Windowsでデスクトップのアイコンを変更する方法

LINEで送る
Pocket

win48-a
いつも使っているWindowsですから、デスクトップの壁紙を変更している人も多いかと思います。でも、壁紙を変更すると、アイコンが壁紙のテイストと異なって、しっくりこないときもあります。

そんな時にはデスクトップアイコンを変更したくなります。

デスクトップアイコンの変更方法は、システムファイルかショートカットかで異なります。

スポンサーリンク

1.ショートカットのデスクトップアイコンの変更方法

ショートカットのデスクトップアイコンを変更するには、目的のアイコンで右クリックして、表示されたメニューから「プロパティ」を選択します。

win48-b

「目的のファイルのプロパティ」ウィンドウで「アイコンの変更」ボタンをクリックします。

win48-c

「アイコンの変更」ウィンドウで新たに設定したいアイコンを選択します。

win48-d

2.システムアイコンの変更方法

システムアイコンの変更は、「デスクトップアイコンの設定」ウィンドウで変更します。

「デスクトップアイコンの設定」ウィンドウの起動方法は、Windowsのバージョンによって少し変更方法が異なりますが、基本は同じです。

デスクトップのアイコンのないところで右クリックして「個人設定」を選択します。

win48-1

以下はWindows10の画面キャプチャです。

「パーソナル設定」ウィンドウの左メニューから「テーマ」を選択します。「関連設定」の「デスクトップアイコンの設定」をクリックします。

win48-2

「デスクトップアイコンの設定」ウィンドウが立ち上がります。「デスクトップアイコン」にはシステムアイコンの一覧が表示されています。ここにチェックを入れたシステムアイコンがデスクトップに表示されます。

下のアイコンを選択して「アイコンの変更」ボタンをクリックすると「アイコンの変更」ウィンドウが表示されます。

win48-3

同じ「アイコンの変更」ウィンドウですが、ショートカットアイコンの時と並んでいるアイコンが少し異なります。これはアイコンファイルがショートカットアイコンでは「shell32.dll」で、システムファイルでは「imageres.dll」と異なるためです。

もちろんシステムファイルのアイコンで「shell32.dll」を参照して指定することも可能です。

win48-4

3.デスクトップのアイコンを自分で作成する

自分でアイコンを作成して、そのアイコンを利用することもできます。

とはいっても、デジタルカメラで撮影したJPEGフォーマットの画像を、そのままアイコンとして利用することはできません。アイコンとして利用するためには、アイコン用のファイルにする必要があります。

一般の画像ファイルからアイコンファイルに変換するソフトもたくさんありますが、Windows標準ソフトの「ペイント」で作成することも可能です。

アイコンを作成するポイントは、「BMP」フォーマットの画像、32ピクセルの正方形、拡張子は「ico」とすることの3つです。

「ペイント」で32ピクセル四方の画像を作成して、「ファイル」タブの「名前を付けて保存」を選択して、「BMP 画像」をクリックします。

win48-e

適切なフォルダを指定して、わかりやすいファイル名を付けて、「.」の後ろの「.bmp」を「.ico」に変更して保存します。

win48-f

自分で作成したアイコンを指定するには「アイコンの変更」ウィンドウで「参照」ボタンをクリックして先ほど保存したファイルを指定します。

win48-g

表示されたアイコンを指定して、「OK」ボタンをクリックします。

win48-h

「プロパティ」のウィンドウで「OK」ボタンをクリックします。

デスクトップアイコンが、作成したアイコンに変更できました。

win48-i

デスクトップのテーマに準じてシステムアイコンも変更はされますが、なかなか気に入った表示にならないこともあります。そんな場合はアイコンをお気に入りに変更してみましょう。

システムアイコンならば「規定値に戻す」ボタンがありますし、ショートカットは作り直せば元に戻せます。

恐れずに、ぜひ一度挑戦してみてください。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です