Home / Wi-fi / USB経由でテザリングをする方法とメリットデメリット

USB経由でテザリングをする方法とメリットデメリット

Pocket

62b250c1a38dcb70c4118531df9cfced_s

iPhoneやAndroidスマートフォンを使ってテザリングを使えば、モバイルwi-fiルーターがなくても、パソコンなどの他のデバイスでインターネット接続ができます。ここでは、「USB経由でテザリングをする方法とメリットデメリット」について紹介いたします。

wi-fi、Bluetooth、USBとテザリング方法があるなかで、USB経由のテザリングにはどんな特徴があるのでしょうか。普段よくテザリングをしている方は、参考にご覧ください。

スポンサーリンク

1.USB経由でテザリングをする方法

f86ba1ba86c36740fcf8ef6b49d80389_s

ここでは、iPhoneとAndroidスマートフォンのUSB経由でテザリングする場合の方法について、紹介します。

1.iPhoneを使ってUSB経由でテザリングする方法

iPhoneはUSB経由でテザリングすることも可能です。iPhoneを使ったテザリングの方法は下記のとおりです。

  1. iPhoneをLightningケーブルなどを使いパソコンと接続します。
  2. iPhoneの設定アイコンを開き、「インターネット共有」を選択します。
  3. インターネット共有の画面で、「インターネット共有」の欄をオン設定に変更します。
  4. iPhoneのwi-fiやBluetoothがオフ設定の場合は、「wi-fiとBluetoothはオフです」という画面が表示されますので、「USBのみ」を選択します。
  5. インターネット共有の欄がオン設定に変わります。

上記方法で、テザリングが開始され、LightningケーブルなどでiPhoneと接続しているパソコンでインターネットが利用できるようになります。設定アイコンを開いた際に「インターネット共有」メニューが表示されない場合は、「モバイルデータ通信」を開き、「インターネット共有」を選択、次の画面で「インターネット共有」の欄をオンに変更すれば大丈夫です。

2.Androidスマートフォンを使ってUSB経由でテザリングする方法

Androidスマートフォンは機種などにより若干方法は異なりますが、下記の方法でUSB経由でテザリングが可能です。

  1. AndroidスマートフォンをUSBケーブルでパソコンへ接続します。
  2. Androidスマートフォンの設定アプリを開き、メニュー一覧から「その他」を選択します。
  3. 「テザリング」を選び、「USBテザリング」をタップします。
  4. USBケーブルで接続したパソコンのインターネット接続をAndroidスマートフォンにし共有します。

上記方法で、テザリングが開始されます。パソコンでうまくインターネットに接続できない場合は、ネットワークと共有センターを開き、Androidスマートフォンの接続名を確認します。

2.USB経由でテザリングをするメリット

ここでは、iPhoneやAndroidスマートフォンをUSB経由でテザリングする際のメリットについて紹介いたします。

1.バッテリー消費が少ない

iPhoneやAndroidスマートフォンをUSB経由でテザリングする場合は、wi-fi経由やBluetooth経由のテザリングと比べて、バッテリー消費が少ない特徴があります。USBケーブルを使って物理的に接続しますので、電力消費を抑えれます。

接続したいデバイスと距離も離れておらず、USBケーブルを持っている場合は、USBを経由したテザリングをおすすめします。wi-fiやBluetoothでテザリングをした後に、スマートフォンなどのバッテリーが大幅に消費してしまうと、その後の使用に支障をきたす場合もあります。

2.充電しながらテザリングも可能

wi-fi経由やBluetooth経由でのテザリングの場合は、iPhoneやAndroidスマートフォンはバッテリーをどんどん消費してしまいます。しかし、USBケーブルでパソコンに接続してテザリングを行う場合は、iPhoneなどの充電もしながらテザリングが可能です。さらに、接続するパソコンも電源コンセントを接続していれば、パソコンのバッテリーも消費することはありません。テザリングもでき、パソコンもiPhoneもバッテリー充電もできます。

3.通信速度が速い

USBケーブルを使ってテザリングする場合は、パソコンなどのデバイスと直接接続するため通信速度がwi-fiやBluetoothのテザリングに比べて速いです。wi-fiやBluetooth経由でのテザリングの場合は、インターネット接続が遅く感じるときもありますが、USB経由でのテザリングであれば、遅く感じることも少なくなります。

4.セキュリティが安心

テザリングをする際、wi-fi経由やBluetooth経由だと、無線通信でのテザリングとなりセキュリティが心配な点がありますが、USB経由の場合は、直接デバイスと接続するためwi-fiやBluetoothに比べセキュリティ面が安心できます。

3.USB経由でテザリングをするデメリット

iPhoneやAndroidスマートフォンをUSB経由でテザリングする場合のデメリットについて、紹介いたします。

1.テザリング接続台数が限られる

wi-fiやBluetooth経由のテザリングであれば、1台のiPhoneやAndroidスマートフォンで複数台のデバイスに接続ができます。しかし、USB経由のテザリングの場合は、USBケーブルで接続できるのが1台ですので、テザリング接続台数が限られます。

パソコン、タブレット、ゲーム機など、1度に複数台と接続したい場合に不便に感じます。同時に複数台でテザリングしたい場合は、wi-fiやBluetoothでのテザリングを利用します。

2.USBケーブルを持ち歩かなければならない

wi-fiやBluetoothでテザリングする場合は、何の道具も必要ありません。iPhoneやAndroidスマートフォンさえあればすぐにテザリングが可能です。しかし、USB経由でのテザリングの場合は、必ずUSBケーブルが必要になり、常に持ち歩かなければなりません。遠くへ外出する際はバッグなどに入れておけば良いですが、ちょっとした外出の際でも持ち歩かなないといけないため、不便に感じることがあります。

3.USBポートがないと使えない

wi-fiやBluetoothでのテザリングであれば、接続先のデバイスが対応していれば接続できます。USB経由でのテザリングの場合も、接続先のパソコンやタブレット、ゲーム機にUSBポートがないと、ケーブルを使って接続ができません。USBでのテザリングをしたくても、接続先デバイスによって使用が制限されます。

4.接続先デバイスのバッテリー消費が速くなる

USB経由でのテザリングの場合は、パソコンなどのデバイスと直接ケーブルで接続しますので、接続先デバイスのバッテリー消費が速くなります。パソコンの場合は、パソコンも電源コンセントを接続していないと、iPhoneやAndroidスマートフォンの充電もされてしまうため、余計にバッテリー消費が速まります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回「USB経由でテザリングをする方法とメリットデメリット」について紹介いたしました。USB経由でのテザリングは、wi-fiやBluetooth経由とは違った特徴があります。バッテリー消費を抑えたい場合や、通信速度を速めたい場合は、USB経由でテザリングするようにしましょう。

Pocket

スポンサーリンク

Check Also

purse-1359848_1920-660x330

Wi-fiルーターの価格相場とおすすめ商品

スマートフォンやタブレットは、 …

Facebookでのご購読が便利です