Home / Apple / iPhone / iPhoneのキャッシュを削除する方法

iPhoneのキャッシュを削除する方法

iPhoneのキャッシュを削除する方法

iPhoneには様々なデータが日々蓄積されていきます。音楽や動画、写真などがその主なものですが、「キャッシュ」というデータも本体ストレージに日々蓄積されていきます。

あるデータにアクセスした時に、それを本来の保存場所よりも高速にアクセスできる場所へ一時的に蓄積しておきます。後から再度そのデータへのアクセス要求があった場合、本来の保存場所からではなく、高速アクセス可能な一時保管場所から取ってくることで、処理速度を速くするという技術が存在します。その技術や高速アクセス可能な一時保管場所、あるいはそこに蓄積されたデータ自体をキャッシュと呼びます

キャッシュという技術自体は処理の高速化や通信料の削減に役立ちますが、それらが蓄積されていくことでiPhone本体のストレージ容量を大きく消費していくことになります。

本稿ではiPhoneのキャッシュを削除する方法を紹介します。

スポンサーリンク

iPhoneのキャッシュに関する基本情報

iPhoneのキャッシュとは?

iPhoneのアプリを利用する場合、「キャッシュ」というものが自動的に端末にダウンロードされる場合があります。

キャッシュとは、アプリやWebの利用に必要な情報を一時的に保存しておく情報のことです。

アプリやWebにアクセスする際、毎回サーバーと通信してデータをダウンロードしてくると、動作に時間がかかり、また通信量も多くかかっています。

利用頻度の高い情報をキャッシュとして端末に保存しておくことで、通信をすることなく必要な情報を利用できるようになります。

そのため、アプリやWebサービスを利用すると、そのサービスの利用に毎回必要な情報が端末にダウンロードされてくるのです。

キャッシュがiPhoneの容量を圧迫する場合もある

本来、キャッシュの情報はそこまで重くはありません。

しかし、利用するアプリやサービスの数が多かったり、キャッシュの量が非常に大きいアプリなどを使う場合には、気付かぬ内に大量のキャッシュが端末内に保管されていき、iPhoneの端末容量を逼迫してしまう場合があります。

そこまでiPhone内にデータを保存している覚えがないにも関わらず、端末容量が残り僅かとなってしまっている場合には、一度キャッシュ情報が大量に保管されていないかを確かめてください

記憶容量が少なくなると動作が重くなる原因になる

また、iPhone端末の記憶容量の残りが少なくなってしまうと、端末の動作自体が遅くなってしまうケースがあります。

iPhoneがヌルヌルと動作しなくなってしまったという場合には、端末に十分な空き容量があるかを確かめるようにしてください。

もしもキャッシュではなく、写真や動画で記憶容量が逼迫している場合には、クラウドサービスなどを利用して、端末内の記憶容量はある程度空けておくことをおすすめします。

Safariのキャッシュを削除する

履歴とWebサイトデータを消去する

Safariはウェブページにアクセスするたびに様々なデータをキャッシュします。

Safariのキャッシュは「履歴とWebサイトデータ」として管理されています。履歴とWebサイトデータを消去するには、以下の手順にしたがったください。

1. 「設定」アプリケーションを起動してください。
2. 「Safari」をタップしてください。

01-system-preferences-select-safari

3. 「履歴とWebサイトデータを消去」をタップしてください。

02-safari-preferences-delete-caches

4. 「履歴とデータを消去」をタップしてください。

03-safari-preferences-delete-caches-alert

リーディングリストのキャッシュを消去する

Safariが管理するキャッシュは他にもあります。リーディングリスト機能が使用するオフラインキャッシュです。リーディングリストのオフラインキャッシュはウェブページをローカルに保存し、通信ができない時にもページを閲覧できるというメリットがあります。しかし、読み終わったページのオフラインキャッシュが溜まり続けてしまうというデメリットもあります。

リーディングリストのキャッシュを消去するには、以下の手順にしたがってください。

1. 「設定」アプリケーションを起動してください。
2. 「一般」をタップしてください。

04-system-preferences-select-general

3. 「ストレージとiCloudの使用状況」をタップしてください。

05-general-preferences-select-storage-usage

4. 「ストレージの管理」をタップしてください。

06-storage-preferences-select-manage-storage

5. 「Safari」をタップしてください。

07-storage-preferences-select-safari

6. ツールバーから「編集」をタップしてください。

08-safari-storage-tap-edit7. 「リーディングリスト」に「-」ボタンが表示されるのでタップしてください。

09-safari-storage-tap-minus

8. 「削除」ボタンが表示されるのでタップしてください。

10-safari-storage-tap-delete

他のアプリケーションのキャッシュを削除する

アプリケーションのストレージ使用量を確認するには、以下の手順にしたがってください。

1. 「設定」アプリケーションを起動してください。
2. 「一般」をタップしてください。
3. 「ストレージとiCloudの使用状況」をタップしてください。
4. 「ストレージの管理」をタップしてください。
5. 使用済みの容量と、使用可能な残り容量、アプリケーションの一覧が表示されます。ここでは「Twitter」アプリケーションに注目してください。Twitterのストレージ使用量は「175MB」となっています。「Twitter」をタップしてください。

11-storage-preferences-select-twitter

6. ストレージ使用量の詳細情報が表示されます。ここでは、Twitterアプリケーション自体の容量は91.4MBですが、それ以外に「書類とデータ」として84.3MB使用されています。

12-twitter-storage-detail

「書類とデータ」には、そのアプリケーションが管理しているデータ量が表示されます。

たとえば、何らかのファイルを作成、編集するアプリケーションであれば、そのファイルの容量です。ゲームであれば進行状況のセーブデータやスコア等がここに該当するでしょう。

Twitterアプリケーションであれば、ユーザが能動的に保存・管理するようなデータは存在せず、そのすべてがキャッシュと考えられます。したがって、Twitterのようなアプリケーションならば一度削除してインストールし直すことで、このキャッシュを削除できるというわけです。

ストレージ使用量の詳細情報画面からアプリケーションを削除するには、以下の手順にしたがってください。

1. ストレージ使用量の詳細画面で「Appを削除」をタップしてください。

13-twitter-storage-tap-remove-app

2. アラートが表示されるので「Appを削除」をタップしてください。

14-twitter-storage-remove-app-alert

アプリケーションを削除することで、そのアプリケーションが管理しているファイルもすべて削除される可能性があります。何らかのローカルファイルを扱うアプリケーションやゲームなどを削除すると、それまでのデータが失われてしまうことに注意してください。

また、アプリケーションによっては、一機能としてキャッシュを削除できるものも存在します。使用しているアプリケーションのマニュアルやヘルプ情報、設定画面等を確認してみてください。

まとめ

いかがでしたか?

本稿ではiPhoneのキャッシュを削除する方法を紹介しました。iPhoneのストレージ使用量が少なくなってきたときは、本稿を参考にキャッシュを削除してみてください。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

iPhone内の写真を整理する4つの方法

スマホの空き容量を増やそう!iPhoneの写真を整理する3つの方法

毎日のようにスマホで写真を撮っ …

Facebookでのご購読が便利です。