Home / Windows / Windowsのエクスプローラーの基本的な使い方

Windowsのエクスプローラーの基本的な使い方

Pocket

Windowsには、ファイル操作ツールとして「エクスプローラー」が標準で装備されています。Windowsユーザーは知らないうちに利用していると思います。

今さらですが、このWindowsのエクスプローラーの基本的な使い方をおさらいしたいと思います。余談ですが、WindowsVistaまでは表記が「エクスプローラ」となっていましたが、Windows7から「エクスプローラー」と変更になっています。

スポンサーリンク

 

1.Windowsのエクスプローラーを起動する

「エクスプローラー」を起動する最も手っ取り早い方法は「Windows」キーを押しながら「E」キーを押す方法です。

Windowsのショートカットキーはたくさんありますので、慣れるまでは混乱するかもしれませんが、Windowsのバージョンに関係なく利用できますので、一度覚えれば利用価値の高いショートカットキーです。

win63-2

次に多くのバージョンで利用できる方法が、デフォルトでは画面左下にある「Windows」ロゴをクリックして、「すべてのアプリ」から「Windowsシステムツール」の中にある「エクスプローラー」をクリックする方法です。

ほかの方法はWindowsのバージョンによって異なります。Windows10だと、デフォルトではタスクバーにショートカットが配置されています。また、設定で消していなければ、「Windows」ロゴをクリックして表示されるメニューの中に「エクスプローラー」が表示されます。

win63-3

もう少し確実なのは「Windows」ロゴを右クリックして、メニューから「エクスプローラー」をクリックします。

win63-4

2.エクスプローラーの設定

標準設定のエクスプローラーでは使いにくい場合があります。例えばファイルの「拡張子」。デフォルトでは、登録されている拡張子は表示しない設定になっています。

また、隠しファイルや隠しフォルダなどは表示されない設定になっていますが、隠しフォルダとなっている「ProgramData」などを操作する機会は多いものです。

「エクスプローラー」の設定を変更するには、Windows10では、「エクスプローラー」を立ち上げて「表示」タブの「表示/非表示」にあるチェックボックスで指定するか「オプション」をクリックします。

win63-5

Windows8.1以前なら、「コントロールパネル」の「デスクトップのカスタマイズ」から「エクスプローラーのオプション」を選択します。

win63-6

「フォルダーオプション」ウィンドウで「表示」タブの「詳細設定」で希望のオプションを選択します。設定をすべてのフォルダに適用したい場合は「(すべての)フォルダに適用」ボタンをクリックします。

win63-7

3.エクスプローラーの基本的な使い方

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

DVD

自作DVDが作れる!windowsでDVD書き込みする時の3ステップ

あなたはDVDを自作したことが …

Facebookでのご購読が便利です