。

特に、親のデバイス・ブラウザを子供が利用する場合は、制限付きモードの設定を忘れないようにしなければなりません。

どちらも、不適切な可能性のある動画を除外が可能です。

13歳以上の場合

子供が13歳以上の場合は、Googleアカウントの作成が可能なため、子供のアカウントを作成してYouTubeを利用しましょう。

この際も制限付きモードを有効にすることを忘れないようにしてください。

YouTubeのアカウント作成方法は以下のとおりです。

  1. YouTubeを開き「ログイン」をクリックします
  2. Googleアカウント入力画面が表示されますので「アカウントを作成」をクリックします
  3. 名前やメールアドレスなどGoogleアカウント情報を入力します
  4. プライバシーと利用規約を確認し、問題がなければ「同意する」をクリックします
  5. 登録メールアドレス宛にメールが届きますので、メール内のURLをクリックして登録完了です

これにより、Googleアカウントの作成が完了し、YouTubeなどのGoogleサービスをログインして利用できます。

子供用YouTubeアプリ「YouTube Kids」

YouTube Kidsアプリは、その名の通り、子供向けのYouTubeアプリです。

2017年から日本語にも対応しており、手軽に閲覧制限をかけることが可能です。

YouTube Kidsアプリ

YouTube Kidsアプリは無料で各種フィルターが利用でき、視聴時間に制限をかけることも可能です。

「子供がYouTubeばかり見るから心配」という人でも、YouTube Kidsアプリを利用すれば安心です。

YouTube Kidsアプリの登録も非常に簡単です。最初の生年月日入力画面では、子供のではなく保護者の生年月日を入力します。

その後、「お子様に適した動画」として、「未就学児向け」学齢児童向け」「すべてのお子様向け」から該当するものを選択します。

ここで選んだ年齢帯に合わせて動画が表示されるようになるため重要です。

年齢帯を選択した後は、検索機能のオン・オフの設定をして、受信したメールに記載されているコードを入力すれば登録が完了します。

視聴時間の制限を設定する手順

YouTubeは、下記の手順で視聴時間の制限を設定することができます。

  • YouTubeのアカウントを開く
  • 「視聴時間」をタップ
  • 「一定時間ごとに休憩をリマインドする」をオンにする

上記の設定をしておくことで、例えば1時間ごとなどに休憩をリマインドすることができます。

ただし、強制的に視聴制限を時間でかけることはできないため、あくまで注意喚起の範囲に止まります。

子供がYouTubeを見すぎていると感じる場合には、視聴時間が長いことのリスクを伝えて、話し合うようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、YouTubeの子供向け視聴制限についてご紹介致しました。いずれも簡単に設定できますので、子供がYouTubeを見る際は忘れずに制限をかけるようにしましょう。早速、制限をかけて視聴させてみてください。

 

1 2

Check Also

YouTubeの広告をブロックする方法

YouTubeの広告多すぎ!PC・スマホで広告をブロックする方法

パソコンやスマホでYouTub …