Wi-fiのパスワードを忘れてしまった時の調べ方

LINEで送る
Pocket

win46-1
出典:NEC Aterm 設定画面

Wi-fiはケーブルが不要ですし、設定も簡単ですので、気軽に使えます。でも、気軽な反面しっかりとしたセキュリティ対策を施さないと、通信内容が傍受されたり乗っ取られたりします。

そのセキュリティ対策の一つが「暗号化」です。これはWi-fi親機と、接続された子機との間のやり取りを暗号化することで、傍受されても通信内容を読み取れないようにしています。

スポンサーリンク

1.Wi-fiで使われる暗号化

暗号化方法にもいくつか種類がありますが、Wi-fiで一般的に利用されているのは「WPA(Wi-Fi Protected Access)」と「WPA2」です。

「WPA/WPA2」は、名前の通りWi-fiの認証団体であるWi-Fi Allianceが策定したネットワークセキュリティのアルゴリズムです。

「WPA」以前にはIEEEが策定した「WEP」がありましたが、すぐに脆弱性が発見されて、十分なネットワークセキュリティが確保できませんでした。

「WEP」では、悪意を持って解析されるとすぐに破られてしまいます。現在も「WEP」は残っていますが、悪意ある第三者にはまったく効果がありません。

2.Wi-fiのパスワード(暗号化キー)

一般にWi-fiで「パスワード」と呼んでいるのはこの暗号化に使われる「暗号化キー」です。この「暗号化キー」は1台のWi-fi親機に1つ割り当てられています。そして、その親機に接続するすべての子機が共通で使います。

そして、その親機の「暗号化キー」を知っている人は誰でもその親機に接続できるのです。

「WPA/WPA2」では「パスワード(暗号化キー)」で接続を確立した後は、頻繁に一時的な暗号化キーを設定して通信しています(TKIP:Temporal Key Integrity Protocol)。

ですから、Wi-fiのパスワードを知っていればそのWi-fi親機に接続できますが、パスワードを知っているからと言って、通信を傍受して解読できるわけではありません。そのため、Wi-fiのパスワード(暗号化キー)は一般のパスワードに比べて、幾分大らかな管理となっています。

3.Wi-fiのパスワードを忘れてしまった時の調べ方

Wi-fiのパスワードは同じ親機に接続するすべての子機で共有しています。そして、緩やかな管理です。

購入時からパスワードを変更していなくて、本体を調べることができれば、本体の裏側などにパスワードの初期値が書かれています。

win46-a

また、LANケーブルなどでWi-fi親機に接続できれば、Webの管理画面に「パスワード(暗号化キー)」が表示されます。

win46-3

同じパスワードを共有して、一度でも接続したことがある子機があれば、その子機で調べることが可能です。

接続中のWindowsマシンでは、「コントロールパネル」の「ネットワークと共有センター」からWi-fiを選択して「Wi-fiの状態」の「ワイヤレスのプロパティ」ボタンをクリックします。

「ワイヤレスネットワークのプロパティ」ウィンドウで「セキュリティ」タブを選択して、「パスワードの文字を表示する」にチェックを入れると「ネットワークセキュリティキー」の伏せ文字が外れてパスワードが表示されます。

win46-2

一度でも接続したことがあるWindowsマシンでは「netsh」コマンドで表示されます。

「コマンドプロンプト」を起動して「netsh wlan show profiles」と打ち込みます。今まで接続したWi-fiプロファイルの一覧が表示されますので、そのプロファイルからパスワードを調べたいプロファイル名を使って「netsh wlan show profiles name=”パスワードを調べたいプロファイル” key=clear」と入力します。

win46-4

また、Wi-fi設定をボタン一つで行える「WPS(Wi-Fi Protected Setup)」に対応してれば、パスワードを忘れても接続できますので、WPSで接続して、その機器で改めてパスワードを表示させることもできます。

パスワードが設定された有料の公衆Wi-fiサービスでパスワードを忘れてしまったら、サービス提供会社に問い合わせることになります。

Wi-fiは便利ですが、パスワードだけで管理されています。でも、ネットワークに参加している子機があれば、パスワードを調べる方法があるものです。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です