Windowsのパスワードの設定・変更方法と忘れてしまった時の対処方法

LINEで送る
Pocket

コンピュータ内は個人情報の固まりです。第三者が自由に見ることのできるような状況は極力避けるべきです。

私的利用のPCはもちろん、オフィスなどで使用しているPCについても、会社の情報漏えいなどの観点から、パスワード設定をしておくべきです。PC利用は「自己責任」の部分が大きいので、他に迷惑をかけないためにも、ユーザー自身でパスワードをしっかり設定して、保守していくことが大事です。

本記事では、Windowsのパスワード設定・変更方法および、忘れてしまった時の対処について説明します。なお、ここで言うWindowsのパスワードとは、起動時に入力を求められ、そのPC自体にログインする「ログインパスワード」に限定します。

LANやインターネットへのログインパスワードとは異なりますので、ご了承ください。

スポンサーリンク

1.Windowsのパスワードの設定・変更方法

1.パスワードの必要性

冒頭でも触れましたが、

  1. 個人情報の漏えいを防ぐ
  2. 会社情報の漏えいを防ぐ

上記観点から、Windowsにパスワードを設定することは非常に重要というか、もはや必須事項です。中身を直接覗かれることを防止するだけでなく、ネットワーク経由の不正アクセスに対しても有効です。

1台のPCを複数人で使用している場合、たとえ家族間でも各個人ごとにユーザーとパスワードを設定しておくと、プライバシー保護になります。

オフィス等で使う社内PCでは、情報漏えい等発生すると自分だけでなく会社全体に迷惑をかけることになりますので、そうならないよう対処しておくことが重要です。パスワード設定は、その第一歩です。

2.推測されにくいパスワードとは?

推測されにくいパスワードとは、どのようなものを指すのでしょうか。単純にセキュリティの観点から言うと、英数字や記号を適当に組み合わせたものがベストですが、それだと自分自身も忘れてしまう恐れがあります。忘れるからと言って、メモをPCに貼り付けておくのも良くありません。

自分にしかわからないルールを作り、それに則ったパスワードにするのがベストでしょう。

文字の種類はいろいろ組み合わせる

数字のみ、英数小文字のみといったものではなく、英小文字(a~z)、英大文字(A~Z)、数字(0~9)、記号を組み合わせたものにしましょう。

推測されやすいものは避ける

ATM(自動現金預け払い機)に、「暗証番号は誕生日など、推測されやすいものは避けましょう」などど書かれているのを見られたことがあると思いますが、Windowsのパスワードでも同じことが言えます。

推測されやすいパスワードとは、自分の誕生日、名前、電話番号など、あなたのことを知っている方なら容易に推測がつくようなものです。また、”password”など、英単語そのままというのもあまり良くありません。

文字数を多くする

文字数があまりにも少ないと、その分パスワードを破られる確率も高くなります。できれば10文字以上が望ましいと思われます。

ルールを作る

とは言われても、じゃあどうすればいいの?という方は、自分だけのルールをつくってしまう方法があります。
例えば、

    1.アルファベットを一つづつずらす

  1. “password”→”qbttxpse”
  2. 全部変えると入力が大変ですので、最初の3文字だけ変えるとか、工夫が必要かもしれません。
    2.母音を省く

  1. “yamadakoichi”→”ymdkch”
  2. 短くなりますので、これだけではあまりよくありません。
    3.iを1,aを@,o(オー)を0(ゼロ)にする

  1. “yamadakoichi”→”y@m@d@k01”

上記は一般的な方法ですが、これらを組み合わせることで強力なパスワードができます。
また、変わった方法として

    4.覚えたい英単語を足して入れ、覚えたら他のものに変える

  1. 英語学習者しか必要ないかもしれませんが、毎日入力していたらイヤでも覚えられます。
  2. 単語だけだと危ないので、1.~3.で作ったパスワードに追加する形にします。

など、いろいろ考えられます。

大事なのは、一つだけの方法に頼るのではなくいろいろ組み合わせることと、パスワードそのものを忘れてしまっても思い出せる「法則」を自分で決めておくこと、そして、その法則は誰にも言わないこと、です。

