Home / Apple / Mac / Windows用のキーボードをMacでも円滑に使用する方法

Windows用のキーボードをMacでも円滑に使用する方法

MacでWindowsのキーボードを使う方法

Macを使うメリットの一つに、macOSの上でWindowsを動かすことができるという点があります。

Pallarels DesktopVMware Fusionという仮想化ソフトを使うことにより、macOSを使いながらWindowsが利用できるということです。

ただし、MacとWindowsの大きな違いの一つにキーボードが異なるということがあります。

本稿では、Mac上でWindowsを使いたい人、あるいは、WindowsからMacに切り替えたいのだけれど、慣れるまでの間Windowsキーボードが使えないだろうかと思われている方向けに、MacでWindowsキーボードを使う方法を紹介します。

スポンサーリンク

MacでWindowsのキーボードを利用するシーン

Macを利用する場合には、基本的にはMacのキーボードを利用するのがおすすめです。

なかなか、キーボードだけWindows用のものを利用する人も少ないでしょう。

しかし、圧倒的なシェアを誇るWindowsでしか動かないソフトも多く、Mac上で仮想的にWindowsを動かすための「BootCamp」や「Pararell」を使う人もいると思います。

この場合は、Macのキーボードでありながら、Windowsキーボードの機能として利用する必要があるため、カスタマイズの方法を理解しておくことが必要になります。

仮想化ソフトは、MacとWindowsの二つのOSを簡単な操作で切り替えることができますが、物理的なキーボードのカスタマイズは自分で行う必要がありますので覚えておきましょう。

Windows/Mac両用のキーボードを利用するのも一つの手

キーボードは基本的にWindows向けに作られており、MacはApple社の純正キーボードが用いられることがほとんどです。

しかし、頻繁にWindowsとMacを仮想化ソフトで切り替える場合には、どちらか片方にしか対応していないキーボードを利用していると、不便さを感じてしまう場合があります。

東プレが出している「REALFORCE for Mac」では、普段はMac用のキーボードとして働きながらも、切り替えボタンを一つタップするだけで、Windows用のキーボードとして機能する様になります。

ボタンもMacを利用している時はMac仕様で、Windowsの時はWindows仕様で動くため、自分で難しいカスタマイズをする必要がありません。

高価格帯のキーボードにはなりますが、MacとWindowsを頻繁に切り替える利用方法をされている方は、ぜひ一度試してみてください。

Windowsキーボードの接続と設定

Windowsキーボードには、現在ではレガシーとなっているPS2キーボード、USBケーブル接続のもの、USB端子を使ったワイヤレスキーボード、Broutooth接続のキーボードがありますが、Macに接続するのであればUSBケーブルタイプのものが良いでしょう。

USB端子を使ったワイヤレスキーボードで「Windows用」となっていてもDongleという無線受信部をMacのUSBポートに装着すれば、キーボードとして認識されることもあります。

お持ちの方は試してみる価値はあります。

次に説明する「キーボード設定アシスタント」が起動すれば利用することができます。

Windowsキーボードの設定

Macに未使用のUSBキーボードをセットすると「キーボード設定アシスタント」は自動的に起動します。

二度目以降の接続の場合や、「キーボード設定アシスタント」が自動的に起動しない場合は、システム環境設定の「キーボード」を開くと「キーボードの種類を変更…」ボタンが表示されています。

ボタンをクリックすると「キーボード設定アシスタント」が起動します。(キーボードが認識されない場合は、この「キーボードの種類を変更…」ボタンは表示されません)

001_assistant

「キーボード設定アシスタント」で行うこと

画面のメッセージに従って設定を行なっていきます。

最初に左shiftキーの右隣のキーを押し、続けて右shiftキーの左隣のキーを押すよう指示されますので、画面の指示に従ってください。

002_assistant

これでWindowsキーボードが認識されます。

もし、利用するキーボードタイプが誤って認識されている場合は、画面下のラジオボタンで正しいキーボードを指定します。

通常の日本語入力を行うキーボードでは「JISキーボード」を利用するので、以下のような表示になります。

キーボード配列が101、102キーボード(「:(コロン)」、「;(セミコロン)」等の記号キーの位置がJISキーボードと異なります)の場合は、二番目の「ANSIキーボード」を選びましょう。

003_assistant

VMware FusionでWindowsを動かした場合の使い方

Windowsキーボードは、ほぼそのまま利用が可能です。

MacでWindfowsを利用されている方では、外付けディスプレイでVMwareFusionのWindowsを動かし、内蔵ディスプレイでmacOSを動かすこともあります。

このような場合、USBポートにWindowsキーボードを差し込んでおき、Windowsを操作する場合はWindowsキーボード、Macを操作する時はMac標準キーボードを使うことも可能です。

特殊キーの設定

1 2 3

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

MacでDVDを再生できない時の対処法

MacでDVDを再生できない時の対処法

Macは標準でDVDの再生に対 …

Facebookでのご購読が便利です。