Windowsでもテレビを見よう!Windowsでテレビを見るための手順

LINEで送る
Pocket

パソコンで地デジを視聴するに当たっては、チューナーなどの必要な備品を揃える必要があります。最近では、パソコンをテレビの代わりにしているユーザーも多いようで、セッティングの手順なども色々と紹介されているようです。

地デジチューナーなどでも色々な製品が出回っており、値段も性能も様々なのがあります。ここでは、Windowsパソコンで地デジを視聴するのに必要な環境と、評価の高い製品を数点紹介していきましょう。

スポンサーリンク

パソコンとテレビのモニターを兼用で利用するメリット

1
出典:clockworkapple
パソコンのモニターとテレビモニターでは、高い互換性があり、パソコンのモニターでテレビを、もしくはテレビモニターでパソコンを利用するといった使い方をすることができます。
完全に地デジ化に移行する前は、モニター同士を接続するだけでほとんど手間がかからなかったのですが、地デジ化に移行されてからは、チューナーなどに接続しなければテレビ視聴ができなくなりました。
テレビモニター利用する場合は、内臓のチューナーがありますが、パソコンで視聴する場合には、別売りのチューナーが必要なります。兼用で利用できれば、物を置くスペースを節約できるのが大きなメリットですので、狭い部屋の場合には、ぜひとも検討したいところです。

どちらを兼用するのがメリットが大きいか?

テレビモニターで利用する場合には、地デジチューナーを接続する必要が無いと言うメリットがありますが、大画面のテレビを置く場所が無いことや、ノートパソコンのように携帯性が無いという事がデメリットとして挙げられます。
一方でパソコンモニターで地デジを視聴できるようにすれば、機種によっては外出先からの操作も簡単にできる他、録画した番組の管理もスムーズにできるのがメリットです。環境を整えるのに多少費用が掛かってしまうのが難点ですが、新たにテレビを買うよりかは安く済ませることができるので、テレビの買い替えを検討する場合には、パソコンモニターでの利用を検討してみるのも良いでしょう。

おすすめの地デジチューナー製品その1「PIX-BR310W / PIX-BR310L」

2
出典:itmedia
ピクセラ社では、パソコンで地デジ視聴を快適に行うためのチューナーを数多く開発しています。
その中でもおすすめの製品がPIX-BR310W / PIX-BR310Lの両タイプです。どちらもほぼ同等の性能を備えていますが、PIX-BR310Wの方が裏番組の録画もできる機能を備えているため、録画しながら違う番組を視聴したい時はこちらを選ぶと良いでしょう。それ以外では、特に機能の差は無いので、用途に応じて選択すると良いです。

汎用性の高い使い方ができる機種

この機種は、ワイアレス機能がついていることが最大の特徴です。
これにより、様々な端末で地デジが視聴可能になります。
パソコンはもちろんのこと、スマホやタブレットといった携帯端末でも利用することができるでしょう。家庭内で利用できる無線LANのルーターを介することによって、テレビ視聴環境を屋内だけでなく、屋外へも拡張することが可能になり、外出先でも地デジを視聴することができるようになります。
また、直感的に操作できるUIにより、簡単操作で視聴できるのも魅力で、インターネット環境さえあれば、いつでもどこでもテレビが見られるでしょう。地デジだけでなく、BSとCSの電波も受信することが可能で、リモート接続により、録画した番組も外出先で楽しめます。
録画環境は外付けHDDを接続する必要がありますが、見たい番組が入っているHDDを接続しておけば、データを移し替える必要が無いのは大きなメリットになるでしょう。

アンドロイドとWindowsに対応可能なテレビチューナー「PIX-DT300」

3
出典:pixela
こちらのチューナーは、USB端子に接続するタイプの製品です。
PCにそのまま指して使用することができる他、スマホやタブレットに対してはMicroUSBのコレクタを介して使用することができます。
ワイアレスでの視聴ができる他、屋内の場合には、アンテナ線との接続により、より高画質な映像を視聴することも可能です。
専用アプリである「StationTV」を使用することになりますが、多機能で使いやすい操作で視聴することができます。

「PIX-DT300」の詳細

メモリースティックのサイズで利用できるので、持ち運びに便利なのが魅力です。
重量はわずか16gと軽量で、接続するだけで使用できる手軽さもあって、携帯性にも優れています。PCでの視聴では、HDCP対応のパソコンでない場合は、接続しても視聴できないので、「TVstation checker」で環境チェックするのが良いでしょう。
URL:http://www.pixela.co.jp/products/tv_capture/stationtv_x_checker/
フルセグが視聴できない環境では、ワンセグに切り替えるなどの機能もついているので、屋外での視聴も快適です。ただし、チャンネルの切り替えに時間がかかることがあるようで、その点については多少不便を感じることがあるかもしれません。加えて、バッテリーの消費が激しいので、長時間視聴する場合には、充電しながらのほうが良いでしょう。

デスクトップ用の地デジチューナー「PIX-DT460」

4
出典:pixela
録画したり、ワイアレスでつないだりする等、環境によっても色々なセッティング方法がありますが、アナログ変換を兼ねた地デジチューナーは、パソコンや携帯端末での視聴環境に必須のものへとシフトしています。パソコンでテレビを視聴したいと思う方は、こちらの情報を参考に、快適な視聴環境を味わってみてはいかがでしょうか。

機能の詳細

ピクセラ社のPIX-DT460は、値段こそ17800円程度と少し値が張る製品ではありますが、地デジ、BS、CSの3波の受信が可能なうえに、番組を視聴しながら他の番組を視聴、若しくは2番組を同時録画できるダブルAVC録画機能も搭載しています。
また、ホームネットワーク経由でワイアレス対応ルーターを介せば、携帯やタブレットなどの端末からもテレビ視聴が可能です。
逆に外出先から操作をすれば、遠隔での番組録画もできる機能もついており、録画した番組の編集やDVD、BDへの書き出しもできます。
スロットに空きがあれば、2台接続することができるので、最大で4チャンネル同時録画することも可能です。同時接続をする場合には、この機種の前に発売されたPIX-DT230-PE0やPIX-DT260とも同時に使うことができるので、増設などにも良いでしょう。

パソコンでも快適な視聴環境が実現可能

録画したり、ワイアレスでつないだりする等、環境によっても色々なセッティング方法がありますが、アナログ変換を兼ねた地デジチューナーは、パソコンや携帯端末での視聴環境に必須のものへとシフトしています。パソコンでテレビを視聴したいと思う方は、こちらの情報を参考に、快適な視聴環境を味わってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です