Home / Microsoft / Windows / Windowsのプロダクトキーを調べる方法

Windowsのプロダクトキーを調べる方法

Pocket


プロダクトキーを利用したWindowsのライセンス認証の方法はOSのバージョンによって徐々に変わってきています。ライセンス認証に必要なプロダクトキーは、Windows7まではインストール時に毎回入力が必要でしたが、Windows8以降は一度ライセンス認証されていれば、それ以降はプロダクトキーの入力が必要なくなりました。

また、メーカー製のパソコンでWindows8が既に入っている場合は、製造時にライセンス認証が済んでいるため、購入者はプロダクトキーを入力する必要は全くなくなりました。その結果、Windows8シリーズ以降ではWindowsのプロダクトキーが購入者に示されないようになっています。

しかし、トラブルシューティング等ではプロダクトキーを必要とする場合があり、普段はプロダクトキーの番号を分からなくても、必要な時に調べられるようにしておくことが大切です。本記事では、Windowsのプロダクトキーの種類と、プロダクトキーを調べる方法について確認していきます。

Windowsユーザーで使用しているパソコンのプロダクトキーが必要になったという方は、是非本記事を参考に調べてみて下さい。

スポンサーリンク

1.Windowsのライセンスの種類とプロダクトキー

Windowsは、いくつかの形態で提供されています。いわゆるパソコンで使う場合の代表的な形態は次の3つです。

  • メーカー製のパソコンにプリインストールされているOEM版
    パソコンを買ってくると、最初からWindowsがインストールされています。このWindowsがOEM版です。ユーザーが、一番安くWindowsを手に入れる方法です。特にWindows8.1から採用されたWindows8.1 with bingは、パソコンメーカーが無料でプリインストールできます。そして、1年間の期間限定とはいえ、Windows10へのアップグレードが無償ですので、Windows10が実質無料で提供できます。ただし、他のパソコンにインストールすることはできません。
  • 単体のWindows
    Windowsのパッケージ版です。どのWindowsマシンでも、1台に限りインストールすることができます。好きなパーツを組み合わせて自分で組み立てたパソコンでも、インストールして使うことができます。新しいWindowsが出ればアップグレードすることも可能です。ユーザーに自由度がある分、他のWindowsに比べて高価です。
  • DSP版
    DSP版のWindowsとは、パーツと一緒に売られていて、そのパーツを使うパソコンにWindowsをインストールするパッケージのことです。Windows8シリーズ以降は購入したパーツと一緒に利用するという制限がなくなったため、単体のWindows等と比較しても、アップグレードができなかったりと制限があります。購入したライセンスには規定がしっかりと書かれているはずですので、規定を確認して利用するということになります。

2.Windowsのライセンス認証の仕組み

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

prt scより使いやすい!snipping toolの3つの機能

スクリーンショット用のソフトと …

Facebookでのご購読が便利です