Home / ネットワーク・IT / Wi-fi / Wi-fiのパスワードがわからない!Wi-fiのパスワードを忘れてしまった時の調べ方

Wi-fiのパスワードがわからない!Wi-fiのパスワードを忘れてしまった時の調べ方

Wi-fiのセキュリティの仕組み

Wi-fiのセキュリティに、「パスワード」と「暗号化」があります。少しだけこの仕組みについて学習しておきましょう。

Wi-fiで使われる暗号化

暗号化方法にもいくつか種類がありますが、Wi-fiで一般的に利用されているのは「WPA(Wi-Fi Protected Access)」と「WPA2」です。

WPA/WPA2」は、名前の通りWi-fiの認証団体であるWi-Fi Allianceが策定したネットワークセキュリティのアルゴリズムです。

「WPA」以前にはIEEEが策定した「WEP」がありましたが、すぐに脆弱性が発見されて、十分なネットワークセキュリティが確保できませんでした

「WEP」では、悪意を持って解析されるとすぐに破られてしまいます。ゲーム機「DS Lite」あたりの時代には「WEP」が使われており、今も残っていますが、悪意ある第三者にかかればセキュリティが簡単に破られてしまいますので、「WEP」は利用しないようにしましょう。

Wi-fiのパスワード(暗号化キー)

一般にWi-fiで「パスワード」と呼んでいるのはこの暗号化に使われる「暗号化キー」です。

この「暗号化キー」は1台のWi-fi親機に1つ割り当てられています。そして、その親機に接続するすべての子機が共通で使います。

そして、その親機の「暗号化キー」を知っている人は誰でもその親機に接続できるのです。

「WPA/WPA2」では「パスワード(暗号化キー)」で接続を確立した後は、頻繁に一時的な暗号化キーを設定して通信しています(TKIP:Temporal Key Integrity Protocol)。

ですから、Wi-fiのパスワードを知っていればそのWi-fi親機に接続できますが、パスワードを知っているからと言って、通信を傍受して解読できるわけではありません。

そのため、Wi-fiのパスワード(暗号化キー)は一般のパスワードに比べて、幾分大らかな管理となっています。

セキュリティ設定は必ずしよう

利用者としてできることは、使おうとしているネットワークのセキュリティが安全かどうか、確認することです。いろいろなサイトへの会員利用をする場合に、アカウントとパスワードを利用するように、ネットワークでも利用の際にパスワード設定があることは安心材料と言えます。そのほか、使用デバイスをウイルスに感染させないことも大切なことです。

・Wi-fiのセキュリティ設定はしっかりする(パスワード設定が強固な通信を使用する)
・パソコン自体のウィルス対策をしっかりとする

この2点を必ず守りましょう。

フリーWi-fi利用時の注意

街中でも増えているフリーWi-fiの中には、「パスワード設定なし」のものも見受けられます。「オープン」のネットワーク利用には危険がともないます。厳格にセキュリティ設定がなされている理由は、それだけ通信内容を読み取られてしまうことが危険だからです。

最近では、スマートフォンなどで旅行先や出張先でパスワード設定なしのWi-fi接続をされる方が多くいらっしゃると思いますが、その通信内容を悪意のある第三者に読み取られてしまうリスクは非常に高いです。まして、その通信の中でネットショッピングなどをしてクレジットカード情報を通信しているのであれば、極めて危険です。

パソコンでWi-fi利用時の注意

また、パソコンでWi-fi通信をする際にも、確かめなければならないことがあります。それは、ご自身のパソコン自体がすでにウィルス感染(およびマルウェア感染を含む)していないかどうかです。

セキュリティ保護されたWPA/WPA2による通信をしているから安心というわけではなく、すでにウィルス感染したパソコンを使用して通信をしているのであれば、通信のセキュリティ保護は全く意味がなく、大変危険な状態であるといえます。確認のためには、セキュリティソフトを購入してウィルス感染の有無に関して定期的に検査をしたうえで、日常からセキュリティソフトによる事前対策をされることをお勧めいたします。

すでにウィルス感染したパソコンで通信をした場合に最近ニュースになっているケースだと、自分のパソコンが知らぬ間に第三者のパソコンをハッキングしていたということがあります。

悪意の第三者がウィルスを自分のパソコンに忍び込ませ、自分のパソコンをハブにして他の第三者のパソコンへハッキングしていたという事例ですが、この場合にはウィルスを送り込んだ悪意の第三者を特定することは難しく、最悪、自分の責任になってしまうこともあり得ます。

無料のWi-fiスポットを利用する時の注意点

日本国内においても、コンビニ各社やカフェ、ファーストフード店、街中や交通機関とあらゆる所で、Wi-fiのフリースポットが設置されており、無料Wi-fiの接続設定をすれば簡単にインターネットにアクセスできるようになっています。

月末近くで通信容量制限を超過し、通信速度が落ちてしまっている時などは無料のWi-fiスポットに接続できると非常に助かります。上記でご紹介したように、安全性を考えると、「鍵マーク」のついた、パスワード設定が必要なWi-Fiを設置しているスポットの利用が望ましいです。

鍵マークがついている無料Wi-fiでも、不特定多数の人がアクセスすることができるため、セキュリティの観点上、重要なデータを無料Wi-fiのネットワーク上に載せることには危険性があります。そのため、クレジットカード情報やアカウントのログイン情報など、第三者に閲覧されて困る情報については、このネットワーク上では入力しないようにすることが大切です。

カフェやファーストフードショップ店などで無料Wi-fiに接続された時には、インターネットのブラウジングなどに利用を留まり、プライベートな情報を扱う時にはご家庭や職場でのWi-fiネットワーク回線などからアクセスするようにしましょう。

 

まとめ

Wi-fiは親機と子機が無線接続されており移動がある程度可能であるので便利ですが、「パスワードだけ」で管理されています。

パスワードを忘れてしまうと使えなくなることがあるので、どこかべうの、わかりやすい場所にメモを置くなどして、誰でも簡単に見られるようにしている方もいるかもしれません。しかし、悪意のある第三者にパスワードが知られてしまっては、大変な事態です。

わからなくなってしまったくらいであれば、上記のように、あらゆる方法で、パスワードを確認することができます。むやみにパスワードを公開してしまわないように、注意するようにしましょう。

 

1 2

Check Also

ドトールコーヒーで無料Wi-fiに接続する方法

最近ではどこでもネットを楽しみ …