Home / Windows / 作成したWindowsサービスを完全に削除する方法

作成したWindowsサービスを完全に削除する方法

Pocket


作成したWindowsサービスを削除するにはどうすればいいでしょう。Windowsサービスを作成すると、本体のプログラム以外に、レジストリのキーなどが登録されます。

すべてを一つ一つ元の戻すのは大変ですし、WindowsサービスはWindowsシステム全体に影響を与えますので、間違えた時にはWindowsそのものが不安定になりかねません。本記事ではWindowsサービスを削除する方法を見ていきます。

スポンサーリンク

Windowsサービスを削除する必要がある場合

アプリケーションのアンインストール時に不具合があり、Windowsサービスに削除したアプリケーションが残ってしまう場合があります。この場合、そのまま残しておくと長期的に不具合の原因になる可能性があるため、Windowsサービスから削除することを検討してみても良いかもしれません。

また、Windowsに複数のApacheをインストールして、その動作が不安定になってしまった場合などはWindowsサービスに登録されているApacheの起動情報を削除してやり直すことが必要になる場合もあります。

基本的にはWindowsサービスを手動で削除することはエラーや不具合の原因にもなりえますので避けた方が良いのですが、上記の様に既に不具合がありWindowsサービスを削除することで解決する可能性がある場合などは、慎重に手続きを進めていきましょう。

1.Windowsサービスを削除する

Windowsサービスは、通常アプリケーションプログラムなどと一緒にインストールされます。そして、アプリケーションプログラムなどをアンインストールするときに同時に削除されます。

アプリケーションを残したままWindowsサービスだけ削除したり、本来必要なWindowsサービスを誤って削除したりするとWindowsの不具合につながりかねません。

基本的にはWindowsサービスだけ手動で削除するというのは、イレギュラーな操作だということを認識する必要があります。

とはいっても、作成したWindowsサービスを削除する場合や、アプリケーションのアンインストールがうまくいかなかった場合や、悪意あるプログラムによってインストールされたWindowsサービスは手動で削除する必要があります。

2.Windowsサービス名を調べる

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

Macだけじゃない!?Windows機種でiTunesをダウンロードする方法

iTunesは、アップル社が開 …

スポンサーリンク

Facebookでのご購読が便利です