Home / Microsoft / Windows / WindowsUpdateの削除方法と削除する際の注意点

WindowsUpdateの削除方法と削除する際の注意点

Pocket

WindowsUpdateではインストール時に多くのファイルをパソコン内にインストールしています。不要なファイルは削除してしまった方が良い場合もあります。無駄なプログラムを残しておいても、メモリ領域を圧迫するだけなので必要に応じて削除してしまいましょう。

Windowsのディスククリーンアップの実行方法

WindowsUpdateの不要なファイルを削除する方法としては、>Windowsのディスククリーンアップすることで不要なファイルを削除することが出来ます。

1.「スタート」メニューを表示する
2.「スタート」メニューの検索窓に「クリーンアップ」と入力する
3.「ディスククリーンアップ」を選択する
4.「ディスククリーンアップ」が起動するとどのドライブをクリーンアップするか選択画面になります
5.Cドライブを選択します
6.「システムファイルのクリーンアップ」を選択する
7.削除する項目にチェックを入れ、OKボタンをクリックする
8.確認ダイアログで「ファイルの削除」をクリックする
9.PCを再起動する

Windows Updateやストアのキャッシュ削除方法

Windows Updateではパソコン内にキャッシュファイルが作成されます。こちらのファイルも不要であれば削除してしまいましょう。

(手順1)Windows Update を停止
コントロールパネル

管理ツール

サービス

Windows Update を停止する

(手順2)キャッシュファイルを削除
パソコン内の「C:\Windows\SoftwareDistribution\Download」というフォルダ内のファイルを削除

まとめ

皆さん、WindowsUpdateの削除方法と注意点はいかがでしたでしょうか?基本的にWindowsUpdateは必要なアップデートですが、時としてWindowsUpdateによるパソコンの不具合が起こる場合があります。その際には、この方法でWindowsUpdateの削除を行いましょう。

1 2 3

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

WindowsのZip周りをマスター!Windowsでzipを作成・解凍する方法

複数ファイルを一つのファイルに …

Facebookでのご購読が便利です