MacのキーボードをWindowsで使う方法

LINEで送る
Pocket

仕事などでMacユーザがWindowsを使わなければならないような状況になった際に、困ることの1つがWindows用のキーボード操作に慣れないことだと思います。

Windowsキーボードに慣れずに、使い慣れたMac用のキーボードの操作をWindowsのパソコンで利用したいとのぞむユーザの方は意外と多くいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、MacキーボードをWindowsのパソコンに接続して利用するように設定することもできます。

本記事では、MacのキーボードをWindowsで使う方法をご紹介していきます。MacのキーボードをWindowsでも使い続けたいという方は、是非本記事を参考になさってください。

スポンサーリンク

「AppleKbWin」のダウンロード

「AppleKbWin」というフリーソフトを利用することで、非常に簡単で手軽にWindowsでMacキーボードが使えるようになります。「AppleKbWin」はWindowsを利用する必要のあるMacユーザにおすすめのフリーソフトです。

「AppleKbWin」は、Vectorからダウンロードいただけます。

以下、「AppleKbWin」でできることと操作方法とできることを説明いたします。

3秒で理解できる「AppleKbWin」の操作方法

「AppleKbWin」は、フリーソフトであるにも関わらずMacユーザにはうれしい高機能なソフトではありますが、操作方法は単純です。

ダウンロードした「AppleKbWin」を解凍後、ソフトウェアを起動して必要な項目にチェックを入れるだけです。ソフトウェアのタブ(画面)はたった4つだけです。その4つのだけでWindowsでMacキーボードを利用するためのいろいろな設定を行うことができます。

後述しますが、1度操作をしてしまえば改めて操作する必要がないように、スタートアップに登録して利用し続けることできます。

AppleKbWinでできること – 1)キーの入れ替え

key_irekae

ここでは、「command」「option」「control」キーなどを任意のキーに入れ替えることができます。
たとえば、「command」のキーを「Ctrl」に割り当てることができます。

AppleKbWinでできること – 2)スクリーンショット

screen_shot

ここでは、スクリーンショットの方法を設定できます。
Macのように「command」「shift」と「3(4)」で取得する等の設定ができます。

AppleKbWinでできること – 3)日本語の切り替え

nihongo_iregae
ここでは、「かな」キーで日本語、「英数」キーで英数字に入力を切り替えするなどの「日本語と英数字の切り替え」の設定をしたり、 大小文字の切り替えを「Caps Lock」だけでONにする「大小文字の切り替え」の設定ができます。

AppleKbWinでできること – 4)起動

kidou
ここでは、「AppleKbWin」をスタートアップに登録する設定ができます。

ここにチェックを入れておけば、パソコンを立ち上げるたびにいちいち「AppleKbWin」を起動させる必要がなくなり便利です。WindowsでMacキーボードを使い続ける場合には、こちらにチェックを入れておくことをお勧めいたします。

MacのキーボードをWindowsで利用する方法のまとめ

説明をご覧いただいてわかる通り、「AppleKbWin」を利用することで、WindowsでMacキーボードをほんの数ステップの 手順にて使えるようになってしまいます。

これだけでも、MacユーザがWindowsを利用するハードルが低くなるのではないでしょうか。Macユーザの皆さん、Macキーボードを使って快適にWindowsを使ってください!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です