また、パスワードは同じものを使い続けるのではなく、定期的に変更することも重要です。

3.WindowsXPとVistaのパスワード設定・変更方法

(筆者はWindowsXP/Vistaの環境がありませんので、文字のみでご了承ください)
1.「スタート」をクリックし、メニューより「コントロールパネル」を選択します。
2.「ユーザーアカウント」をクリックします。
3.「サインインオプション」より、該当ユーザーをクリックします。
4.「パスワードを作成する」をクリックします。
5.「新しいパスワードの入力」および「新しいパスワードの確認入力」欄に、新しいパスワードを入力します。

4.Windows7のパスワード設定・変更方法

(筆者はWindows7の環境がありませんので、文字のみでご了承ください)
1.「スタート」をクリックし、メニューより「コントロールパネル」を選択します。
2.「ユーザーアカウントと家族のための安全設定」をクリックします。
3.「ユーザーアカウント」をクリックします。
※環境によっては、2.は不要で1.→2.となる場合があります。
4.「ユーザーアカウントの変更」ウインドウが開きますので、「個人用パスワードの変更」をクリックします。
5.「現在のパスワード」に現在のパスワードを、「新しいパスワード」と「新しいパスワードの確認」に、新しいパスワードを入力して、「パスワードの変更」ボタンをクリックします。

5.Windows8/8.1のパスワード設定・変更方法

(筆者はWindows8/8.1の環境がありませんので、文字のみでご了承ください)

Windows8/8.のでは、「Microsoftアカウント」パスワードの変更と、「ローカルアカウント」のパスワード変更の2つがあります。ここでは、「ローカルアカウント」で説明します。
Windows8/8.1はスタートボタンがありませんので、他のWindowsと比べると方法が若干特殊です。
1.Windowsキーを押しながら”X”キーを押すとメニューが現れます。
2.メニューより「コントロールパネル」を選択します。
3.「ユーザーアカウントと家族のための安全設定」をクリックします。
4.「ユーザーアカウント」をクリックします。
5.「PC設定でアカウント変更」をクリックします。
6.「個人用パスワードの変更」をクリックします。
7.既にパスワード設定している場合は、現在のパスワード入力画面が現れるので入力し、「次へ」ボタンをクリックします。
※設定していない場合はこの項は飛ばされます。
8.「新しいパスワード」および「パスワードの確認入力」欄に、新しいパスワードを入力し、「次へ」ボタンをクリックします。
9.「完了」ボタンをクリックすると設定完了です。

6.Windows10のパスワード設定・変更方法

Windows10では、「Microsoftアカウント」パスワードの変更と、「ローカルアカウント」のパスワード変更の2つがあります。ここでは、「ローカルアカウント」で説明します。
1.「スタート」をクリックし、「設定」を選択します。
※環境によっては、「設定」は、歯車のアイコンの場合があります。
2.「設定」画面から「アカウント」をクリックします。

pass_1

3.左のメニューより、「サインインオプション」をクリックします。
4.「パスワード」欄にある「変更」ボタンをクリックします。
5.「個人用パスワードの設定」画面で、現在のパスワードを入力し、「次へ」をクリックします。

6.「新しいパスワード」および「パスワードの確認入力」欄に、新しいパスワードを入力します。「パスワードのヒント」欄も、入力を強制されますのでひとまず入力します。ここはなんでもOKです。

7.「完了」をクリックすると変更完了です。

pas_04

7.パスワードのヒントを活用

WindowsXP/Vista/7/8/8.1/10すべてにおいて、新しいパスワードヒントが設定できます。パスワードを忘れてしまった際、思い出すヒントを入力しておくものですが、思い出せるということは第三者でも推測ができるということです。セキュリティ面を考えると使わない方がよいかもしれません。

実際のところ、私自身この機能に助けられたことは一度もありませんし、パスワードをを工夫して忘れにくいものにする方が大事だと思います。

Windowsのバージョンによっては、入力を強制されます。その場合は「秘密」とか、あまり関係ない語句を入れておいた方が無難かと思います。

8.Windowsのパスワードをコマンドラインから変更する方法

Windowsパスワードをコマンドライン(コマンドプロンプト)から変更する場合は、”net user”というコマンドを使用します。

1.「スタート」ボタンを押し、「コマンドプロンプト」で右クリックし「管理者として実行」を選択します。
※Windows8/8.1では、Windowsキー+”x”でメニューを表示し、「コマンドプロンプト(管理者用)」をクリックします。

