Home / Wi-fi / Wi-fiのパスワードを忘れてしまった時の調べ方

Wi-fiのパスワードを忘れてしまった時の調べ方

Pocket

win46-1
出典:NEC Aterm 設定画面

Wi-fiは、とっても便利ですね。ケーブルが不要ですし、設定も簡単ですので、気軽に使えます。でも、気軽な反面しっかりとしたセキュリティ対策を施さないと、通信内容が傍受されたり乗っ取られたりします。

そのセキュリティ対策の一つが「暗号化」です。これはWi-fi親機と、接続された子機との間のやり取りを暗号化することで、傍受されても通信内容を読み取れないようにしています。

では、その肝心なパスワードを忘れてしまった場合、どうすればよいのでしょうか?
今回は、Wi-fiのパスワード管理の仕組みをご説明し、パスワードの確認の仕方についてご説明いたします。

スポンサーリンク

Wi-fiのセキュリティの仕組み

1.Wi-fiで使われる暗号化

暗号化方法にもいくつか種類がありますが、Wi-fiで一般的に利用されているのは「WPA(Wi-Fi Protected Access)」と「WPA2」です。

「WPA/WPA2」は、名前の通りWi-fiの認証団体であるWi-Fi Allianceが策定したネットワークセキュリティのアルゴリズムです。

「WPA」以前にはIEEEが策定した「WEP」がありましたが、すぐに脆弱性が発見されて、十分なネットワークセキュリティが確保できませんでした

「WEP」では、悪意を持って解析されるとすぐに破られてしまいます。現在も「WEP」は残っていますが、悪意ある第三者にはまったく効果がありません。

2.Wi-fiのパスワード(暗号化キー)

一般にWi-fiで「パスワード」と呼んでいるのはこの暗号化に使われる「暗号化キー」です。この「暗号化キー」は1台のWi-fi親機に1つ割り当てられています。そして、その親機に接続するすべての子機が共通で使います。

そして、その親機の「暗号化キー」を知っている人は誰でもその親機に接続できるのです。

「WPA/WPA2」では「パスワード(暗号化キー)」で接続を確立した後は、頻繁に一時的な暗号化キーを設定して通信しています(TKIP:Temporal Key Integrity Protocol)。

ですから、Wi-fiのパスワードを知っていればそのWi-fi親機に接続できますが、パスワードを知っているからと言って、通信を傍受して解読できるわけではありません。そのため、Wi-fiのパスワード(暗号化キー)は一般のパスワードに比べて、幾分大らかな管理となっています。

セキュリティ設定は必ずする

なお、パスワード設定がきちんとされているのでしたら良いのですが、昨今街中でも増えている「パスワード設定なし」「オープン」のネットワークは絶対に使用しないようにしましょう。

上記の通り、厳格にセキュリティ設定がなされている理由は、それだけ通信内容を読み取られてしまうことが危険だからです。

最近では、スマートフォンなどで旅行先や出張先でパスワード設定なしのWi-fi接続をされる方が多くいらっしゃると思いますが、その通信内容を悪意のある第三者に読み取られてしまうリスクは非常に高いです。まして、その通信の中でネットショッピングなどをしてクレジットカード情報を通信しているのであれば、極めて危険です。

また、パソコンでWi-fi通信をする際にも、確かめなければならないことがあります。それは、ご自身のパソコン自体がすでにウィルス感染(およびマルウェア感染を含む)していないかどうかです。

セキュリティ保護されたWPA/WPA2による通信をしているから安心というわけではなく、すでにウィルス感染したパソコンを使用して通信をしているのであれば、通信のセキュリティ保護は全く意味がなく、大変危険な状態であるといえます。確認のためには、セキュリティソフトを購入してウィルス感染の有無に関して定期的に検査をしたうえで、日常からセキュリティソフトによる事前対策をされることをお勧めいたします。

すでにウィルス感染したパソコンで通信をした場合に最近ニュースになっているケースだと、自分のパソコンが知らぬ間に第三者のパソコンをハッキングしていたということがあります。

悪意の第三者がウィルスを自分のパソコンに忍び込ませ、自分のパソコンをハブにして他の第三者のパソコンへハッキングしていたという事例ですが、この場合にはウィルスを送り込んだ悪意の第三者を特定することは難しく、最悪、自分の責任になってしまうこともあり得ます。

そういったことに巻き込まれないためにも、
・Wi-fiのセキュリティ設定はしっかりする(パスワード設定が強固な通信を使用する)
・パソコン自体のウィルス対策をしっかりとする
ことを必ず守りましょう。

