Home / Apple / iPhone / テザリングの基本と通信量の節約効果

テザリングの基本と通信量の節約効果

テザリングによる通信量の節約効果

皆様は、テザリングという言葉を聞いたことがあるでしょうか。

スマートフォンや、タブレット端末、ポケットWi-Fiといった存在は、世間にだいぶ認知されてきました。

スマートフォンの2台使いや、スマートフォンとタブレットを両方持っている方、ポケットWi-Fiを持ち歩き通信を行っている方等、使い方は様々です。

ですが、テザリングという機能について詳しく知っていて、さらに使いこなしているという方は少ないのではないでしょうか。

そこで、ここではテザリング機能の基礎知識から各社通信料金まで、徹底解説を行って参ります。

スポンサーリンク

テザリングの基礎知識

まずは、テザリングの基礎知識についてです。

テザリングとはそもそも何なのか、月々の通信料にはどのように影響してくるのかについて、ご案内していきます。

テザリングとは

テザリングとは、特定端末の通信機能を他の端末でも利用できるようにする機能です。

月々のデータ使用量の上限の分を、テザリングを行うことで他のデバイスに分け与えることができます。

スマートフォンでテザリングを行いタブレットに接続した場合、スマートフォンとタブレット両方でデータ通信を使用するため、契約しているデータ使用量の上限にはすぐに到達することになります。

ですので、テザリングは常に行うものではなく、どうしても他のデバイスをインターネットに繋げて作業をしなければならない時など、非常時に使う機能だと認識して下さい。

テザリングの種類

テザリングには次の三つの種類があります。

  • Wi-fiテザリング
  • USBテザリング
  • Bluetoothテザリング

通信速度が最も早いのはUSBテザリングですが、一般的なのはBluetoothテザリングやWi-fiテザリングになります。

テザリングの方法

iphone_pc

テザリングを実際に行う方法についてご紹介します。

まず、キャリアと契約をしているsimカードが入っているデバイス、スマートフォンやタブレット端末を用意します。

Androidの場合は、ホーム画面上から設定を開き「接続」を選択します。

画面が移り変わり、下の方までスクロールすると「テザリング」という項目があるので、それを選択します。

すると、Wi-Fiテザリングという項目が現れるので、それをオンにします。そこでその電波を使うためのパスワードが画面上に現れます。

ここまで来たら、接続したいデバイスの設定を開き、Wi-Fiモードをオンにします。

先程テザリングをオンの状態にしたデバイスの名前が出てくるのでそれを選択し、パスワードを入力することで、テザリング通信が完了します。

iPhoneの場合も、さほど変わりはありません。

まずは設定画面を開き「モバイルデータ通信」という項目を選択します。

すると、モバイルデータ通信に関しての設定画面に移り変わりますので、上から三つ目にある「インターネット共有」という項目を選択します。

するとインターネット共有画面に移り変わりますので、一番上の「インターネット共有」を一度タップしオンにします。これで、iPhoneのテザリング設定は完了です。

後はAndroidと同じように、接続したいデバイスのWi-Fiをオンにして、テザリング設定をしたiPhoneを探します。

そのiPhoneを選択すると同じようにパスワードを求められますので、iPhone側のインターネット共有画面に表示されているパスワードを入力するだけで、iPhoneでのテザリング通信を行えるようになります。

通信料の変化は?

テザリングをすることで通信料が変わるのかについて見ていきましょう。

テザリングをする上での通信料金は各社様々です。

無料でテザリング機能を使うことができるキャリアもあれば、有料でかつ条件がついているキャリアもあります。

ただひとつ言えることは、テザリングを日常的に使用するのであれば、スマートフォン側で使えるデータ通信量が少なくなるので、データ使用量の上限を引き上げる必要が出てきます。

そのため、月々の通信料金は高くなると言って良いでしょう。

キャリア別テザリング料金

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

iPhoneの「AirPrint」でプリントするための設定方法

iPhoneの「AirPrint」でプリントするための設定方法

一昔前は写真を撮る際はデジカメ …

Facebookでのご購読が便利です。