Home / Microsoft / Windows / WindowsOfficeのライセンスを他のPCに移す方法

WindowsOfficeのライセンスを他のPCに移す方法

Pocket

Windowsのライセンスでも特に使われているMicrosoftOfficeのライセンスを他のPCに移す方法についてご紹介いたします。職場で圧倒的に使われているWindows。特にエクセルやワード、パワーポイントなど、MicrosoftOffice製品はほとんどの人が使ったことがあり、現在使っている人も大変多くいます。

今回は、職場、自宅でも多くの人に使われているWindowsのライセンスを移す場合の流れと、ライセンス認証の方法について説明します。特に使われているMicrosoftOffice製品の移行方法にスポットをあてていますが、Windowsライセンスの移行方法はほぼ一緒です。ちょうど、新しいPCにライセンス移行しようとしていた方や、ライセンスの移行方法が分からなく困っていた方、そもそもライセンスって何?という方まで、お時間ある際にでも、ご覧いただければ幸いです。

スポンサーリンク

ライセンスとは

ソフトウェアメーカーが購入者に対して許諾するソフトウェアを使用する権利のことで、使用権です。基本的に1ユーザー、1PC単位です。ライセンス使用料がかかります。

WindowsのOfficeのライセンスを他のPCに移す方法について

ここでは、ライセンス移行に関して、Microsoft社の条件(前提)と、ライセンス移行に関する流れを記しています。細かい詳細などで不明点があれば、MicrosoftホームページもしくはMicrosoft社にお問い合わせください。

Microsoftのライセンス移行に関する見解

「Microsoftのライセンス移行に関する見解について」
以下、Microsoftのホームページより抜粋しています。
『MicrosoftOffice製品は、原則として1台のコンピュータにのみインストールすることが認められています。但し、MicrosoftOfficeがインストールされらコンピュータを使用する特定の1人が専用に使用するという条件において、別のノート型コンピュータなどの携帯用デバイス1台に、インストールすることが認められています。「携帯用デバイス」とは、形状の問題ではなく、形態の用途として使用するコンピュータを指しています。2台のコンピュータがともにノート型コンピュータの場合は、使用する人が特定の1人に限られており、かつ主に使用するコンピュータと携帯用のコンピュータであれば、インストールは可能です。2台以上のデスクトップ型コンピュータへのインストールや、不特定の人が使用したり、携帯用でない2台のノート型コンピュータへのインストールは認めたれていません。また、コンピュータやハードウェア購入時に既にインストールまたは添付されていたOEM版のOfficeに関しては、同梱されたコンピュータ以外では使用することはできません。詳細につきましては、製品に付属されている使用許諾契約書をご確認ください。複数台のコンピュータにOffice製品をインストールする場合、ボリュームライセンスパッケージでの購入をお勧めいたします。』

これは、原則、1台のコンピュータにしかインストールすることはできないですが、使う人が「この人」と決まっていて、他の人が使わないのであれば、別に1台まではインストールして良いですよ。ということです。ただし、ノート型パソコンであればOKで、デスクトップ型パソコンであればNGです。当然、別の人が使用するのであればNGということです。

ライセンス移行する手順

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

【Windows10】パソコン画面が真っ暗になる意外な原因3つ

現在、パソコンをお使いの方であ …

Facebookでのご購読が便利です