無料のWi-fiスポットを利用する時の注意点

インバウンド需要の取り込みの機運が高まるにつれ、日本国内においてもWi-fiのフリースポットを増設させる動きが強まってきました。今ではコンビニ各社やカフェ、ファーストフード店で無料Wi-fiが提供されており、接続設定をすれば簡単にインターネットにアクセスできるようになっています。月末近くで通信容量制限を超過し、通信速度が落ちてしまっている時などは無料のWi-fiスポットに接続できると非常に助かります。

しかし上記でもご紹介している通り、無料Wi-fiには不特定多数の人がアクセスすることができるため、セキュリティの観点上、重要なデータを無料Wi-fiのネットワーク上に載せることには危険性があります。そのため、クレジットカード情報やアカウントのログイン情報など、第三者に閲覧されて困る情報については、このネットワーク上では入力しないようにすることが大切です。

カフェやファーストフードショップ店などで無料Wi-fiに接続された時には、インターネットのブラウジングなどに利用を留まり、プライベートな情報を扱う時にはご家庭や職場でのWi-fiネットワーク回線などからアクセスするようにしましょう。

パスワードを忘れたときは・・・

3.Wi-fiのパスワードを忘れてしまった時の調べ方

Wi-fiのパスワードは同じ親機に接続するすべての子機で共有しています。そして、「緩やか」な管理です。

初期設定状態のルーターが身近にある場合

購入時からパスワードを変更していなくて、本体がすぐに手に取って調べることができる状況であれば特段の問題はありません。本体の裏側などにパスワードの初期値が書かれているからです。

例えば、以下のルーターの裏側の画像を参照ください。接続先のネットワーク名(SSID)とともに、暗号化キーが記載されており、すぐにパスワードを確認することができます。

ただし、一点気を付けたい点があり、大文字と小文字を的確に入力することという点です。製品によっては、大文字小文字が無分別の場合もあるようですが、一般的には別の文字として扱われるため、正確に大文字小文字を入力する必要があります。

ありがちなミスとして、「O(大文字のアルファベット オー)」「o(小文字のアルファベット オー)」と「0(数字のゼロ)」を見間違えて入力してしまうことがありますので注意するようにしましょう。

win46-a

また、ルーター機器に記載されているパスワードの名称は各メーカーによって異なります。下記を参考にして頂きながら、パスワードの名称を正しく認識して迷わずに確認できるようにしましょう。また、使用しているルーターの説明書にもパスワード名称は記載がありますので、説明書がある場合はそちらを参照することが確実になります。

NTTホームゲートウェイ:暗号化キー
ELECOM :暗号化キー
NEC :暗号化キー
BUFFALO :KEY

LANケーブルで直接親機に接続可能な場合

また、LANケーブルなどでWi-fi親機に接続できれば、Webブラウザーの管理画面に特定のアドレスを入力して「パスワード(暗号化キー)」を表示したり、メーカーごとの専用ソフトウェアを使用して確認することが可能です。(そのアドレスは、メーカーごとに異なります)

管理画面の表示方法に関しては、Wi-fi親機のメーカーによって様々なので詳細に関しては、ここでは割愛させていただきます。(説明書などを参照いただくか、ネット上でメーカーのQ&Aを検索ください)

一例をあげると、日本の一般家庭で一番普及していると考えられるBUFFALO製ルーターの設定画面を開く場合は、専用のソフトが必要となります。
「Air Station(エア・ステーション)設定ツール」というソフトをパソコンにインストールして、エア・ステーション設定ツールを起動して「無線LANメニュー」を開くと、パスワードを確認することができます。

win46-3

WindowsのWi-fi接続の状態確認から参照する場合

同じパスワードを共有して、一度でも接続したことがある子機があれば、その子機からネットワーク情報をコントロールパネルから調べることが可能です。

接続中のWindowsマシンで、「コントロールパネル」の「ネットワークと共有センター」からWi-fiを選択して「Wi-fiの状態」の「ワイヤレスのプロパティ」ボタンをクリックします。

「ワイヤレスネットワークのプロパティ」ウィンドウで「セキュリティ」タブを選択して、「パスワードの文字を表示する」にチェックを入れると「ネットワークセキュリティキー」の伏せ文字が外れてパスワードが表示されます

win46-2

Mac OSのWi-Fi接続の状態確認から参照する場合

上記の方法は、Macでもできますが、Windowsとは方法が異なります。

まず、「ユーティリティ」の中の、「キーチェーンアクセス」を開きます。その中の、「システム」から、パスワードを確認したいネットワークID(SSID)を探し、ダブルクリックします。「システム」にSSIDがない場合は、「ログイン」から探してください。

ダブルクリックして開けたら、属性のタブにある「パスワードを表示」にチェックを入れます。すると、「キーチェーンアクセス が変更を加えようとしています」と表示され、Macで設定しているパスワードを求められますので、入力します。

