Home / Apple / iPhone / iPhoneで再生できる動画の動画形式とファイル形式の変更方法

iPhoneで再生できる動画の動画形式とファイル形式の変更方法

iPhoneで再生できる動画の動画形式とファイル形式の変更方法

iPhoneはさまざまな形式の動画に対応していて、再生に困ることはほとんどありません。YouTubeなどの動画サイトの動画は、Clipboxなどのアプリを使ってiPhone内にダウンロードして視聴することができますが、中には特殊な形式のファイルがあり、そのままでは見れないこともあります。ニコニコ動画はその代表例です。

ここでは、iPhoneで再生できる動画の形式と、見れない場合のファイル形式変換方法についてご紹介します。形式の変換とはいっても、iPhoneではWindowsのような拡張子が表示されませんので、ニコニコ動画のファイルをiPhone写真アプリ内の「カメラロール」に保存し、そこから再生できるようにすることを目的とします。

スポンサーリンク

iPhoneで再生できる動画形式

動画には様々な形式があり、拡張子(Wordファイルの.docやdocx、Excelの.xlsや.xlsxといった、関連アプリを決めるもの)で種類を判別できます。
iPhone上ではファイルの拡張子が表示されないため、あまり馴染みがないかもしれませんが、実は動画毎に決まった形式で保存されています。主なものをご紹介します。

.mp4および.m4v

両者は厳密には異なりますがとてもよく似ていて、同じと考えてもほとんど問題となりません。
mp4形式の動画には、おもに下記のものがあります。

  • iPhone
  • Android
  • YouTube(mp4以外もあり)
  • WALKMAN
  • PlayStation3やWii、NintendoDSiといった一部のゲーム機
  • Windows Media Player 12以降

他でも多数採用されていて適用範囲はかなり広く、実質的なスタンダードといってよい形式です。
m4vはmp4を元にAppleが独自に作った拡張子です。コーデックと呼ばれる、再生方式が異なるのみで、実質はmp4と同じです。Appleが他に策定しているものとしてはmp4a、mp4s、m4rなどがあります。それぞれ用途に応じて使い分けられているようですが、ユーザーが意識することはほとんどないと言えます。

.3gp

3gpは3GPPとよばれる方式で記録されたファイル形式です。もともと、携帯電話用に開発されたものであり、ガラケーによく使われています。
内容的にはmp4とよく似ており、一定の条件を満たしていれば、mp4が再生できる機器での再生が可能となっています。つまり、iPhoneでの再生化は可能です。
なお、パソコン上ではApple社の”Quick Time”を使えば再生できます

.mov

movとは、Apple社の動画アプリである”Quick Time”で使われているファイル形式です。Apple社のものだけあって、iPhoneでも再生可能です。

iPhoneで再生できるのは

上述の通りで、iPhoneは主な動画形式をサポートしているため、一部の例外を除けばたいていの動画を再生することができます。

iOS11からiPhoneの画像/動画形式が変更

iPhoneでは、iOS11からiPhoneで撮影した画像と動画のフォーマット形式が変更となっています

画像は従来「JPEG」を利用していましたが、iOS11からは「HEIF」に変更されています。

また、動画は従来「H.264」形式でしたが、現在は「HEVC(H.265)」となっています。

新しい動画形式のメリットと注意点

新しい動画形式がiPhoneに採用されたことによって、従来よりも軽いデータ量で同じ品質の画像・動画を保持することができるようになりました。

クラウドサービスなどを活用していても、頻繁に画像や動画を撮影される方にとっては、データ保存量は悩みのタネの一つであることには間違いありません。

一方で、新しいフォーマット形式を採用しているため、iPhoneから別の端末などで動画や写真を移動させた時、その端末がフォーマットに対応していない場合がありますので注意しましょう。

iPhoneで撮影した動画形式を旧フォーマットに変更する方法

もしも、旧フォーマットに動画形式を戻したいとお考えの場合には、下記の手順で対応することができます。

  • iPhoneの「設定」アプリの「カメラ」を開く
  • 「フォーマット」をタップ
  • 「互換性優先」をタップ

ファイル形式の変更方法

ニコニコ動画のファイルをカメラロールに保存するにはひと手間必要

「ニコニコ動画」のファイル形式は.FLVと呼ばれるもので、ニコニコ動画のサイトやアプリからは再生できますが、ダウンロードしても即再生とはいきません。
YouTube動画をダウンロード・再生できる”Clipbox”というアプリでダウンロードした結果ですが、ご覧の通りです。
実を言うと、出てきたメニューから「動画プレイヤー」を選択すればClipbox上で再生可能なのですが、毎回タップするのも面倒です。

nikoniko1

また、YouTube動画であればカメラロール(iPhoneの写真アプリ内)にコピーできるのですが、ニコニコ動画のファイルはご覧の通りで、「カメラロール」が選べません。
つまり、このままのファイル形式ではiPhoneそのものでは認識できないということです。

nikoniko2

アプリ「データクリップ」を使えば可能

データクリップ」というアプリを使用すると、ニコニコ動画からダウンロードした動画をiPhoneのカメラロールに保存可能できます。

icon
ダウンロードはこちら:

広告が多くて若干煩わしいですが便利なアプリです(料金を払って広告を非表示にすることも可能です)。
では、このアプリを使ってニコニコ動画の動画をカメラロールに保存してみましょう。
予め、AppStoreからインストールしておいてください。

「データクリップ」でニコニコ動画をダウンロードする

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

自分でiPhoneを分解・修理するには

意外と簡単?自分でiPhoneを分解・修理するには

iPhoneのフロントパネルが …

Facebookでのご購読が便利です。