2.コマンドを入力し、enterキーを押せば変更完了です。

    構文

  1. >net user testuser passchange
  2. ・span user :コマンド
  3. testuser:パスワードを変更するユーザ名
  4. passchange:新パスワード…この例の場合、新しいパスワードは passchange となります。
dospass

 

2.Windowsのパスワードを忘れた時の対処法

パスワードは忘れないようにするのが一番ですが、長らく使っていなかった共用端末などで、パスワードを失念してしまうことがあります。その場合の対処について説明します。

なお、Windowsユーザーには、企業などでよく使われる「ドメインユーザ」と、一般に使われる「ローカルユーザ」があります。ドメインユーザーのパスワード管理(リセット)については、ネットワーク管理者に対処してもらう他方法がないので、ここではローカルユーザーに話を限定します。

1.管理者以外のアカウントの場合

Windowsには、そのPCの管理者権限を持つ”Administrator”(アドミニストレータ)というユーザが最初から用意されています。

Administratorは全ユーザーの管理・変更ができます。つまり、Administratorでログインすれば、あらゆるユーザーのパスワードを変更できることになります。

ただし、OSによってはログイン時にAdministratorが選べない、入力できない、初期状態では無効、等々ありますので、あらかじめ下記設定をしておきましょう。なお、Administratorを有効にした直後のパスワードは「なし(空欄)」になっています。そのままでは危険ですので別途、Administratorのパスワードも設定してください。

WindowsXP

XPの初期状態では、ログイン画面が「ようこそ」画面になっていますが、このままではAdministatorが選択できませんので、「クラシックログイン」画面に予め変更しておきます。

  1. 1.「スタート」→「コントロールパネル」をクリックします。
  2. 2.「ユーザーアカウント」→「ユーザーのログオンやログオフの方法を変更する」をクリックします。
  3. 3.「ようこそ画面を使用する」のチェックを外し、「オプションの適用」ボタンをクリックします。

次回起動時より、クラシックログオン画面になり、ユーザー名を直接入力できるようになります。
他ユーザーのパスワードを忘れてしまった場合は、「ユーザー名」欄にAdministrator、「パスワード」欄にAdministratorのパスワードを入力してログイン後、上述の「WindowsXPとVistaのパスワード設定・変更方法」を実施してください。

Windows Vista

Vistaの初期状態では、ログイン時Adminisratorが選択できない(無効となっている)ようになっていますので、予め有効にしておきます。

    手順

  1. 1.「スタート」→「コントロールパネル」→「システムとメンテナンス」を選択します。
  2. 2.「管理ツール」を選択します。
  3. 3.「コンピュータの管理」をダブルクリックします。
  4. 4.「ユーザーアカウント制御」画面が現れた場合は、「続行」ボタンをクリックします。
  5. 5.「コンピュータの管理」画面が開きますので、左の階層を「システムツール」→「ローカルユーザーとグループ」→「ユーザー」の順に下って行きます。
  6. 6.「Administrator」をダブルクリックします。
  7. 7.「Administrator」の「全般」タブ画面の、「アカウントを無効にする(B)」のチェックを外します。

これで、起動時のログイン画面でAdministratorがクリックで選択できるようになります。他ユーザーのパスワードを忘れてしまった場合は、Administratorでログインし、上述の「WindowsXPとVistaのパスワード設定・変更方法」を実施してください。

Windows 7

7の初期状態では、ログイン時Adminisratorが選択できない(無効となっている)ようになっていますので、予め有効にしておきます。手順については、上記Vistaの手順1.の「システムとメンテナンス」を「システムとセキュリティ」に読み替えていただければ、他は全く同じ手順でできます。

Windows 8/8.1

【注意】この項では「ローカルアカウント」の説明をします。Microsoftアカウントとは違いますのでご注意ください。

8/8.1の初期状態では、ログイン時Adminisratorが選択できない(無効となっている)ようになっていますので、予め有効にしておきます。8/8.1は他のWindowsと方法が異なっており、コマンドプロンプトから実施します。

