自分のサイトに自分のTwitterアカウントへのリンクを貼る方法

LINEで送る
Pocket

34a79187d3044e90a1e2c6405a1fb582_s

今回は、「自分のサイトに自分のTwitterアカウントへのリンクを貼る方法」について紹介いたします。ブログなどに自分のTwitterアカウントへのリンクを貼ることができれば、宣伝になるのでフォロワーを増やしていくことができます。

ここでは、Twitterアカウントへのリンクの貼り方と、便利に使えるTwitterテクニックについて解説いたします。最近、Twitterを始められた方や、他のSNSにTwitterアカウントへのリンクを貼りたい方は、ぜひ、参考にしてみてください!

スポンサーリンク

Twitterアカウントへのリンクを貼る方法

ここでは、Twitterアカウントへのリンクをブログなどのサイトへ貼る方法について紹介いたします。

テキスト入力でリンクを貼り付ける場合

ブログなどに自分のTwitterアカウントへのリンクを貼りたい場合はどのようにしたら良いのでしょうか?実は簡単にリンク貼り付けすることができます。「@●●」とテキストを入力するだけでアカウントへのリンクを貼り付けれます。

●●はアカウント名が入ります。アカウントが「@nakamura」だとすると、「@nakamura」と入力すれば、自分のブログなどのサイトにリンク付きの「@nakamura」を表示することができます。

アプリを使ってリンクを貼り付ける場合

「TextExpander」というアプリを使うことで、上記テキストを毎回入力しなくても簡単にアカウントのリンクを生成することができます。呼び出す際に使うワードと「@nakamura」というテキストを入力しておけば、必要な際にワードを入力するだけで、Twitterリンクがすぐに生成されます。

Twitterで使えるテクニック

ここでは、普段使えるTwitterの便利テクニックを紹介いたします。

Twitterでリンクをコピーしてツイートする方法

iPhoneでTwitterアプリを使っていて、おもしろいリンク付きのツイートを発見し、そのリンクを付けてツイートしたい場合はどのような方法でツイートしたら良いのでしょうか?実は非常に簡単な方法で、リンク付ツイートをすることができます。

該当のリンク付きツイートをタップしツイートを表示させます。画面右下にある「・・・」を選択し、「ツイートへのリンクをコピー」をタップします。ツイートの新規作成画面を開いて、入力欄をタップします。「ペースト」をおこない、「ツイート」をタップすれば、該当のリンクをツイートすることができます。

特定のユーザーのツイートを通知する方法

特定のユーザーがツイートした内容を見逃さずにリアルタイムで確認できるように、通知させることができます。通知させたいユーザーのプロフィールページを表示させ、歯車マークの設置をタップします。メニューが表示されますので、「通知をオンにする」を選択すると、該当ユーザーがツイートすると通知されるようになります。

画像や動画などの貼付があるツイートのみを検索表示させる方法

Twitterの検索では、画像や動画などの添付があるツイートのみを検索表示させることができます。キーワードに関するツイートよりも、画像や動画を確認したい場合に効果的です。画像が添付してあるツイートを検索したい場合は、「(filter:images)」、動画が添付してあるツイートを検索したい場合は、「(filter:videos)」を使います。

例えば、「日本代表 (filter:images)」「オリンピック (filter:videos)」と検索します。「(filter:images)」「 (filter:videos)」それぞれの前に半角スペースを空けるようにして使います。

また、画像もしくは動画が添付されているツイートを検索したい場合は、「(filter:images OR filter:videos)」を使います。「オリンピック (filter:images OR filter:videos)」と検索することで、オリンピックに関する動画や画像のいずれかが添付してあるツイートを検索表示することができます。

ダイレクトメールを簡単に送信する

Twitterにはツイート以外にも特定のユーザー相手にメッセージを送るダイレクトメール機能が付いています。ダイレクトメールを送信する場合は、ダイレクトメールの作成画面を立ち上げて本文を入力して送信していますが、トップ画面からダイレクトメールを作成し送信することもできます。

通常のツイート作成画面を開き、文章を入力する際に、ツイートの冒頭に「D@アカウント名」を入力すれば、ダイレクトメールとしてアカウント名に送られ、タイムラインには表示されません。ダイレクトメール作成画面を開いて送信しても良いですが、普段から使い慣れているツイート画面で「D@アカウント名」を入力するだけで、送信することができるので、簡単です。

RT数やfavorite数に条件を付けて検索表示させる方法

RT数やfavorite数に条件を付けてツイート検索させることもできます。RT数に条件を付けて検索する場合は、「キーワード min_retweets:数字」で検索します。例えば、「オリンピック min_retweets:200」と検索するだけで、オリンピックについて200RT以上されているツイートを検索することができます。

favorite数に条件を付けて検索したい場合は、「キーワード min_faves:数字」で検索します。「オリンピック min_faves:100」と検索すれば、オリンピックについてのツイートでfavorite数が100以上あるツイートのみを検索表示することができます。

動画広告の自動再生をオフにする方法

タイムラインを閲覧していると、動画が自動再生されてしまいます。自動再生することで、データ通信を使ってしまいますので、再生を停止させたい方は、次の方法で設置を変更しましょう。Twitterの「設定」を開き、「データ」を選択します。データを開いたら「動画の自動再生」を開き、「常にオフ」もしくは、「Wi-Fi接続時のみ」を選択しましょう。どちらの場合も、スマートフォンのデータ通信は使わなくなるので、通信量を節約することができます。

ミュートにする方法と解除する方法

ミュート機能を使うことで特定のアカウントのツイートなどを非表示にすることができます。ミュートにしたい場合は、該当アカウントのツイートの画面にある「・・・」を選択し「ミュート」をタップするだけです。ミュートを解除したい場合は、同じ手順で「ミュートを解除」を選択すればすぐに解除することができます。

興味のない広告表示を削除する方法

Twitterのタイムラインには、一定間隔で広告が表示されるようになっています。これらの広告を削除や非表示にする方法は次の通りです。削除したい場合は、広告表示の「☓」をタップし、削除理由を選択するだけで広告ツイートを削除できます。ブロックしたい場合は、該当ツイートをタップし、歯車マークを選択して「ブロック」をタップすると該当の広告ツイートをブロックすることができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?Twitterアカウントへのリンクの貼り付けは簡単におこなうことができます。毎回テキスト入力が面倒な方は、アプリを使って効率的にリンクを作っていきましょう。どんどん、Twitterアカウントを露出して、フォロワーを増やしていきましょう!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です