Home / ネットワーク・IT / IT基礎知識 / 徹底比較!おすすめのレンタルスマホサービスと注意点3つ

徹底比較!おすすめのレンタルスマホサービスと注意点3つ

レンタルスマホサービスを利用する際の注意点3つ

各社色々なプランを提供しており、様々なニーズに応えている印象を受けました。

自分の使い方に合う業者やプランが見つかったら、契約する前にかならず確認しておかなければいけない 注意点が3つ あります。

いずれもお金に絡んでくる事なので一緒に見ていきましょう。

初期費用

まずは初期費用に関してです。スマホ本体のレンタル料金や月々の使用料金とは別に契約時には事務手数料がかかります

いざ契約となったときに思っていた金額より高い…といったケースも多くあるようです。

業者によって事務手数料もかなりの違いがありますのでしっかり確認しておきましょう。

初期費用に関わってくるもの

  • 事務手数料(初回のみ)
  • 保証金(初回のみ)
  • スマホ本体のレンタル料金
  • パケット料金
  • その他オプション

業者によって若干名称が変わることもありますが、概ね上記のようになります。これらの合計額を初期費用として計算する必要があります。

通話料、パケット料が含まれているか

各社様々なプラン形態を提供しており、通話料金やパケット料金を含まないプランも多数存在しています。

Wi-Fi環境下で使用する場合はパケット無しプランが安くなりますが、そうでない場合は注意が必要です。

契約しているより多く通話やパケット量を使ってしまうと、後日別途請求が来ます。

自分が契約するプラン形態はしっかりと把握して自分の使い方に合わせた選択が重要となります。

補償サービスの確認

レンタル中にスマホを破損させてしまった場合の補償サービスに関してです。ほとんどのスマホレンタル会社がオプションとして補償サービスを提供しています。

あんしん補償・安心保証プラン等、名称は様々です。

もし補償サービスを受けずにスマホを 紛失・破損 してしまった場合は 賠償請求 を受けることになります。

請求額を明示している業者はほとんどいませんので、本当にいくら請求されるか分かりません。

スマホを失くしたり壊すことはないと思っていても事故は起きてしまうこともあります。

万が一に備えて補償サービスを受けておくのも大事な選択だと思われます。契約時には補償サービスの有無と補償・料金内容を確認してみてください。

docomo携帯電話レンタルサービス

安心感を大切にしたいのであれば、日本を代表する通信事業者であるdocomoが提供している「docomo携帯電話レンタルサービス」がおすすめです。

利用には事前登録が必要になりますが、一度会員登録を完了しておけば、利用開始日の前日にレンタルした端末を届けてくれるため、安心して利用することができます。

スマートフォン以外にもガラケーやタブレット端末、衛生電話、モバイルWi-fiなどの短期レンタルを行なってるため、単発的に通信端末を使う機会が多い方は、「docomo携帯電話レンタルサービス」の利用を検討してみると良いでしょう。

まとめ

レンタルスマホサービスについてご紹介してきました。

気軽に…とまでは行きませんが、携帯会社から購入するよりは気楽にスマホを試すことができますし、また携帯会社と契約できない事情がある方にとっても心強いですね。

注意点を抑えておく必要はありますが、それさえしっかりしておけば誰でも利用できる良いサービスだと思います。

様々な業者を比較して自分に合うプランを見つければ、料金を抑えながら自分が望むレンタルスマホサービスを受けることができます。

実際の月額料金はオプションやレンタルする機種によって変動してきますので、それぞれのウェブサイトへいって見積もりをしてみてください。

それぞれのスタイルに合ったレンタルスマホサービスが見つかれば何よりです。ありがとうございました。

 

1 2

Check Also

見逃したドラマをネットで見たい!無料でドラマ視聴できるサイト12選

見逃したドラマをネットで見たい!無料でドラマ視聴できるサイト12選

ドラマを視聴する際は、テレビで …