Home / Apple / Mac / Macに外付けモニターを設定する方法

Macに外付けモニターを設定する方法

外付け側のディスプレイ設定画面で、「カラー」タブを選びます。
ディスプレイのプロファイルを調整する時は、ダイアログ右側の「補正…」ボタンを押します。
「ディスプレイキャリブレータ・アシスタント」が起動します。
「輝度」「コントラスト」、「輝度応答曲線、「ガンマ値」、「ホワイトバランス」を設定することができます。

012

「Appleディスプレイキャリブレータ・アシスタント」初期画面

013

設定する概要を確認し「続ける」ボタンを押します。

014

具体的な調整は、外付けディスプレイの設定方法に従って調整を行います。

015

アシスタント画面では、ホワイトポイント(ホワイトバランス)の設定を行うこともできます。

ディスプレイのミラーリングの設定

内蔵ディスプレイと外付けディスプレイで同じ内容を表示したい時は、「ミラーリング」を選びます

016_Mirroring

設定画面の左下にある「ディスプレイをミラーリング」にチェックを入れると、自動的にミラーリングに変更されます。

クラムシェルモード

クラムシェルモードとは、Macノートブックの内蔵ディスプレイを閉じて、外付けディスプレイやプロジェクタをつないで使う使用形態です。あらかじめ、キーボードとマウス(またはトラックパッド)を接続しておく必要はありますが、ディスプレイを閉じた状態でもMacを使うことができます。

ただし、このクラムシェルモードには使用するためのシステム条件があります。
外付けのキーボード、マウスまたはトラックパッドの接続以外に、電源アダプタが接続されていることが必要になります。さらに、Bluetoothデバイスを利用する場合は、「システム環境設定」の「Bluetooth」の詳細設定において、「Bluetoothデバイスでコンピュータのスリープ解除を可能にする」を有効にしておきます。

017

もう一つの外付けディスプレイ

Apple-TVを利用してAirPlayディスプレイを使う方法があります。
AirPlayを利用すれば、Wifi接続でApple-TVを接続したTVディスプレイへ出力することができます。
設定方法は、画面下の「AirDisplay」で、Apple TVの設定名称を選択します。

011

Macのおすすめ外付けモニターサイズ

Macの外付けモニターには様々なサイズのものがあります。

24インチ、27インチ、32インチと様々ですので、利用用途に合わせて選択すると良いでしょう。

横長の34~35インチのモニターであれば、デュアルディスプレイにしなくても複数画面を並べることができるのでおすすめです。

仕事用のモニターを探している方はぜひ検討してみてください。

まとめ

このように、外付けディスプレイは作業効率向上のためのツール、プレゼンテーションのためのツールとして、さまざまなシチュエーションでMacを多彩に利用していくことができます。いざという時戸惑わないよう、それぞれの設定を一度試してみておいてください。

1 2 3

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

自分のMacがウイルスに感染していないかすぐに調べられるウイルスチェック方法

自分のMacがウイルスに感染していないかすぐに調べられるウイルスチェック方法

最近は、Macはウイルスに強い …

Facebookでのご購読が便利です。