Home / Windows / WindowsからMacに移行した人がぶつかる壁と解決方法

WindowsからMacに移行した人がぶつかる壁と解決方法

Pocket

パソコン②

今回はWindowsかたMacに移行した場合に、操作方法の違いから、多くの人が最初に困ってしまうことと、その解決方法について紹介しています。
デザイン性やiPhoneやiPadとの連携などにより、Macのパソコンを利用する人が増えています。WindowsからMacに移行すると、WindowsとMacの操作性の違いにほとんどの方が始めは戸惑います。

今回、「ショートカットキーの違い」「ファンクションキーの違い」「日本語、英字入力の切り替え方法の違い」「小さい文字の入力の仕方の違い」「deleteとbackspaceキーの使い方の違い」「スクリーンショットの撮り方の違い」「Macでのマウス操作の違い」「初期設定の方法の違い」「アプリのアンインストール方法の違い」の9項目について紹介しています。

丁度、今のタイミングでWindowsからMacへ移行した方、これからMacへの移行を検討している方は、最初に戸惑う前に目を通していただき、スムーズに対応できるように予備知識として、ご覧になられておくことをオススメいたします。

スポンサーリンク

WindowsからMacに移行した際に壁にぶつかつ項目

◆ショートカットキーの違い

Windowsを使っている人がよく使うショートカットキーがあると思いますが、Macでショートカットキーを使う場合、少しやり方が変わります。

「Windowsの場合」全選択:Ctrl+A、コピー:Ctrl+C、ペースト:Ctrl+V、切り取り:Ctrl+Xですが、「Macの場合」commandキーがCtrlキーと同じ役割をします。そのため、全選択:command+A、コピー:command+C、ペースト:command+V、切り取り:command+X、となります。

◆ファンクションキーの違い

Windowsを使っているがよく使うファンクションキー(一番上段にあるFキー)。変換やブラウザ更新、変更など、様々な場面で使うことが多いファンクションキーですが、Macの場合は、一番上段はライトの明るさの調節だったり、ボリュームの調節ボタンだったりします。

では、Windowsのファンクションキーと同じようにMacでもファンクションキーを使いたい場合は、どうするかと言うと、一番下段のスペースキーから右に3つ目のボタン「fn」キーを押しながら、一番上段のキーを押すことでWindowsのファンクションキーと同じになります。

◆日本語、英字入力の切り替え方法の違い

日本語、英字入力を切り替える場合、Windowsでは、キーボード左上の半角/全角 漢字と書いてあるキーを使えば切り替えることができますが、Macでは、異なります。一番下段のスペースキーの左に「英数」、スペースキーの右に「かな」というキーがあります。「英数」キーを押すと、英数に切り替わり、「かな」キーを押すとかな入力に切り替わります。

◆小さい文字の入力の仕方の違い

Windowsで小さい文字の「ぃ」「ょ」などを入力する際は「li」「xi」などで入力することができますが、Macの場合、デフォルトで「xi」しか使えない設定になっています。Windows同様の操作方法にしたい場合は、ことえりの設定を変更することで対応可能です。メニューバーから「あ」とか「A」という表記になっているところをクリックし、環境設定を表示を選択しクリックします。

すると別画面がポップアップしますので、入力操作の設定画面で、Windows風のキー操作のチェックボックスにチェックを入れます。そうすることでWindowsと同じ入力方法になります。また、入力補助をお使いの方は(google日本語入力など)WindowsでもMacでも入力方法は同じになりますし、速く入力することができるのでそちらを用いて同じ入力方にすることもできます。

◆deleteとbackspaceキーの使い方の違い

Windowsの場合、間違えた文字を消す際は、deleteキーとbackspaceキーとありましたが、Macはdeleteキーのみになります。また、WindowsのbackspaceキーとMacのdeleteキーが同じ動きになりますので、Windows backspaceキー=Mac deleteキーになり、カーソルの左側の文字を消していきます。

