Home / ネットワーク・IT / Wi-fi / 「Wi-Fiが弱い」悩みを解決!Wi-Fiブースターの選び方とおすすめ3選

「Wi-Fiが弱い」悩みを解決!Wi-Fiブースターの選び方とおすすめ3選

Pocket

スマートフォンやタブレット等を利用する際に多くの方がご利用となるWi-Fiネットワークですが、利用条件等もありますが非常に広い範囲で利用する事が可能となっています。

しかしながら、利用可能となっている範囲でも厚みのある壁に囲まれている室内や他の電子機器の干渉等から電波が弱くなってしまう様な場所も存在しています。

Wi-Fiが弱いといった場合には、どうしてもアクセス速度が通常より掛かってしまう事や接続が途切れてしまって再接続するにも時間が掛かるというあまり快適ではない状態が継続する事となります。

そこで本記事ではそういったWi-Fiの利用環境を改善する事に役立つWi-Fi中継器(ブースター)と呼ばれる製品についてご説明させていただきます。

スポンサーリンク

Wi-Fi中継器(無線LANルーター)は自宅のWi-Fiに合ったものを選ぼう

Wi-Fi中継器は、「親機となるWi-FiルーターからのWi-Fiの電波を途中で経由して子機(スマートフォンやノートパソコン等)に電波を届くようにする機能を持つ機器」です。

その為、ご利用されているWi-Fiの環境にに合った中継器を選択することが大切です。

例えば、1階に設置した親機に対して、2階で使用しているスマートフォンを接続する場合には、階段の途中に中継器を設置することで弱くなりがちなWi-fiを問題なく接続することができるようになる場合が多いです。

Wi-Fi中継器の規格

Wi-Fiにはいくつかの規格があり、Wi-Fi中継器もその規格に準じたものでないと利用することが出来ません。そのため、現在ご利用中のWi-Fiルーターがどのような規格に準拠しているかをまずご確認いただく必要があります。

その点をご理解いただいた上で以下のWi-Fi仕様のどれに合致しているかをご確認下さい。Wi-Fiの規格は代表的なものとして以下の規格が多くのWi-Fiルーター及び中継器に実装されています。

  • IEEE 802.11ac
  • IEEE 802.11n
  • IEEE 802.11g
  • IEEE 802.11a
  • IEEE 802.11b

上記の5つの規格が主なものとなりますが、これらの規格でも周波数帯域として「2.4GHz帯」を利用するものと「5.0GHz帯」を利用するものの2つに分類されます。

電源の接続方式

Wi-Fi中継器は電源を必要としますので、その電源取得形状を考慮する必要があります。

コンパクトなWi-Fi中継器の場合は本体にコンセントに差し込むプラグが組み込まれている形状となっている事が多く、このような形状だと一般的な電源タップでは2つのコンセント口をふさぐ形となってしまいますので、電源をどのように取得するかを設置前に確認する必要があります。

最近のモデルではそのような問題を回避できる様に工夫されている製品もありますので、電源の形状については製品選択時に考慮すべき点とご認識下さい。

可能であればデュアルバンド対応型を利用

Wi-Fiを利用する場合には、規格により5GHz帯の周波数もしくは2.4GHz帯の周波数が利用されるのですが、デュアルバンド非対応の中継器の場合には、通信上流(親機Wi-Fiルーター側)と通信下流(スマートフォン等)で電波を共有する為、それぞれで通信速度が半分程度に制限されてしまうといった仕様上の問題が生じる事となります。

この問題点を解消する技術として通信上流と下流で2.4GHz帯周波数のIEEE 11n/g/b と5GHz帯周波数のIEEE 11acの2つを分けて通信するデュアルバンドが開発され、その機能を実装された中継器であれば通信速度の制限を受けない形での利用が可能となります。

Wi-Fi中継器(無線LANルーター)を設置する際気を付ける3つのポイント

Wi-Fi中継器を選択する際にどのような点に注意して購入を検討すべきなのかは、ご利用される環境により変わる事となります。

基本的には中継器を利用する前提として、親機となるWi-Fiルーターからスマートフォン等のデバイスまで障害物が多いといった事や距離が遠い もしくは階が異なるといった事が考えられますので、その解決策として適切な対応手段を講じる必要があります。

