Home / ネットワーク・IT / SNS / instagram / インスタグラムでリツイートする方法

インスタグラムでリツイートする方法

リポストすることで、例えばTwitterであればリツイートすると自分の投稿に合わせて自分の投稿一覧に表示していくことが、インスタグラムで出来ます。あなたのインスタグラムアカウントのプロフィールを見るだけで、どんな投稿をしているのか、どんなリポストをしているのかが一目瞭然となります。

企業やショップでの活用事例

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/N934_bu-tuokiba_TP_V.jpg
リポストすることによって、企業やショップでより効率的に活用することが出来ます。インスタグラムというSNSサービスは、既にマーケティング活動の一つとして、広告を打ち出している企業やショップはたくさんあります。そこにさらにリポストを加えるとどうなるのか。

例えば自分の企業やショップをエゴサーチしてみると、色々な投稿が出てきます。そこで、自分の企業やショップの商品を使った感想やプラスイメージにつながる投稿があれば、それをリポストしてみましょう。すると、あなたの企業やショップの投稿の一つとして商品やサービスをさらにアピールすることが出来るようになります。

つまり、SNSマーケティングが加速し、より良いアピールに繋がるのです。まだ導入していない企業やショップ様は、使ってみましょう。

趣味をもっと濃厚に、そして円滑に

wordpress-973439_960_720
インスタグラムのアカウントを持っていた場合、大抵の場合、趣味に関するアカウントをフォローしているハズです。

フォローしているアカウントで特に気になる投稿があった時、あなたがリポストすることでより多くの人に、あなたが気に入った投稿をシェアしていくことが出来ます。これにより、その趣味についてコメントが付き、趣味についての会話が出来たり、コミュニケーションを取ることでその趣味の和を広めることが出来ます。それも、圧倒的なスピードで、です。

すると、今までにも増して、さらにその趣味に没頭でき、色々なアイデアを写真というメディアでわかりやすく共有し、没頭し楽しむことが可能になります。
まだ使っていなかったという方は、是非お使いになって見て下さい。

Repostのメリット/デメリット

何をするにもメリットとデメリットがあるものです。では、このリポストすることでどういったメリットやデメリットが考えられるかについて、ご案内していきます。

メリット

まずメリットは、先の活用事例でもご案内したように、趣味をより楽しむことが出来たり、ショップ運営のSNSマーケティングの可能性が広まったりと、様々です。個人で使う場合であれば、趣味をより深くそして広く楽しむことが出来ます。

また、例えば古着屋さんやアパレルショップでインスタグラムアカウントを運営している場合、ショップや商品の魅力をより多くの人に知ってもらうことができ、リポストされているという事実が重なると、信用にも繋がるため、より一層ショップや商品の信頼度が高まります。

デメリット

次にリポストを使う上でのデメリットについてです。これといって、デメリットというデメリットはないのですが、あえて言うならば、サードパーティアプリならではの広告表示です。リポストをするアプリでは、アプリ内で広告が多く表示されます。この広告をタップすると、当然そのページに移るので、アプリを使う上で不便に感じる方もいるかと思います。

また、Twitterのリツイートでも誤爆と呼ばれるようなアクシデントは多数見受けられます。リポストすることでも、当然誤爆の危険性はあるので、自分が使っているインスタグラムのアカウントはどれか、リポストする投稿とアカウントはマッチしているかを確認するという手間は出て参ります。

しかし、これらについてはリポストだけではなく、スマホを使っていれば気を付けるべき点ですので、これまで通り、注意を払ってリポストを使っていきましょう。

Repostアプリを使わずにリツイートする方法


ここまでRepostアプリを使ったリツイート方法をご紹介してきました。魅力的な投稿を拡散することができる魅力的なものでしたね。

実はRepostアプリを使わずとも、instagramアプリ内の機能だけでRepost(リツイート)する方法もあります。早速手順を見ていきましょう。

「投稿としてシェア」でRepostする

instagramでRepostするにはいくつかの手順を踏む必要があります。流れとしては「Repostしたい投稿を見つける」→「自分のストーリーズに追加する」→「投稿としてシェア」という感じになります。