    手順

  1. Windowsキー+”x”でメニューを表示し、「コマンドプロンプト(管理者用)」をクリックすると、コマンドプロンプトが起動します。
  2. 2.net user administrator /active:yes と入力し、Enterキーを押します。

これで、次回ログイン時よりAdministratorが選択できるようになります。
他ユーザーのパスワードを忘れてしまった場合は、Administratorでログインして、該当ユーザーのパスワードを変更してください。
上述の「8.Windowsのパスワードをコマンドラインから変更する方法」が手っ取り早いかもしれません。

Windows 10

【注意】この項では「ローカルアカウント」の説明をします。Microsoftアカウントとは違いますのでご注意ください。
10の初期状態では、ログイン時Adminisratorが選択できない(無効となっている)ようになっていますので、予め有効にしておきます。

    手順

  1. 1.タスクバーの「検索フォーム」をクリックし、「管理」と入力します。
  2. 2.メニューから「コンピュータの管理」を選択します。
  3. 3..「コンピュータの管理」画面が開きますので、左の階層を「システムツール」→「ローカルユーザーとグループ」→「ユーザー」の順に下って行きます。
  4. 4.右画面の「Administrator」をダブルクリックします。
  5. 5.「Administrator」の「全般」タブ画面の、「アカウントを無効にする(B)」のチェックを外します。

これで、起動時のログイン画面でAdministratorがクリックで選択できるようになります。他ユーザーのパスワードを忘れてしまった場合は、Administratorでログインし、上述の「Windows10のパスワード設定・変更方法」を実施してください。コマンドプロンプトからの処理も可能です。

2.管理者アカウントの場合

※ここで言う管理者アカウントとは、ローカルの管理者である”Administrator”を指しますのでご注意ください。

Adiministratorは、そのPCの中では最も強い権限を持つ者です。つまり、AdministratorのパスワードはAdiministratorからしか変更できませんので、忘れてしまうと対処のしようがありません。忘れる前に、後述の「パスワードリセットディスクの用意の仕方」を実施しておいてください。

これを用意せずにパスワードを忘れてしまった場合、PCを出荷状態に戻すしかなくなります。

3.Windows 8/8.1/10でMicrosoftアカウントでサインインしている場合

Microsoftアカウントのパスワードを忘れてしまった場合、自分だけでの解決はできません。Microsoftにお願いしてパスワードをリセットしてもらう必要があります。こちらのリンク先から、「パスワードを再設定する」へ進みガイダンスに従ってください。

Microsoft アカウントのパスワードをリセットするには(Microsoft)

悪用を防ぐため本人確認が必須となっており、その分手順は複雑となっています。

    大まかな流れ

  1. 1.上記フォームより、必要事項を入力し「セキュリティコード」を要求する
  2. ※セキュリティコード通知先はメール、電話、携帯のショートメールが選べますが、Micorsoftアカウント取得時に登録しているものしか使えません。
  3. 2.本人確認として、メールアドレスや電話番号が合致してるか確認されます。
  4. 3.本人であることが間違いない場合は「セキュリティコード」が送られてきます。
  5. 4.セキュリティコードを入力し、新しいパスワードを設定します。

3.のコードを受け取るまでに約1日要します。

4.パスワード解析ソフトを使う方法

モラル的にどうなのか疑問ですが、世の中にはパスワードを解析するソフトが存在します。dministratorのパスワードを忘れてしまってもこれらのツールを使えば解析可能ですが、BIOS設定などの専門知識が必要になってきますし、手順もかなり煩雑です。結局、失敗することもあります。

できればこういう類のものは使わない方が賢明で、Administratorのパスワードをしっかり管理し、保険としてパスワードリセットディスクを作っておくことをお勧めします。

3.Windowsのパスワードの管理方法

1.パスワード管理ツールの使い方

パスワード管理ツールとは、複数アカウントのパスワードを管理・生成してくれるアプリのことです。便利ですが、デメリットもあります。

  1. 【メリット】
  2. ・パスワードを覚えなくてよくなる
  3. ・覚えなくてよいため、覚えられないような複雑なパスワードを設定でき、安全性が高まる
  4. 【デメリット】
  5. ・パスワード管理ソフトのパスワードが漏えいしてしまうと、すべてのパスワードが盗まれ全滅する
  6. ・何らかの理由でパスワード管理ソフトにアクセスできなくなると、すべてのサービスにログインできなくなる

