Windowsでログイン時のパスワード入力を省略する方法

LINEで送る
Pocket

win66-1
Windowsにログイン(サインイン)するときには初期状態ではパスワードの入力が必要です。このWindowsでログイン時のパスワード入力を省略する方法もあります。

そんな、Windowsでログイン時のパスワード入力を省略する方法をご紹介します。

スポンサーリンク

1.パスワード入力とセキュリティー

もちろん普段からパスワード入力を省略していたらセキュリティー上の問題があります。また、アカウントに関連付けられているインターネットアカウントを悪用されると、個人的な被害だけでは済まない場合もあります。

でも、ネットに接続せずにスタンドアローンで利用する単機能のWindowsマシンなら、ログイン時のパスワード入力を省略すると便利です。例えば、展示会などで、スライドショーを流しっぱなしにするとか、特定のアプリケーションを立ち上げたままにするとか、パソコン販売の展示品などです。

このようなパソコンでは、Windowsでログイン時のパスワード入力を省略して、スタートアップに所定のプログラムを登録して、電源を入れるとそのまま立ち上がってそのプログラムを実行するように設定します。単純にパスワードを削除すると、関連しているアカウントのパスワードごと削除されます。パスワードを完全に削除されたパソコンでは、セットアップのためにネットワークにつなぐにもセキュリティーの問題があります。

また、一人暮らしの部屋などで、物理的に自分しか電源ボタンに触れられないパソコンの場合は、ログイン時のパスワードは必要なさそうです。でも、ネットワーク経由での侵入を防ぐためにはやっぱりパスワードを削除するわけにはいきません。そんな時には、アカウントのセキュリティーは確保したまま、起動時だけ一時的にパスワードを省略する「自動サインイン」設定を利用します。

2.「netplwiz」を利用してWindowsでログイン時のパスワード入力を省略する

Windowsでログイン時のパスワード入力を省略するには「netplwiz」を利用します。

「Windows」キーを押しながら「R」キーを押します。「ファイル名を指定して実行」ウィンドウが表示されますので、「名前」欄に「netplwiz」と入力して「OK」ボタンをクリックします。

win66-2

「ユーザーアカウント」ウィンドウが立ち上がります。「ユーザー」タブを選択して、「ユーザー名」からログイン時のパスワード入力を省略するユーザーを選択して、「ユーザーがこのコンピューターを使うには、ユーザー名とパスワードの入力が必要」のチェックを外して「OK」ボタンをクリックします。

win66-3

「自動サインイン」ウィンドウでパスワードの確認が求められますので、入力して「OK」ボタンをクリックします。

win66-4

これで「自動サインイン」の設定が終了しました。「再起動」して確認します。

3.パスワードで保護されたユーザーと切り替える

「自動サインイン」を設定したパソコンでは、電源を入れると、「自動サインイン」を設定したユーザーで立ち上がります。

ログイン手順そのものを省略しているのです。でも、パスワードの設定は残っています。試しに「サインアウト」してみると、サインアウトしてログイン画面が立ち上がります。

win66-5

ログイン画面では、通常通りパスワードの入力が求められます。また、「自動サインイン」を設定すると、他のユーザーが登録してあっても、「自動サインイン」を設定したユーザーで起動します。他のユーザーで利用するには「Ctrl」キーと「Alt」キーを押しながら「Delete」キーを押して「ユーザーの切り替え」を選択して切り替えます。

「自動サインイン」は便利ですが、電源を入れることができる人はだれでもサインインが可能になります。ネットワークのサービスに関連付いているアカウントにサインインできると、ネットワークサービスすべてにサインインできるということです。

「自動サインイン」は特殊な設定なのです。この特殊な設定だということを認識して、安全に便利に利用したいものです。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です