これで、パスワードが表示されます。

Windowsからコマンドプロンプトで確認する

こちらの方法は、一見すると上級者向けの様に見えますが、確認方法は至って簡単です。

一度でも接続したことがあるWindowsマシンでは「netsh」コマンドでWi-fi接続の情報が表示可能となっています。

コマンドプロンプトとは、Windowsの設定や操作を行うためのツールです。黒い画面上で、コマンドという命令文を使って設定をしていきます。

まず、コマンドプロンプトを起動しましょう。方法としては3つあります。

一つ目は、[スタート]>[すべてのプログラム]>[アクセサリ]>[コマンドプロンプト]とクリックしていく方法です。
二つ目は、スタートボタンから、「プログラムのファイル検索」で、「cmd.exe」と検索するやり方です。
三つ目は、ファイル名を指定して起動する方法です。これもアクセサリに入っていますが、簡単に開く方法として、はWindowsキー(Windowsの旗が書かれたキー)+「r」キーを押すというものがあります。これを開けたら、「cmd」と入力して「OK」をクリックしましょう。

いずれかの方法で起動ができたら、そこに「netsh wlan show profiles」と打ち込み、Enterキーを押します。
今まで接続したWi-fiプロファイルの一覧が表示されますので、そのプロファイルからパスワードを調べたいプロファイル名を使って「netsh wlan show profiles name=”パスワードを調べたいプロファイル” key=clear」と入力します。

すると、「主要なコンテンツ」というところに、パスワードが表示されます。

win46-4

パソコンのルーター設定画面で確認する

WPS対応の接続方法の場合

また、Wi-fi設定をボタン一つで行える「WPS(Wi-Fi Protected Setup)」に対応してれば、パスワードを忘れても接続できますので、WPSで接続して、その機器で改めてパスワードを表示させることもできます。

無料Wi-fiスポットのパスワードを忘れた場合

頻繁に利用するコンビニやカフェのフリーWi-fiのパスワードを忘れた場合には、店内の掲示を探すか店員さんに直接確認するようにしましょう。基本的には店内にネットワーク名とパスワードの掲示がありますが、中には店員さんに声をかけて教えてもらうというフローをとっているお店もあります。

パスワードが変更となることは多くありませんが、よく行くお店でいつものパスワードが使えないといった状況に遭遇した場合には、改めてパスワードを確認してみましょう。

その他の場合

パスワードが設定された有料の公衆Wi-fiサービスでパスワードを忘れてしまったら、サービス提供会社に問い合わせることになります。

パスワードが合っているのに接続できない場合

Wi-fiネットワークとパスワードが合っている場合でも、ネットワークに接続できない状況が発生する時もあります。原因としては、主に次のいずれかが考えられます。

・接続する側の機器の問題
・ルーター機器の問題
・ネットワークの問題

接続する側の機器の問題

スマートフォンやPCのネットワークに接続する機能に問題が発生していると、正しいネットワーク名とパスワードを入力してもWi-fiに接続することができない場合があります。この様な場合においては、余計な内部処理の削除と設定を最新版に更新することで問題を解決できることがありますので、再起動とバージョンアップをして、それぞれ接続が回復しないか試してみてください。

ルーター機器の問題

ルーター機器の設定や電源に問題が発生すると、ネットワークが遮断されるため、それまで正常に使えていたWi-fiネットワークが突如使えなくなる、といった状況が発生します。ルーター機器に接続しているコードが抜けていないか、また表示ランプが正しい表示になっているかを確認する様にしましょう。

ネットワークの問題

複数のネットワーク回線が混み合っているエリアの場合、そもそもネットワークが検知されない、正常に使用できていたのに突然ネットワークに接続できなくなるといった状況が発生することがたまにあります。この様な場合は、無線ルーターから接続機器までの間をできるだけ近くして、さらに障害物などがあれば除いてネットワークが通りやすい環境を整えることが大切です。

まとめ

Wi-fiは親機と子機が無線接続されており移動がある程度可能であるので便利ですが、「パスワードだけ」で管理されています。

パスワードを忘れてしまうと使えなくなることがあるので、どこかべうの、わかりやすい場所にメモを置くなどして、誰でも簡単に見られるようにしている方もいるかもしれません。
しかし、悪意のある第三者にパスワードが知られてしまっては、大変な事態です。

分からなくなってしまったくらいであれば、上記のように、あらゆる方法で、パスワードを確認することができます。むやみにパスワードを公開してしまわないように、注意するようにしましょう。

Pocket

スポンサーリンク

Check Also

purse-1359848_1920-660x330

Wi-fiルーターの価格相場とおすすめ商品

スマートフォンやタブレットは、 …

Facebookでのご購読が便利です