Home / ネットワーク・IT / SNS / Twitter / 意外と知らない!ツイッターのメッセージ機能の特徴と使い方

意外と知らない!ツイッターのメッセージ機能の特徴と使い方

Pocket

LINEやFacebook、Instagramなどだけでなく、ツイッターでもDM(ダイレクトメッセージ)のやり取りができることをご存知ですか。

オープンなやり取りのイメージが強いツイッターですが、DMを使えばプライベートなやり取りが安心してできます。

ここでは、ツイッターのDM機能の特徴や使い方について紹介しています。この記事を読むことで、ツイッターでもプライベートなやり取りができるようになりますので、参考にご覧ください。

スポンサーリンク

DMはプライベートなメッセージのやり取り

ツイッターのDMは、ツイートとは違う特徴がたくさんあります。ここでは、ツイートDMの主な特徴について見ていきましょう。

1.他のユーザーにやり取りを見られない

ツイッターのDMを利用すれば、他のユーザーにメッセージ内容などを見られる心配がありません。

ツイートであれば、他のユーザーから内容を見られてしまうため、あまりプライベートなやり取りはできません。

しかし、DMであればやり取りしている相手と自分しか内容を見れないため、安心してプライベートな内容を送受信できます。

2.自分のフォロワーにしか送信できない

DMを送れる相手は制限されています。もし制限がない場合は、誰にでも送れてしまうため「知らない人からDMが届くかも。。」と心配になってしまいますよね。

ツイッターのDMは自分のフォロワーにしか送れないようになっているため、まったく知らない相手から突然DMが届くことはありません。

ただしフォロワーでなくても、過去に1度でもDMを送ったことがある相手であれば送信することが可能です。また、ブロックされている相手に対してDMを送ることはできません。

そして「すべてのユーザーからダイレクトメッセージを受信する」の設定をオンにしている相手に対しては、フォロワーでなくても誰でもDMを送信することが可能です。

3.グループでDMのやり取りもできる

ツイッターのDMは1対1だけでなく、グループでやり取りすることもできます。

LINEのグループトークのように複数人相手にメッセージの送受信ができるため、幅広い用途に利用可能です。

4.ツイッターアカウントのままやり取りができる

ツイッターのDMの良いところは、ツイッターアカウントのままやり取りができることです。LINEやFacebookなどでやり取りをしようとするとほぼ相手の素性がわかってしまいます。

ツイッターアカウントであれば、素性が相手にバレていないケースも少なくないため素性を知られずにやり取りしたい場合に向いています。

5.写真のやり取りもできる

ツイッターのDMは写真のやり取りも可能です。LINEのように簡単に相手と写真を共有することができます。

もちろん写真についても、他のユーザーに見られることはありません。

6.メッセージの削除もできる

DMのメッセージは削除も可能です。

ただし自分の画面からはメッセージが消えますが、相手の画面からは消えません。不要なメッセージを削除することで、大切なメッセージを見つけやすくなります。

7.DMには文字制限がない

ツイートには140文字という制限がありますが、DMには文字制限がありません。

厳密には10,000文字までという制限は設けられていますが、10,000文字も送るのは考えにくいため実質無制限と考えていいでしょう。

次ページ:どうやって送ればいいの?DMの使い方を徹底解説

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

PCでログインしたときは注意!Twitterログアウト方法3つ

多くの人がコミュニケーションや …

Facebookでのご購読が便利です