Home / Apple / iPhone / 【iPhone】文字サイズを変更する方法とフォント変更アプリ5選

【iPhone】文字サイズを変更する方法とフォント変更アプリ5選

独自に文字サイズ変更機能を備えたアプリケーション2選

iPhoneのすべてのアプリケーションのすべてのテキストがDynamic Typeに対応しているわけではありません。

Dynamic Type非対応アプリケーションの場合、独自に機能を持っていない限り文字サイズを変更できません。

そのため、Dynamic Typeに対応していないアプリケーションで文字サイズを変更したいときは、そのアプリケーションの設定項目から変更する必要があります。

ここでは、独自に文字サイズを変更できるアプリケーションをご紹介します。

Safari

Safariは、ブックマークのリスト等のユーザインターフェイス部分はDynamic Typeに対応していますが、ウェブページ自体の表示はDynamic Typeの影響を受けません。

Safariで表示しているページの文字を大きくしたい場合は、ダブルタップやピンチ操作でページ全体を拡大します。

しかしながら、「リーダー表示」機能でページを表示している場合は、文字サイズの変更が行えます。

リーダー表示はページのヘッダやナビゲーションなど、本文を読むのに邪魔になる要素を排除し、メイン部分のみを読みやすくしてくれる機能です。

Safariでリーダー表示を行い文字サイズを変更するには、以下の手順にしたがって操作してください。

1. リーダー表示に対応しているページではアドレスバーの左側にボタンが表示されています。リーダー表示切り替えのボタンをタップしてください。

09-safari-turn-on-reader-view

2. アドレスバー右側の「A」ボタンをタップし、テキストサイズ変更ボタンをタップしてください。

10-safari-change-text-size

Twitterの変更方法

公式TwitterアプリケーションはDynamic Typeに対応していますが、その上でさらに独自に文字サイズを変更する機能を備えています。

Twitterアプリケーションで文字サイズを変更するには、以下の手順にしたがって操作してください。

1. タブバーから「アカウント」をタップし、アイコン画像右の歯車をタップしてください。

11-twitter-tap-gear

2. 「設定」をタップしてください。

12-twitter-tap-settings

3. 「基本設定」から「文字サイズ」をタップしてください。

13-twitter-tap-text-size

4. スライダを操作して文字サイズを調整してください。

14-twitter-change-text-size

おすすめフォント変更アプリ5選

iPhoneでの文字サイズの変更方法をご紹介しましたが、実はフォント自体を変えることが可能です。しかし、この機能はiPhone自体には備わっていません。

そのため、専用のアプリケーションを利用することが必要となります。

そこでここでは、おすすめのフォント変更アプリをご紹介します。

1. AnyFont

「AnyFont」は、「.ttf」と「.otf」、そして「ttc」の3種類のフォントファイルのダウンロードを可能にするアプリです。

現在では多くのフォントが「AnyFont」に対応しているため、このアプリを一つダウンロードするだけで多くのフォントを使用することができるようになります。

また、現在ではiOS版のWord、Excel、そしてPowerPointとも互換性があり、より多くのアプリで利用できるようになりました。

ただ、こちらのアプリは有料となっており、インストールするには240円かかってしまいます。そのため、利用する際には注意しましょう。

インストールはこちら:

https://itunes.apple.com/jp/app/anyfont/id821560738?mt=8

2. BytaFont Pro – Font Keyboard Free ™

「BytaFont Pro – Font Keyboard Free ™」はSNSでメッセージを送る際のフォントを変更することができるアプリです。さらに、このアプリは無料で利用することができる点が魅力です。

ただし、アプリ内の使用言語は英語であるため注意しましょう。

また、似たアプリに「BytaFont – New Font, New Style」がありますが、こちらは有料となっており、インストールの際に240円必要となってしまいます。

インストールは十分に注意して行いましょう。

インストールはこちら:

https://itunes.apple.com/jp/app/bytafont-pro-font-keyboard-free/id1107399027?mt=8

3. もじぺったん

「もじぺったん」は入力した文字を異なるフォントに変更してくれるアプリです。アプリ内でフォント変更が施された文字はコピーとペーストを活用することで利用できます。

変更できる文字としては、以下のものが挙げられます。

  • 逆さ文字
  • 囲み文字
  • 取り消し線
  • もくもく文字
  • 半角カタカナ
  • ギャル文字
  • ヤンキー文字
  • へた字

使用方法も簡単で、初めての方でも安心して利用することができます。また、無料のアプリのため気軽にインストールできる点も魅力的です。

SNSやメッセージを送る際におしゃれな文字を使い方は一度試してみてはいかがでしょうか。

インストールはこちら:

https://itunes.apple.com/jp/app/moji-pettan/id554458145?mt=8

4. Awesome Fonts – 40 fonts for Whatsapp, Viber, Instagram & More

「Awesome Fonts – 40 fonts for Whatsapp, Vober, Instagram & More」はSNSアプリ用に作られたフォント変更アプリです。

こちらのアプリは無料ですが、200円程度課金することでアプリをアップグレードすることができます。

インストールはこちら:

https://itunes.apple.com/us/app/awesome-fonts-40-fonts-for-whatsapp-viber-instagram-more/id671694590?mt=8

5. 文字の手帳01

「文字の手帳01」はフォントを実際に変更することができるアプリはありませんが、フォントの一覧を確認することができる無料のアプリです。

こちらのアプリには以下の3つの機能があります。

  1. 「書体見本帳」では、書体の見本を確認することができます。
  2. 「Morisawa Font Dictionary」では、フォントに関する用語を調べることができます。
  3. 「文字あわせ」では、書体のカードを用いた神経衰弱のゲームを楽しむことができます。

こちらのアプリは上記の4つのアプリを利用する際に役立てることができるアプリとなっています。フォント変更アプリをインストールする際は「文字の手帳01」も共にインストールしてみてはいかがでしょうか。

インストールはこちら:

https://itunes.apple.com/jp/app/moji-no-techo-01/id396832421?mt=8

6.FontInstall.app 日本語フォントインストール

「FontInstall.app 日本語フォントインストール」は可愛いフォントを無料で利用することのできるアプリです。

iOS13以降のカスタムフォントに対応しているアプリのフォントを変更することができ、Macユーザーお馴染みのPagesやKeynoteでオリジナルの可愛いフォントを楽しむことができます。

利用できるフォントが増えることで、表現が多彩になり、文書やプレゼン資料の見栄えがとても良くなります。

Macユーザーの方は、ぜひ一度「FontInstall.app 日本語フォントインストール」のフォントをチェックしてみてください。

FontInstall.appをインストール

7.Font Diner

「Font Diner」は、カスタムフォントが発表して以降の、フォントアプリの先駆け的存在です。

インストールと管理は「Fontinstall.app」と同様の方法でとても楽にできます。

一方で、Font Dinerが対応しているフォントは英語のみとなっておりますので、日本語フォントを探している方には向いていません。

英字で利用できるフォントを増やしたい方は「Font Diner」がおすすめです。

Font Dinerをインストール

まとめ

いかがでしたか?

Dynamic Type機能とアプリケーション独自の文字サイズ変更方法、そしておすすめのフォント変更アプリをご紹介しました。

iPhoneで文字サイズやフォントを変更したいときはぜひ参考にしてみてください。

1 2

Check Also

iPhoneで電話中に会話を録音する方法

iPhoneで電話中に会話を録音する方法

今回は、iPhoneで電話中に …