Wordで罫線を活用して便箋のようなフォーマットで文章を記述する方法

LINEで送る
Pocket

d9753be9aec19323e0f9493d1b6c71af_s

手紙などを作成したい場合に、Word文書を便箋のようにすることができれば非常に便利です。今回は、「Wordで罫線を活用して便箋のようなフォーマットで文章を記述する方法」について紹介いたします。

手書きの手紙には自信がない方や、Wordを使い始めて間もない方は、活用してみてください!

スポンサーリンク

1.罫線を活用して便箋のようなフォーマットで文章を記述する方法

1.便箋のようなフォーマットの作成方法

1

Word文書に便箋のようなフォーマットを作成したい場合は、下記の方法で行います。

  1. 便箋のようなフォーマットを作成したいWord文書を開きます。
  2. ページの下までEnterキーを連続して押し改行します。
  3. 「Ctrl」+「A」などで全選択をします。
  4. 「デザイン」の「ページ設定」を選択します。
  5. 「線種とページ罫線と網かけの設定」画面が開きますので、「罫線」タブを選択し、「設定対象」を段落にし、「種類」を指定にし、線の種類や色、線の太さは希望のものを選択します。
  6. 「プレビュー」欄にある「上罫線」「中央線」「下罫線」を選択し、OKをクリックして画面を閉じます。

これにより、Word文書を便箋のようなフォーマットにすることができます。

なお、Word2016ではデザインタブの「ページ罫線」→罫線で便箋のようなフォーマットを作成することが可能です。

2

2.便箋のようなフォーマットも一緒に印刷する方法

便箋のようなフォーマットを作成しても、線を印刷することができません。横線も一緒に印刷をしたい場合は、オートシェイプとして横線を挿入する必要があります。グリット線に沿ってオートシェイプの直線を挿入することで、キレイな印刷可能な横線を引けます。その方法は下記のとおりです。

  1. 行の間隔を確かめるために、「書式」の「段落」を選択します。
  2. 「インデントと行間隔」タブを選択し、「間隔」の段落前、段落後、行間の数値を足し合わせたものを把握し画面を閉じます。
  3. 「ファイル」の「ページ設定」を選択し、「文字数と行数」をクリックし「グリット線」を選択します。
  4. 「グリット線」画面が表示されますので、「行グリット線の間隔」に記載されている数値部分に、先程、「間隔」の段落前、段落後、行間の数値を足し合わせた数値を入力します。
  5. 「グリット線を表示する」にチェックを入れ、「行グリット線を表示する間隔」の数値欄に「1」を入力し、OKをクリックして閉じます。

この操作により、文書にグリット線が文字列に合わせて表示されます。グリット線が表示されたら、オートシェイプの直線を挿入します。オートシェイプの直線の挿入の仕方は下記のとおりです。

  1. 「表示」の「ツールバー」から「図形描画」をクリックします。
  2. 「表示」の「ヘッダーとフッター」を選択し、「ヘッダーとフッター」ツールバーを表示させます。
  3. 「図形描画」の「直線」を選択して、文書に表示されているグリット線にしっかりと重なるようShiftキーを押しながらキレイに直線を引いていきます。
  4. すべてのグリット線に重なるように直線を引き終えたら、「ヘッダーとフッター」のツールバーを閉じます。
  5. 印刷する前に印刷プレビューで確認し、問題なければ完了です。

この方法により、便箋のような横線入りの文書を印刷することができます。

なお、Word2016では作成した罫線も一緒に印刷することが可能です。

3.Word文書を市販の便箋に印刷をする方法

Wordで作った文書を白紙ではなく、便箋に印刷をしたい場合は、下記の方法で行います。

  1. 「ファイル」から「ページ設定」を選択します。
  2. 「ページ設定」画面が表示されますので「用紙」タブを選択します。
  3. 「用紙サイズ」欄で、印刷に使用する便箋のサイズを入力します。
  4. 「余白」タブを選択し、「印刷の向き」で「縦」をクリックします。余白の数値や便箋の上下左右の余白を測り、その数値を入力します。
  5. 「文字数と行数」タブを選択して、「文字方向」は「縦書き」を選び、「文字数と行数の指定」では「行数だけを指定する」をクリックします。「行数」の部分は、印刷する便箋の行数と同じ数値にし、OKをクリックし画面を閉じます。
  6. 「表示」から「グリット線」を選択します。
  7. 文書を入力すれば完了です。

これにより、Wordで作成した文書を市販の便箋に印刷ができるため、手紙なども簡単に作成できます。

2.作業を効率化するWordの文書作成テクニック

ここでは、覚えていることで作業時間を短縮することができる、Wordのちょっとしたテクニックを紹介します。

1.Wordの表の罫線だけを削除する方法

Wordで表を作成した後に、罫線だけを削除することができます。中身は変わりませんので、罫線がないほうが見栄えが良いと感じた場合は、下記方法で罫線を削除しましょう。

  1. 該当する表の中にカーソルを合わせ、「レイアウト」の「表の解除」を選択します。
  2. 各セルの文字列の区切りを選択してOKをクリックします。

この操作を行えば、表の罫線が削除され文字列のみになります。罫線がある方が見やすい場合もあれば、そうでない場合もあります。罫線がないほうが良い際に使える方法です。

2.保存せずに閉じてしまった文書を復活させる方法

3

保存していないのに間違って文書を閉じてしまった場合でも、下記方法で復活できることがあります。

  1. 「ファイル」の「最近使用したファイル」を選択し「保存されていない文書の回復」を選択します。
  2. 「ファイルを開く」画面が表示され、回復可能なファイル一覧が表示されます。
  3. 該当するファイルがあれば、選択をし「開く」をクリックすれば、復活します。

3.複数の場所に連続してコピーする方法

一つひとつコピーしてもいいですが、複数まとめてすることで作業時間を短縮することができます。方法は下記のとおりです。

  1. 他の場所にコピーしたい文言を選択します。
  2. 選択後、「ホーム」の「書式のコピー/貼り付け」をダブルクリックします。
  3. マウスポインタの形が変わったら、コピーしたい場所を選択します。
  4. 同様にコピーしたい場所を続けて選択していけば、その場所にコピーすることができます。

これにより、毎回操作しなくても、簡単に複数の場所にコピーすることが可能です。

4.原稿用紙に収まるように文書作成する方法

Wordでは、原稿用紙に収まるように文書作成することも可能です。これにより、原稿や作文などの執筆もすることができます。方法は下記のとおりです。

  1. 「ページレイアウト」の「原稿用紙設定」をクリックします。
  2. 「原稿用紙設定」画面が表示されますので、「スタイル」で原稿用紙のスタイルを設定し、「文字数×行数」「用紙サイズ」「印刷の向き」「罫線の色」をそれぞれ入力し、OKをクリックします。
  3. 上記で設定した内容の原稿用紙のマス目が文書に表示されます。
  4. マス目を確認し問題ないようであれば、文章入力をしていくだけです。

5.文書の文字数を知る方法

下記方法でWord文書の文字数を、次の方法で具体的に知ることができます。「校閲」の「文字数カウント」を選択すれば、ページ数、単語数、文字数(スペースを含めない)、文字数(スペースを含める)、段落数、行数、半角英数の単語数、全角文字・半角カタカナの数などを知ることができます。細かい文字数のチェックに便利です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回、「Wordで罫線を活用して便箋のようなフォーマットで文章を記述する方法」について紹介いたしました。

Wordを簡単に便箋のように変更することができますので、お礼状や手紙などを作成する機会が多い方には、とても便利な機能です。便箋のようなフォーマットで使ったことがない場合は、ぜひ1度試してみてください!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です