Home / ソフトウェア / ワード / Wordで目次を作成する方法と更新方法

Wordで目次を作成する方法と更新方法

Pocket

%e3%83%8f%e3%82%9a%e3%82%bd%e3%82%b3%e3%83%b3ol

Wordでページ数の多い文書を作成する場合は、目次が必要になることが多いです。目次があることで、見る側は全体像を理解できますし、素早く目的のページを探せます。

Wordに目次を作成する方法は意外に簡単です。ここでは、「Wordで目次を作成する方法と更新方法」について紹介していますので、目次作成方法を、まだご存知でない方は活用してください。

スポンサーリンク

1.Wordで目次を作成する方法

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-13-18-20-59

ここでは、Wordの目次作成方法について紹介します。

1.見出しスタイルの設定

目次を作成する際に、まず見出しスタイルの設定を行います。見出しスタイルを設定することで、簡単に目次が作成できるようになります。見出しスタイルの設定方法は下記のとおりです。

  1. 目次にしたい箇所を「Ctrl」キーを押しながら複数選択します。
  2. 選択が終わったら「ホーム」の「見出し1」をクリックします。
  3. すると、選択した箇所の頭に「・」が付きます。

これにより、見出しスタイルの設定が完了します。もし、「・」点ではないスタイルに変更したい場合は、次の方法でスタイルの変更を行います。

  1. 「ホーム」の「見出し1」の箇所で右クリックをして「変更」を選択します。
  2. 「スタイルの変更」画面が表示されますので、画面左下の「書式」を選択し、メニュー一覧から「箇条書きと段落番号」を選択します。
  3. 「箇条書きと段落番号」画面が表示されますので、「1.—」「①—」「(ア)—」など、希望のスタイルを選択してOKをクリックすれば、希望のスタイルに変更されます。

希望のスタイルに変更しても「・」は付いたままです。もし、「・」を消したい場合は、次の方法で削除します。

  1. 見出しスタイルの設定を行った箇所を選択します。
  2. 「ホーム」の「ダイアログボックス起動ツール」を開きます。
  3. 「段落」画面が表示されますので、「改ページと改行」タブを選択します。
  4. 「次の段楽と分離しない」にチェックが入っていますので、チェックを外します。

これにより、先頭の「・」は削除されます。

2.サブの見出し設定

メインの見出し設定が完了した後は、サブの見出し設定を行います。方法は下記のとおりです。

  1. サブの見出しにしたい箇所を選択します。
  2. 「ホーム」から「見出し2」を選択します。

これにより、サブの見出し設定が完了します。

3.目次の表示

メインとサブの見出し設定が完了したら、次は目次の表示です。下記の方法で目次作成を行います。

  1. 目次を表示させたい箇所を選択します。
  2. 「参考資料」の「目次」を選択します。
  3. 「組み込み」画面が表示されますので、「自動作成の目次1」をクリックします。(自動作成の目次1以外でも問題ありません)

すると、Word文章に先程のメインとサブの見出し設定を行った目次が表示されます。

2.Wordで目次を更新する方法

ここでは、作成した目次を更新する方法について紹介します。

1.目次の更新

文書の内容が変わったりして、目次の変更が必要になった際は、簡単に更新することができます。

  1. 文書中の見出し2の部分の表記を変えたとします。
  2. 目次画面で全選択し右クリックで表示されるメニューの中の「フィールド更新」を選択します。
  3. 「目次の更新」画面が表示されますので、「ページ番号だけを更新する」か「目次をすべて更新する」の該当する方を選択しOKを押し閉じます。

これにより、見出し2で変更した部分の表記が反映されます。

3.Wordの目次を削除したり修正する方法

ここでは、目次の削除や修正など行いたい場合の方法について紹介します。

1.目次を削除する場合

不要な目次を削除する場合は、「目次」を選択して表示される項目の中から「目次の削除」を選択すれば削除できます。

2.Ctrlキーを押さなくてもリンク先へ飛ぶ方法

「Ctrl」キーを押しながらクリックすることで、目次の見出しページに移動することができます。しかし、下記の方法を行えば「Ctrl」キーは押さなくても、クリックだけで移動できます。

  1. 「Office」をクリックして「Wordのオプション」を選択します。
  2. 「Wordのオプション」画面が表示されたら「詳細設定」を選び、編集オプションの一覧の中から、「Ctrlキー+クリックでハイパーリンクを表示する」のチェックを外します。

これにより、目次で見出しをクリックすることで、簡単にページ移動ができるようになります。

4.Wordの小技テクニック

ここでは、目次作成や文書作成にも役立つWordの小技テクニックを紹介します。

1.文字選択

Wordでは文書を選択する機会が多いです。下記選択方法を把握していることで、簡単に素早く文字選択ができます。

  1. 1文だけ選択・・・「Ctrl」キー+選択したい文をクリック
  2. 段落をすべて選択・・・トリプルクリック
  3. テーブル全体を選択・・・「Alt」キー+ダブルクリック
  4. すべてを選択・・・「Ctrl」キー+「A」

2.文字の寄せ

メニューから文字寄せすることもできますが、下記ショートカットキーを使って素早く文字寄せも可能です。

  1. 文字の中央寄せ・・・該当範囲を選択して「Ctrl」+「E」
  2. 文字の右寄せ・・・該当範囲を選択して「Ctrl」+「R」

3.Word文書の文字数を知る

作成している文書の文字数を正確に知りたい場合は、「校閲」を選択して「文字数カウント」をクリックします。すると「文字カウント」画面が表示され、ページ数、単語数、文字数、段落数、行数、半角英数の単語数、全角文字・半角カタカナの数など、細かい詳細のカウント数まで確認できます。

4.コメントボックス

複数人でWord文書を扱う際は、修正箇所など直接入力してしまうと修正前・修正後が分からなくなってしまうことがあります。コメントボックスを追加することで、どんな修正をしたかなど、コメント欄に入力できるようになるので、分かりやすく便利です。コメントボックスの追加は、ツールバーの中から「新しいコメント」を選択すれば、文書上に表示されます。

5.ウインドウを閉じる

ウインドウを閉じたい際は、画面左上の「☓」をクリックしなくても、「Alt」キー+「F4」を押すことで、簡単に閉じることができます。慣れるとマウスで閉じるより素早く操作できます。

6.表示倍率を変える

Word文書の倍率の変え方はいくつかありますが、最も簡単なのが「Ctrl」キーを押しながらマウスのホイールを上下に動かすことです。上に動かすと拡大し、下に動かすと縮小されます。

7.ウインドウを最大化する

ウインドウ自体を簡単に最大化して表示することができます。最大化したいウインドウのタイトルバー部分をダブルクリックするだけで、素早く最大化できますので便利です。

8.直前の操作を繰り返す

ショートカットキーを使えば、同じ繰り返し作業を簡単に行えます。「Ctrl」キー+「Y」を押すことで、直前の操作をもう1度実行することができます。1つ前の作業に戻る場合は「Ctrl」キー+「Z」ですので間違いないようにしてください。

まとめ

今回、「Wordで目次を作成する方法と更新方法」について紹介しました。目次作成方法は難しくはないため、1度作成したら、2回目以降素早く作れます。仕事や趣味でWordを使う機会が多い方は、目次作成・更新を使い、分かりやすい文書作成をしていきましょう。また、Wordの小技テクニックも知らないものがあれば、実践で使ってみてください!

Pocket

スポンサーリンク

Check Also

c510ddf65c02e3c491603b589a96e06c_s

Wordで表を作成する方法と作成のポイント

Word文書で作成するのはテキ …

Facebookでのご購読が便利です