Home / Microsoft / Windows / WindowsLiveMailからWindows10メールアプリにデータを移行する設定方法

WindowsLiveMailからWindows10メールアプリにデータを移行する設定方法

上でデータを移行したOutlook.comのアカウントとWindows10メールアプリのアカウントの同期設定を行います。Windows10メールアプリを起動します。「アカウント」画面で、データを移行したOutlook.comのアカウントを追加します。Windowsのログイン名とOutlook.comのアカウント名が同じならそのまま「開始」ボタンをクリックします。

win76-10

Windows10メールアプリを起動すると、Outlook.comのメールアドレス画面が表示されます。左のバーにあるフォルダのアイコンをクリックすると、すべてのフォルダが表示されます。ここに、「Windows Liveメール」が追加されていることを確認します。

win76-11

追加されていない場合は、「設定」から「アカウントの管理」を選択して、Outlook.comで設定したアカウントを選択して、「メールボックスの同期設定を変更」をクリックします。

win76-12

「Outlookの同期設定」ウィンドウで「・・・ダウンロードする頻度」と「ダウンロードするメールの頻度」と「同期オプション」を適正に設定して「完了」ボタンをクリックします。

win76-13

「Outlookアカウントの設定」画面に戻ったら「保存」ボタンをクリックします。どうやらMicrosoftは、AppleやGoogleのように、ユーザーの囲い込みを狙っているようです。つまり、すべてのメールアカウントをOutlook.comに集約して、Windowsが動いているすべてのデバイスで同じOutlook.comのデータにアクセスできるようにしたがっているようです。

職場でも自宅でもWindowsパソコンでもWindowsタブレットでもWindowsスマートフォンでも同じ環境を提供することで囲い込みたいようです。Microsoftにメールのすべてをゆだねるか、今までのようにデスクトップメールアプリを使うかは悩ましいところですが、Outlook.comの設定だけは済ませておいたほうがよさそうです。

 

1 2

Check Also

パワーポイントのスライドショーの基本操作と便利な機能

パワーポイントのスライドショーの基本操作と便利な機能を解説

今回は、「パワーポイントのスラ …