パスワード管理ツールを使うにしても、Windowsのパスワードくらいは自分で記憶しておいた方がいいのではと個人的には思っています。

2.パスワードリセットディスクの用意の仕方

パスワードを覚えているうちにパスワードリセットディスクを作成しておくと、いざという時パスワードのリセットができ助かります。困ってからパスワード解析ツールに手を出すより、よほど賢明な方法と言えます。
【作成】
WindowsXP以降であればどのOSでも、管理ツールの「ユーザーアカウント」項目に「パスワードリセットディスクの作成」というメニューがありますので、ここから指示に従って作成します。この作業には、USBメモリやCD-Rなどのメディアが必要ですので予め用意します。

一般ユーザーのパスワード変更はAdministratorでログインすればできますので、Adiministratorの分だけ作成しておけばよいかと思います。ただし、作成したメディアの管理が杜撰だと悪用される可能性もあり意味がないので、管理は慎重に行います。

【使用】
パスワードを忘れてしまった時は、予め作成したメディアを接続し、何も入力せずにログイン操作をします。当然ながらログインできませんが、「パスワードのリセット」というメニューが表示されますので、ここをクリックします。

「パスワードのリセットウィザード」が起動し、新しいパスワードを設定できるようになります。

3.Windowsのパスワードの有効期限の設定方法

Windowsパスワードに限らず、パスワードは定期的に変更するほうが安全です。

    【有効期限の設定】

  1. 1.「コントロールパネル」から「管理ツール」を起動します。
  2. 2.「ローカルセキュリティポリシー」をダブルクリックします。
  3. 3.ウインドウの左側から「アカウントポリシー」を展開し「パスワードのポリシー」を選択します。
  4. 4.ウインドウの右側から「パスワードの有効期間」を
  5. 5.「パスワードの有効期間のプロパティ」で、日数を設定し「OK」を押します。

これで、パスワードの有効期限が設定できましたが、各ユーザーでこの設定が有効になるようにしてやる必要があります。

    【ユーザーの設定】

  1. 1.上述の「管理ツール」で、「コンピュータの管理」をダブルクリックします。
  2. 2.ウインドウの左側から「ローカルユーザーとグループ」→「ユーザー」を選択します。
  3. 3.ウインドウの右側から、該当するユーザーをダブルクリックします。
  4. 4.「パスワードを無期限にする(P)」のチェックを外します。

これで、ユーザーは定期的にパスワードの変更を求められるようになります。

4.Windowsのパスワード入力を省略する方法

パスワードの入力を省略するには、「ユーザーアカウント」で設定します。

    【設定方法】

  1. 1.「ユーザーアカウント」画面を起動します。
  2. 2.該当するユーザーをクリックします。
  3. 3.「ユーザーがこのコンピュータを使うには、ユーザー名とパスワードの入力が必要(E)」のチェックを外し、「OK」ボタンを押します。
  4. 4.「自動サインイン」画面が出ますので「パスワード」および「パスワードの確認入力」欄にパスワードを入力し、「OK」ボタンを押します。
    【「ユーザーアカウント」画面の出し方】

  1. WindowsXP/Vista/7/10:「ファイル名を指定して実行」から、control userpassword2 と入力し「OK」ボタンを押します。
  2. Windows8/8.1:Windowsキー+xキーを押し、「ファイル名を指定して実行」から netplwiz と入力し「OK」ボタンを押します。

これでパスワード入力を省略できますが、セキュリティは格段に下がりますし、入力しないでいるとパスワードを忘れることにもなりますのでお勧めしません。

まとめ

Windowsのパスワードの設定・変更方法と忘れてしまった時の対処方法をご紹介しました。情報漏えい・プライバシー流出を防ぐためにも、Windowsに適切なパスワードを設定し、管理することは非常に重要です。

Windowsパスワードをパスワードで保護しておけば第三者はPCの起動すらできませんから、「第一の砦」として、必ず設定しましょう。

パスワードの管理面においては、いざという時のためにAdministratorを使えるようにし、パスワードを設定して、パスワードリセットディスクを作成しておけば、大抵のことには対処できるようになります。PCの初期設定時、かならず実施しておきましょう。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です