Home / Google / Android / アイコンをオシャレなデザインで統一!Android用のアイコンパックを入手する方法

アイコンをオシャレなデザインで統一!Android用のアイコンパックを入手する方法

Androidのアイコンパックを使おう

アプリのアイコンって開発元の独自性はあるものの、画面に並んでいると統一感がまったく感じられません。壁紙を好みのデザインに変更できるように、アイコンもオシャレなデザインに変えてみたいと思いませんか?

そんなときに使っていただきたいものが「アイコンパック」です。

今回は、Android用のアイコンパックを入手する方法についてご紹介します。Androidスマートフォンのホーム画面の雰囲気やアイコンデザインを変えたい場合、アイコンパックを使うことで手間をかけずに簡単に統一感のあるデザインへ変更することができます。

デザインの数は有に1000を超えており、自分の好きなデザインが必ず見つかるようになっています。

初期設定のままも良いですが、スマートフォンにも個性を持たせ、定期的にデザインを変更することにより、新鮮な気持ちでスマートフォンを使用することができるようになります。

今回、アイコンパックの入手する方法と共に、おすすめのアイコンパックを紹介します。ぜひご覧ください。

アイコンパックとは

さらっと紹介いたしましたが、アイコンパックとは、今スマホに表示されているアプリアイコンを、デザイン性のある、統一感をもったアイコンに変更できるアプリです。

カラーのアイコンをモノクロに変更したり、テーマカラーで置き換えたり、丸型のアイコンがラインだけで表示されたり、と探していくとたくさんの種類のアイコンパックが存在しています。

一括で全てのアイコンを置き換えることも、個別に置き換えることもできます。ひとつひとつ変更するのは面倒と思われるのであれば、一括変更のできるアイコンパックを選びましょうす。一部アイコンでは置き換えができない場合もありますので、ご注意ください。

アイコンパックの入手方法

アイコンパックを手に入れる場合は、Google Playを開いて検索窓にアイコンパック」「icon packと入力すればOK。そうすると有料・無料問わずたくさんのアイコンパックが表示されるので、気に入ったものを選んでダウンロードしましょう。

アイコンパックのダウンロードページには、基本的にスクリーンショットが用意されているため、内容の確認も可能です。この記事ではおすすめのアイコンパックを合わせて紹介しますが、紹介しきれないほどのアプリがあるので、Google Playでお気に入りをみつけてくださいね。

Google Play:アイコンパック検索

アイコンパックの適用に必要なもの

アイコンパックをインストールしても単体では使用できない場合があります。そこで、適用に必要なものをご紹介いたします。

適用したいアイコンパック

使ってみたいアイコンパックを用意しましょう。

ホーム画面のランチャー

Androidを使っているとかならず見るのがホーム画面。機種やOSのバージョンによって見た目は異なりますが、アプリのアイコンなどが並んでいるのが見られます。

そんなホーム画面をカスタマイズするのに必要なものが、アプリとしてダウンロードできるランチャーです。ランチャーとはホーム画面やアプリ一覧の画面をカスタマイズできるもので、適用することでデザインの変更が可能です。

通常デフォルトで使っているホーム画面ではアイコンの変更ができないほか、アイコンパックは基本的にランチャーに対して適用して使うのが一般的。そのため、ランチャーは用意する必要があります。

なお、ランチャーアプリは複数用意されており、アイコンパック側が対応していなければなりません。おすすめかつ定番のランチャーアプリは、「Nova Launcher」と呼ばれるもの。カスタマイズ性が高く動作も軽快で人気なため、大抵のアイコンパックに対応します。そのほかにも「Smart Launcher」「Action Launcher」といったランチャーアプリもおすすめです。

非対応の場合は、アイコンパックが対応するランチャーアプリの用意が必要となります。対応ランチャーはアイコンパック側で確認できるので、該当するものをGoogle Playからダウンロードしてください。

アイコンパックの適用方法

アイコンパックの適用方法は、アプリやランチャーによって異なります。ただし、基本的な流れは「使用するランチャーをホーム画面として適用」「アイコンパックを使用中のランチャーに適用」です。

アイコンパックをランチャーに適用した場合でも、ホーム画面として該当するランチャーを使っていなければ見た目は変わらないので注意してください。また、ホーム画面のランチャーを常時表示する設定にしている必要もあります。

おすすめのアイコンパック


おすすめのアイコンパックをいくつかご紹介していきましょう。この中に使ってみたいとおもっていただけるアイコンパックがあると嬉しいです!

Whicons – White Icon Pack

白のみのカラーでデザイン性の高いアイコンが用意されています。7000以上のアイコンに対応しており、壁紙も用意されているのでスマホが一気にオシャレに変わります。オランダで開発されていますが、日本開発のアプリにも適用されるデザインも多く、もう少し検索がしやすいと良いかも、といったレビューをみかけます。

ランチャーが必要ですが、様々なランチャーに対応しており、さきほど紹介した「Nova Launcher」にも「Smart Launcher」にも対応しています。

GooglePlay:Whicons – White Icon Pack

LineX Icon Pack

ネオンサインのようなデザインのアイコンで統一感がでるLineX Icon Pack。ネオン管でラインをとったようなデザインのため、カラフルですが、壁紙は黒デザインにしておかないと全く映えなくなってしまいます。アイコンのサイズは100%だけでなく、小さく80%設定、大きく100~120%設定と、好みの大きさに変更することも可能です。

ランチャーは、マルチランチャー対応ですが、開発元では「Nova Launcher」を推奨しています。

GooglePlay:LineX Icon Pack

PixBit – Pixel Icon Pack

ピクセルアートのアイコンと壁紙が用意されているアイコンパックです。懐かしのゲーム画面のようなスマホになります。ランチャーは、マルチランチャー対応です。

GooglePlay:PixBit – Pixel Icon Pack

Crayon Icon Pack

まるっこい、パステルカラーのかわいいデザインに置き換えができるアイコンパックです。かわいいアイコンはみていてもなごみますし、ついついタップしちゃいたくなります。5000以上のアイコンと、50以上の壁紙が用意されています。お好きな組み合わせで、スマホライフを楽しんでみてはいかがでしょうか?

「Nova Launcher」に対応しています。

GooglePlay:Crayon Icon Pack

Lines Dark – Icon Pack

黒のラインだけでデザインされたシンプルかつクールなアイコンがお好みであればLines Darkをおすすめいたします。ブラックラインが映える背景色の壁紙でないと、使用するにはつらいところがありますが、シンプルをつきつめるとこうなる、といったアイコンパックです。かっこよく使っていただきたいです。

ランチャーはマルチに対応しており、先ほど紹介した3種類すべてに対応しています。

GooglePlay:Lines Dark – Icon Pack

Saturate – Free Icon Pack

1 2

Check Also

AndroidのSDカードの選び方と使い方

データ移動も楽々!AndroidのSDカードの選び方と使い方

スマホを使用していると、アプリ …