他人の投稿をそのまま拡散するというよりは、一度自分で投稿することになります。詳細を見ていきましょう。

Repostしたい投稿を見つける

まずRepostする投稿ですね。魅力的な画像だったり動画を載せている投稿を見つけましょう。Repostしたい画像や動画が見つかったらサムネイルをタップして投稿画面を開きましょう。

自分のストーリーズに追加する

投稿画面を開いたら、次は自分のストーリーズに追加しましょう。

自分のストーリーズに追加する

  1. 画面下部の 紙飛行機アイコン をタップ
  2. ストーリーズに投稿を追加 をタップ
  3. +ストーリーズボタン をタップ

以上の手順でストーリーズへの追加が完了しました。追加する段階で元の画像を編集することもできます。しかし今回はRepostが目的です。元の投稿をそのままシェアすることに意義がありますから、加工だったりトリミングのような画像編集は行わないようにしましょう。

どうしても編集作業を行いたい場合は、元の投稿者に連絡をとって許可を得てからにしましょう。

投稿としてシェア

最後はストーリーズに追加した投稿をシェアします。まずは先程追加したストーリーズ投稿を表示しましょう。

投稿としてシェア

  1. 画面右下の もっと見る をタップ
  2. 投稿としてシェア をタップ

投稿画面へと移行します。ここでも編集を行うことができますが、元の投稿者の許可なく編集することはやめましょう

そしてキャプションには自分のコメントを書くことができます。この部分には「元の投稿の情報」「本投稿はRepostであることの明記」「元の投稿者に対する感謝の意」を示すようにしましょう。

また、元の投稿者のアカウントをタグ付けすると、投稿を見た人が元の投稿者のページに簡単に飛べるので便利です。

二重投稿が気になるならストーリーズは削除する

ここまでの手順でRepost投稿は完了しました。自分のタイムラインに表示されて、より多くの人に見てもらう機会を作ることに成功しました。

ここで終わっても良いのですが、現状のままだとタイムラインとストーリーズで同じ投稿が重複している状態になっています。ストーリーズは24時間経過で自動消滅しますので放置しておいても問題はないですが、二重投稿が気になる人はストーリーズを削除してしまいましょう。

ストーリーズ投稿を削除する

  1. 投稿したストーリーズ画面を開く
  2. 右下の もっと見る をタップ
  3. 削除 をタップ

これでストーリーズの削除が完了し、Repost投稿がタイムラインに残る形になりました。リツイート完了です!

Repostする上で注意したいこと


Repostは使いこなすと非常に便利なのですが、利用する上で気をつけたいポイントがいくつかあります。

Repostは他人の投稿を拡散する行為なのでマナーに気をつけたいところです。順番に見ていきましょう。

元の投稿者に感謝の気持ちを

Repostは他人の投稿を拡散する行為です。かならず元の投稿者に対してお礼を伝えるようにしましょう。コメント欄やDMで伝えるのが一般的です。

Repostであることを明記する

Repost投稿の場合はRepost投稿であることを明記するようにしましょう。何も記載がないと自分の投稿なのか分かりにくくなってしまいます。他人の投稿を再投稿しているわけですから、その旨はしっかりと明記する義務があります。

無編集でRepostすること

Repost投稿するにあたって元の画像を編集することもできます。色合いを変更したり、テキストをつけたり、トリミングしたり、その編集方法は豊富に用意されています。

しかしRepost投稿の場合画像は無編集で投稿することが原則です。元の投稿者の許可なく編集することは避けるようにしてください。編集を行ってしまったらそれは元の投稿とは全く別物になってしまいます。目的は元の投稿をリツイートするということを忘れないようにしましょう。

まとめ

instamark

ここまで、インスタグラムを使ってのリツイート機能、通称リポストについてご案内して参りました。リポストはサードパーティアプリであり、広告が多く表示される等のデメリットがあるにしても、それを上回るメリットがあることはご理解頂けたかと思います。
リポストをする。これは、インスタグラム特有の写真という、一目で多くの情報量を詰め込める投稿をシェアすることです。SNSマーケティングをよりスピーディーにしていったり、趣味をより濃厚にそして広くしていったりと、多くの可能性を秘めているこのリポストを、これから是非活用してましょう。

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

Instagramでフォローするべき有名人

instagram(インスタグラム)でフォローすべき有名人19選

今やすっかり人気SNS(ソーシ …

Facebookでのご購読が便利です。