Home / Apple / iPhone / 故障と決めつけないで!イヤホンが聞こえない時にやるべきこと

故障と決めつけないで!イヤホンが聞こえない時にやるべきこと

イヤホンが聞こえない時の対策

スマホで音楽を聞こうとしてもイヤホンから音が流れず困ったことはありませんか。原因としてスマホやアプリ、イヤホン自体に何らかの問題があり、イヤホンが聞こえなくなっている可能性があります。

そこで今回は、イヤホンが聞こえない場合の主な原因や対処法について紹介しています。

なお、iPhone7以降はイヤホンジャックがありません。一般的な有線のイヤホンを使用する場合は、Lightning端子と接続して使うための「変換アダプター」が必要ですのでご注意ください。

この記事をご覧いただくことで、イヤホンが聞こえない場合にすぐに適切な対処ができるようになりますので、ぜひ参考にしてみてください。

イヤホンが聞こえなくなる原因


イヤホンから音が聞こえない場合は、何らかの原因があります。

その原因は、「スマホ」「アプリ」「イヤホン」のいずれかです。どのような原因があるかを把握すれば、対処もしやすくなりますので、ここでは主な原因について見ていきましょう。

スマホに問題がある場合

イヤホンが聞こえなくなる原因の1つが、スマホに問題がある場合です。聞こえない場合は、スマホの以下の点を確認してみましょう。iPhoneでもAndroidでもチェック箇所は同じです。

1.音量を下げてしまっている

イヤホンが聞こえないのは、スマホの音量が小さくなっている、もしくはミュートになっているのが原因かもしれません。

気づかないうちに音量を下げるボタンを押してしまっていることもありえます。マナーモードになっていても聞こえないため、音の設定に問題がないか確認してみてください。

2.Bluetoothが接続できていない

ワイヤレスイヤホンを使っている場合は、Bluetooth接続をしないとイヤホンから音は聞こえませんワイヤレスイヤホンをスマホで使う前に、パソコン等で使っていた場合は接続がパソコンのままになっている場合があります。

スマホのBluetooth設定を確認して、接続がされていない場合は、すぐに接続設定をしてください。

3.音声出力先がイヤホンではない

さまざまなネットワークや機器に接続している場合は、音声出力先がイヤホンになっているか確認してください。

もしかすると、別のネットワーク・機器が出力先になっていて、イヤホンから音が聞こえないのかもしれません。

4.スマホに不具合が発生している

イヤホンに限らず、スマホの調子が悪い時は、再起動をすることで元の状態に戻ることがあります。

イヤホンから音が聞こえない場合も、スマホの調子が悪いだけかもしれません。1度再起動をして、もう1度聞こえるか確認してみましょう。

アプリに問題がある場合

イヤホンから音が聞こえないのは、アプリに原因があるかもしれません。以下の点をチェックしてみましょう。

1.アプリに不具合がある

他のアプリでは音が聞こえるのに使用中の音楽アプリでは聞こえない場合、音楽アプリ自体に不具合が発生している可能性があります。その場合は、アプリをアップデートをしましょう。アップデートをすることで、不具合が解消される可能性があります。

スマホ側でもアップデートがあれば、アップデートをおこっておくことをおすすめいたします。ただ、アプリによっては、OSの新しいバージョンにまだ対応できていない場合もありますので、アプリのメッセージを確認しておきましょう。

2.他のアプリが邪魔をしている

バックグラウンドで動作しているアプリが原因で音が出なくなる場合があります。他のアプリを全て終了させて音楽アプリだけにしてみましょう。

他のアプリを終了させても音が出ない場合は、音楽アプリを再起動させてみましょう。

イヤホン自体に問題がある場合

スマホやアプリではなく、イヤホン自体に問題があり、音が聞こえないのかもしれません。

イヤホンに原因があるかもしれないため、以下の点を確認してみてください。

1.イヤホンジャック・Lightning端子の汚れ

イヤホンジャック・Lightning端子に汚れが付いていたりすると、正しく接続できず、接触不良をおこして音が聞こえないこともあります。

差し込む側・差し込まれる側、どちらもきれいな状態を保つ必要があります。繊細な箇所ですので硬いものでこすったりしないよう気を付けてくださいね。

2.ワイヤレスイヤホンのバッテリー切れ

ワイヤレスイヤホン特有の原因ですが、ワイヤレスイヤホンのバッテリー切れの可能性があります。しっかり充電できているか確認し、充電して聞こえるか確認しましょう。

2.断線やイヤホンの故障

有線のイヤホンの場合、長期間の使用や取扱い方でコードが断線したり、イヤホンが故障している可能性もあります。接触不良の可能性もあるので、他のイヤホンジャックにさして試しても聞こえない場合は、断線等の故障を疑ってください。

断線や故障が起きると、当然音は聞こえないですし、そのまま使い続けると発火する可能性もあるため注意が必要です。

イヤホンの片方だけが聞こえなくなる原因

両耳とも聞こえないのではなく、片耳だけ聞こえない、といった場合もあります。聞こえない側の機器の故障したと考えがちですが、まずは上記でご紹介した方法を一通り試してみてください。

片耳だけ聞こえない場合にのみ考えられる原因をご紹介いたします。

スマホに問題がある場合

片耳だけ聞こえない場合では、左右の音量バランスの設定がおかしくなっていることも考えられます。iPhoneの場合では「音量バランス」の設定があるので、そちらを一度確認しましょう。

iPhoneの場合:「設定」から「アクセシビリティ」を選び「バランス」の「ステレオの左右のバランス」スライダがどちらかに片寄っていないか確認しましょう。

Androidでは音量バランスの設定がありません。Windows、Macでは「サウンド」からそれぞれバランスの設定ができるので、イヤホンの片耳が故障しているかの確認に利用することができます。

アプリに問題がある場合

再生に使用しているアプリ側でボリュームバランスのコントロール機能がついている場合があります。お使いのアプリ内で確認してみましょう。

イヤホン自体に問題がある場合

お手持ちに他のイヤホンがあれば、スマホにさして両耳で聞こえるか試してください。聞こえるようでしたら、片耳しか聞こえないイヤホンは断線している可能性があります。

ワイヤレスイヤホンをお使いの場合、充電の不具合も考えられます。充電をしっかりおこなってから再度試すようにしましょう。

故障が決定した場合

いくつか原因をご紹介してきましたが、故障となった場合は、イヤホンの修理・買い換えを考えなくてはなりません。高価なイヤホンでは修理対応もできるかと思います。千円位で買えるイヤホンもありまし、イヤホンを取り扱っているコンビニもあります。

もし、新しくしたイヤホンでも聞こえない場合は、スマホ側の故障が考えられます。こちらについては各キャリアへ問い合わせをおこなってみてください。

次ページ:イヤホンが聞こえない際にやってみるべきこと

1 2

Check Also

iPhoneで非通知からの着信を拒否する方法

これで安心!iPhoneで非通知からの着信を拒否する方法

iPhoneを持っていると気に …

Facebookでのご購読が便利です。