電波を発する電子機器の側に置かない

この点は親機ルーターにも言える事ですが、電波を利用する機器となるので他の電波を受けて通信が正常に行えない(電波干渉を受ける)といった問題を避ける必要があります。

電子レンジ等の高周波を利用する機器の近くに設置してしまうと、この干渉を受ける可能性が高くなりますのでWi-Fi中継器を設置場所としては適切ではありません。

また、アンテナを接続するポートと電源コンセントが一体化しているものもありますので、そのようなコンセントもWi-Fi中継器は設置すべきではないと考えます。

Wi-Fi中継器の設置予定場所にはそのような形状のコンセントしか無い場合には、電源タップ等で少し距離を取って設置する事をおすすめします。

部屋の中心に設置する

Wi-Fi中継器には電源が必要となりますので、必然的に家であれば壁際に設置する事が多くなる筈です。

しかしながら、家には生活に必要な様々なモノが置かれていますので、壁際に設置するとその障害物となるモノが多くなってしまう事は必然です。

その為、中継器としての機能を発揮させる為に部屋の中心に設置する事で全体的にWi-Fiの電波を行き渡らせるという事も効果的ではないかと考えます。

但し、この場合には床に電源タップを配線するといった事ではなく、天井にコンセントが設置されている場合に活用できる方法となりますので、そのように設置されていない場合には対応する事が難しいのではないかと考えます。

家の構造も考慮する

先に家庭でのWi-Fi中継器の設置には障害物となるモノが多いとご説明しておりますが、親機が1階でWi-Fiを利用するスマートフォンは2階といった場合には、Wi-Fi中継器は階段付近に設置する事で2階でもWi-Fiを充分利用可能となる場合もあります。

また、Wi-Fiの規格では障害物の透過性が高い特性を持つもの(2.4GHz帯 IEEE 11n/g/b)を利用すれば、建物の構造にもよりますがより快適にWi-Fiを利用する事が可能です。

おすすめWi-Fi中継器(無線LANルーター)3選

Wi-Fi中継器にもかなり多くの種類がありますが、その中でもおすすめできる特徴を持つ中継器を3つご紹介させていただきます。

TP-Link RE200

TP-Link WIFI 無線LAN 中継器 11ac/n/a/g/b 433 300Mbps 11ac対応 3年保証 RE200

新品価格
¥2,980から
(2019/1/1 17:30時点)

無線LAN規格IEEE 11ac/n/a/g/b に対応したWi-Fi中継機となります。

2.4GHz帯と5GHz帯に対応したデュアルバンド利用のモデルとなり、より高速な通信を実現可能となっています。

最大転送速度は433Mbps(IEEE 11ac)、300Mbps(同 11n)、54Mbps(同 11g/a)、11Mbps(同 11b)、WPSにも対応していますので、親機のWi-Fiと簡単に接続可能です。

また、有線LANポートも実装しており、有線LANを接続した場合には無線LAN子機として利用する事が可能です。

Buffalo WEX-733DHP

BUFFALO WiFi 無線LAN 中継機 WEX-733DHP 11ac 433 300Mbps コンセント直挿しモデル 【iPhoneX/iPhoneXSシリーズ メーカー動作確認済み】

新品価格
¥3,180から
(2019/1/1 17:33時点)

コンパクトサイズでコンセントに直接差し込むモデルとなりますが、他のコンセント口を塞がないように配慮されたデザインとなっています。

このモデルも2.4GHz帯と5GHz帯に対応したデュアルバンドが利用可能です。

最大転送速度は前項と同一仕様となり、WPS対応モデルとなります。

I-O DATA WN-G300EXP

I-O DATA Wi-Fi 無線LAN中継機 Nintendo Switch 動作確認済 11n コンセントタイプ 土日サポート WN-G300EXP

新品価格
¥2,480から
(2019/1/1 17:34時点)

手のひらに乗せても小さく感じるほどのコンパクなWi-Fi中継器となります。

このサイズであればどこに設置しても気にならず部屋の雰囲気を変えずに快適にWi-Fiを利用できるのではないでしょうか。

対応しているWi-Fi規格は、EEE802.11n/g/b となり、WPS対応にて簡単にWi-Fi親機との接続が可能です。

小さいながらもLEDの表示にて電波の中継状態が分かるようになっていますので、使い勝手は良いのではないかと考えます。

まとめ

家庭でよく利用されているWi-Fiにて電波の状態があまり良くない環境にて利用されるWi-Fi中継器に関してのご説明させていただきました。

Wi-Fi親機ルーターとの距離や障害物の有無にて電波の受信状態は大きく影響を受けますので、必要に応じてWi-Fi中継器をご利用いただく事でより快適にWi-Fiをご利用いただく事が可能です。

Wi-Fiにもいくつかの規格がありますので、現在のご利用環境に適したものを選択いただく事とモデルにより特徴があるので設置場所や形状といった点にも当記事をご参考にしていただき、購入製品をご検討下されば幸いです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

回線工事不要で挿すだけ!コンセント型Wi-Fi(コンセントLAN)のすすめ

一昔前までは家庭に一台PCがあ …

Facebookでのご購読が便利です