Home / Microsoft / Windows / コマンドラインから素早くWindowsを再起動する方法

コマンドラインから素早くWindowsを再起動する方法

Pocket

win40-1
Windowsではコマンドラインからコマンドを入力して実行することで、再起動やシャットダウンを行うことができます。Windowsを通常通りに使用していると、コマンドを入力する機会は少なくなります。でも、もともとのDOSのコマンドや、UNIXから受け継いだコマンドも実行できます。

DOSのコマンドを記述したバッチファイルもちゃんと実行できます。そして、コマンドラインやバッチファイルでシャットダウンや再起動することも可能です。

通常はスタート画面からWindowsの再起動やシャットダウンを操作することも多いかと思いますが、コマンドラインを操作する機会のあるエンジニアの方は、再起動のコマンドを覚えておくとより効率的にWindowsを操作できるようになるでしょう。

スポンサーリンク

1.コマンド入力フィールドを立ち上げる

コマンドを入力する方法は3つあります。1つ目は「ファイル名を指定して実行」です。これは単独のコマンドをすぐに実行するときに便利です。

「ファイル名を指定して実行」するには「Windows」キーを押しながら「R」キーを押します。

win40-2

2つ目は「コマンドプロンプト」を起動する方法です。「コマンドプロンプト」は「ファイル名を指定して実行」の「名前」で「cmd」と入力して「OK」ボタンをクリックするか、「Windows」キーを押しながら「X」キーを押してメニューから「コマンドプロンプト」を選択します。

win40-3

3つ目は「powershell」を起動する方法です。「powershell」はwindows7から標準で搭載されています。「コマンドプロンプト」に比べてUNIX寄りのコマンドが扱えます。

「powershell」を起動するには、「ファイル名を指定して実行」の「名前」で「powershell」と入力して「OK」ボタンをクリックするか、タスクバーのプロパティで「コマンドプロンプト」を「powershell」に変更するかで使えます。UNIXに慣れている人は「powershell」に変更しておいたほうが使いやすいかもしれません。

win40-4

2.Shutdownコマンドの引数

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

Windowsタスクマネージャーの機能とは?起動方法と活用法

Windowsには非常に多くの …

Facebookでのご購読が便利です