◆スクリーンショットの撮り方の違い

スクリーンショットという画面をコピーすることを行いたい際、Windowsの場合は、Print screenキーを押すだけで画面コピーをすることができたのですが、Macの場合は、print screenキーではありません。

Macでスクリーンショットを撮りたい場合は、commandキーを活用します。画面全体のスクリーンショットを撮りたい場合は、【commandキー+shiftキー+3】を押すことで画面全体のスクリーンショットが撮れます。画面全体ではなく、一部の画面のスクリーンショットを撮りたい場合は、【commandキー+shiftキー+4】を押すとマウスカーソルが+マークに変わりますので、画面コピーしたい必要な部分をドラッグします。ボタンを離すとカメラのようにカシャッと、いう音とともに選んだ部分のみのスクリーンショットを撮ることができます。

必要なウインドウのみのスクリーンショットを撮りたい場合は、【commandキー+shiftキー+4+spaceキー】を押します。そうするとカーソルがカメラマークに変わりますので、撮りたいウインドウをクリックすれば、スクリーンショットを撮ることができます。

◆Macでのマウス操作の違い

「右クリック」Windowsの場合は、右クリックを多様していたと思いますが、Macの場合ボタンは1つしかありません。(Appleのマウスの場合)これは、システムの環境設定の変更により対処できます。まず、システム環境設定を開いて、マウスをクリックします。

そこで、副ボタンのクリックのチェックボックスをチェックし、設定完了すれば右クリックが使えます。また、Macでマウスを使う場合、Windowsとはスクロールの方向が逆になります。これはタッチパッドでのスクロールの方向と同じ方向になっているからです。そのため、Windowsでは上にスクロールしたつもりが、Macでは下にスクロールし、Windowsでは下にスクロールしているつもりが、Macでは上にスクロールします。

これは、システム環境設定の変更でWindowsを同じスクロール向きに変えることができます。システム環境設定を開き、マウスをクリックします。そして、スクロールの方向:ナチュラルのチェックを外します。これで、Windowsとスクロール方向が一緒になります。

◆初期設定の方法の違い

最初の初期設定からWindowsとMacは異なります。Macでは、言語設定を終えると、タイムゾーン設定へと移行します。タイムゾーン設定の際に、エリアを変更したい場合は、地図上をクリックする必要があります。世界地図の中の日本にカーソルを合わせ、クリックすれば日本に設定されます。

◆アプリのアンインストール方法の違い

アプリのアンインストールをしたい場合、Windowsの場合は、アンインストーラーでアンインストールするか、アプリケーションの追加と削除などでアプリケーションを消したりしていましたが、Macの場合は、アプリケーションをゴミ箱へドラッグしてゴミ箱へ入れるだけでアンインストールが完了します。非常に簡単な操作で対応することができます。

まとめ

今回WindowsからMacへ移行した際に、多くの人が最初に戸惑う点と解決方法について9項目ご紹介いたしました。戸惑う点に関しては、本当に基本的な内容を中心にしていますが、文字入力やマウス、初期設定、アンインストール、スクリーンショットの撮り方など、Windowsでは当たり前にやっていたことが、そうではなくなりますので、操作方法が分からないと、ちょっとしたストレスになってしまいます。

ただし、始めは操作方法に慣れるまで大変だったとしても、1週間もすれば、Macの操作方法に慣れて、今度はWindowsを使う際に違和感を感じたりすることが増えてきます。両方を体験することで、WindowsとMacのそれぞれの良し悪しや特徴を体感することができ、どちらが自分には合っているのかも確認することができますので、できる限りWindowsとMacと両方を1度は使われて、体感することをオススメいたします。

Pocket

スポンサーリンク

Check Also

e23cddedba00c063db7feb19728aee7e_t

iPhoneでテザリングを設定する方法と注意点

意外と知られていないテザリング …

Facebookでのご購読が便利です