WordからExcelへ、ExcelからWordへファイルを変換する方法と利便性

LINEで送る
Pocket

b0b48d32b7a3013fe8c67f1d02765f32_s

WordとExcelのファイル変換の仕方を知ることで、より利便性高く使っていくことができます。ここでは、「WordからExcelへ、ExcelからWordへファイルを変換する方法と利便性」について紹介していますので、普段WordやExcelを使うことが多い方は、ぜひご活用ください。

スポンサーリンク

1.WordからExcelへファイルを変換する方法

Wordで作成したファイルをExcelへ変換したい場合は、次の方法で行います。

Excelへ変換をしたいWord文書のファイルを保存します。保存する際に「名前を付けて保存」の画面で、「ファイルの種類」を「Webページ(html)」にして保存します。
保存が完了したら、Excelに対応していますので開くだけです。

若干の文章調整などが必要になりますが、上記の方法により、WordのファイルをExcelに変換することができ、キレイに表示することができます。

2.ExcelのデータをWordに貼付する方法

Excelで作成したデータをWordに貼り付けたい場合は、コピー&ペースト、リンク貼り付け、オブジェクトによる貼付けの3つの方法があります。それぞれの方法を見ていきましょう。

1.コピー&ペーストによりExcelのデータをWordに貼付する方法

コピー&ペーストによって、Excelで作成したデータをWordに簡単に貼り付けることができます。Wordに貼り付けたいExcelで作成したデータを選択しコピーします。データを貼り付けたいWordにペーストすれば、貼り付けが完了します。コピー&ペーストの方法の場合は、Wordでグラフを編集することはできません。

2.リンク貼り付けによりExcelのデータをWordに貼付する方法

リンク貼り付けの方法でもExcelのデータをWordに貼付することができます。リンク貼り付けは、元のデータが変更されれば、貼り付けたデータも変更し、Excelでは使われることが多い機能です。方法は次のとおりです。

  1. Excelの該当データをコピーし、貼り付けオプションにある「リンク(元の書式を保持)」を用い貼付します。
  2. データの貼り付けを行ったら、右クリックをして、データがグラフの場合は「データの編集〜」、データが表の場合は「リンクされた〜」を選択し、「開くリンク」をクリックします。

これにより、ExcelのデータをWordに貼付することができます。

3.オブジェクトでの貼り付けによりExcelのデータをWordに貼付する方法

オブジェクトでの貼り付けでも、ExcelのデータをWordに貼り付けることができます。方法は次のとおりです。

  1. Wordに貼り付けたいExcelのデータをコピーします。
  2. Wordの「ホーム」の「貼り付け」を選択して「形式を選択して貼り付け」をクリックします。
  3. 「形式を選択して貼り付け」画面が表示されますので、「貼り付ける形式」を「MicrosoftExcelワークシートオブジェクト」を選び、OKで進めます。
  4. 「形式を選択して貼り付け」画面が閉じると、Excelのデータが貼り付けてあります。

オブジェクトでの貼り付けの場合は、Word上でもExcelのようにデータの編集ができます。データをダブルクリックすると、メニューやツールバーも表示され、Excel同様に操作することができます。

3.PDFファイルをWordやExcelに変換する方法

1.ネットサービスを使ってWordやExcelに変換する場合

PDFファイルをWordやExcelに変換する方法の1つに、ネットサービスを使う方法があります。「PDF to Excel Converter」が操作もしやすく便利です。「PDF to Excel Converter」を使ってPDFファイルをWordやExcelに変換する方法は次のとおりです。

  1. PDF to Excel Converterを開き、PDFファイルを何に変換したいかを選択します。
  2. 選択が完了したらPDFファイルを指定して、メールアドレスを入力します。
  3. 「Convert Now」をクリックすれば、選択した形式に変換されたファイルが入力したメールアドレス宛に送られてきます。

PDF to Excel Converterを使えば、簡単にスピーディーにファイル形式を変換できますので、とても便利に使うことができます。

2.ソフトなどは使用せずにPDFファイルをWordやExcelに変換する場合

ネットサービスやフリーソフトを使わなくても、PDFファイルをWordやExcelに変換することも可能です。方法は次のとおりです。

  1. PDFファイルを開き、「ファイル」から「名前を付けて保存」を選択し「テキスト」を選び、PDFファイルをテキストで保存します。
  2. テキストで保存したPDFファイルをWordで読み込みます。テキストなので乱れている可能性があり、文章調整が必要です。

上記方法により、PDFファイルをWordで表示することが可能です。

3.フリーソフトを使ってWordやExcelに変換する方法

有料ソフトではなく無料のソフトを使って、PDFファイルをWordやExcelに変換することもできます。多くの変換フリーソフトがありますが、使い勝手が良くおすすめなのが「First PDF」です。First PDFを使えば、簡単にWordやExcelに変換できます。

4.WordやExcelをPDFファイルに変換する方法

WordやExcelのファイルをPDFに変換することも可能です。ここでは、WordをPDFへ変換する方法について紹介いたします。

1.Word2013の場合

Word2013の場合は、次の方法で行います。

  1. PDFファイルへ変換したいWordを開きます。
  2. 「ファイル」を開き、「エクスポート」を選択します。
  3. 「PDF/XPSドキュメントの作成」が表示されますので、「PDF/XPSの作成」をクリックします。
  4. 「PDFまたはXPS形式で発行」という画面が表示されますので、保存先を決め「発行」を押すと、保存先にWordからPDFに変換されたファイルが保存されています。

2.Word2010の場合

Word2010の場合は、次の方法で行います。

  1. 「ファイル」を開き「情報と送信」を選択します。
  2. 「保存と送信」画面が表示されますので「PDF/XPSドキュメントの作成」を選択します。
  3. 「PDF/XPSドキュメントの作成」が表示されますので、「PDF/XPSの作成」を選択します。
  4. 「PDFまたはXPS形式で発行」画面が表示されますので、保存先を指定し「発行」を選択します。
  5. 指定した保存先に、WordからPDFへと変換されたファイルが保存されています。

3.Word2007の場合

Word2007の場合は、Word2010、Word2013よりも簡単にPDFファイルへの変換を行えます。「Office」から、「名前を付けて保存」を選択し、「PDFまたはXPS」を選択すればPDFファイルへと変換することができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は、「WordからExcelへ、ExcelからWordへファイルを変換する方法と利便性」について紹介いたしました。それぞれのファイル変換は簡単な操作で行うことができます。普段、Officeソフトを頻繁に使う方は、ぜひ方法を押さえておきましょう。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です