iPadをテザリングでネットワーク接続させる設定方法

LINEで送る
Pocket

iPadをインターネットに接続する方法で手っ取り早いのは、セルラータイプ(Wi-Fi + Celullar)のiPadを購入することです。Apple Storeで販売しているiPadであればSIMフリーデバイスですから格安SIMを利用して低価格でインターネット接続することも可能です。しかし、月々のデータ通信料はどうしても発生してしまいます。

iPhone(他のスマホでも良いのですが)をお持ちの場合で、テザリング機能が利用可能となっていれば、iPad用に専用のSIMカードがなくても、Wi-Fiのみの機能しかないiPadであっても外出先で自由にインターネット接続を行うことができます。

本稿では、iPadをテザリングで利用する方法を紹介していきます。

スポンサーリンク

外出先でiPadをインターネット接続する方法

iPadでインターネットに接続する方法で手っ取り早いのは、セルラータイプ(Wi-Fi + Celullar)のiPadを購入することです。その上で、大手キャリアのSIMあるいはMVNOの格安SIMを契約してSIMカードを挿入すれば良いのです。しかし、iPad本体も割高で、回線利用契約を行うと月々の通信料が発生します。

最近のMVNOから提供されている格安SIMサービスでは、データ通信専用のSIMが利用可能であったり、また一つの契約で複数のSIMカードを発行してもらい、月々のデータ通信量は複数のSIMカードの通信量を合算して利用することも可能となっています。

iPhoneとiPadをテザリングを使って有効活用

iPadを使って外出先でインターネット接続したい利用者の方は、データ通信量が多い方にはもちろん、セルラータイプのiPadをお勧めします。

しかし、常時外出時にiPadを持ち出さない、使ったとしても、メール確認やちょっとしたインターネットの検索に使うのであれば、Wi-Fi機能しか持たないiPadであってもiPhoneのテザリング機能を使うととても安価にインターネットへ接続することができます。

iPhoneのテザリング機能

テザリング(Tethering)とは、英語でつなげるという意味があります。iPhoneテザリングとは、iPhoneのデータ通信機能を使って他のデバイスへインターネット接続サービスをおすそ分けすることです。

iPhoneのテザリング機能には三種類の接続方法があります。Wi-Fi電波を利用するWi-F-テザリング、Bluetoothという通信規格を利用したBluetoothテザリング、そして、USBケーブル(iPhoneのLightningケーブル)を利用したUSBテザリングの3つです。iPadで利用可能なテザリング方式は、最初の2つ、Wi-FiテザリングとBluetoothテザリングです。

iPadでテザリングを使ってインターネットへ接続する方法

iPadをテザリングを使ってインターネットへ接続するには、いくつかの方法があります。
iPadですので、iPhoneを使ってテザリング接続を行う方法を紹介しましょう。iPhoneとiPadをUSBケーブルで直接接続することはできませんので、Wi-Fiテザリング、または、Bluetoothテザリングのいずれかの方法を使うことになります。

接続方法(その1):Wi-Fiテザリングを使う方法

iPhoneをWi-Fi ルータと同じようなデバイスとして利用します。
設定の手順としては、まず、iPhone側の「設定」アプリで、「インターネット共有」をオンにします。この時、Wi-Fiのパスワードを変更することも可能です。
(インターネット共有をオンに)

001_iphonepref

(パスワードを変更する場合)

002_iphonepref

デフォルトで作成されるパスワードは推測されにくい、安全性の高いパスワードが自動で生成されています。このパスワードを変更する場合は、安全性が低下しないようSSID等から容易に推測可能なパスワードにしないよう注意してください。外出先で接続する場合、不正接続されてしまう可能性があります。

次に、iPad側も同じように「設定」アプリで、Wi-Fi をオンにします。「ネットワークを選択…」のリストにiPhone のWi-Fi テザリングの名称(SSID)が表示されます。iPhone のWi-Fi チェザリングでは、SSID名称の右側に、クリップのようなアイコンで表示されます。

003_ipad_tethering

このWi-Fi テザリングのSSIDをタップして選択すると、パスワードが要求されますので、iPhoneの画面を開きながらパスワードを入力することができます。一般的なWi-Fi アクセスポイントへの接続と同様の操作で簡単に接続できます。

接続方法(その2):Bluetoothテザリングを使う方法

二つ目は、Bluetoothテザリングによる接続です。

Bluetoothテザリングは、速度が遅いというデメリットはありますが、iPhoneとiPadで「ペアリング」という相互認証操作を行わない限り接続が行われません。速度が遅いものの外出先でも安全に接続させることができます。

また、Wi-Fi より消費電力が少ないというメリットもありますので、大容量のデータ通信を行わない場合で接続時間を重視する場合は、Bluetoothテザリングを利用することをお勧めします。

接続方法も、他のBluetoothデバイスと同様に簡単に接続することができます。iPhoneとiPadの「設定」アプリを起動し、共に「Bluedtooth」をオンに設定します。
(iPhone側の設定)

004_iphonepref

(iPad側の設定)

005_ipad_pairing

ペアリング要求の時に表示されるコードは、毎回ペアリング要求するごとに異なります。また、「ペアリング」をしばらく放置すると、接続操作は自動的に解除されます。また、Bluetoothテザリングによるインターネット接続が終了した段階で、iPhoneまたはiPadのいずれかから接続解除操作を行っておいてください。

006_ipad_tethering

iPhone側からの接続解除操作は、「設定」アプリで「Bluetooth」から「接続済み」のデバイスの「i」ボタンをタップし、「接続解除」を選択します。

007_ipad_tethering

iPhoneのテザリング機能の制限と小技

テザリング元のiPhoneが他のWi-Fi 電波を受信している時は、iPadをiPhoneのWi-Fiテザリングを使ってインターネットに接続することはできません。

つまり、外出先でiPhoneが無料のWi-Fi アクセスポイントを使ってインターネット接続を行い、さらに、Wi-Fi テザリング機能を使ってiPadでインターネット接続することはできないのです。

[フリーのWi-Fi アクセスポイント] ー [iPhoneでWi-Fi受信] ー [iPhoneのWi-Fiテザリング] ー×ー [iPadのWi-Fi 受信]
といった接続はできないのです。この場合はフリーのWi-Fi アクセスポイントにiPadから直接接続すれば良いのです。

しかし、最近、iPhoneで「タウン Wi-Fi」アプリや「Japan Wi-Fi」アプリを利用されている方も多いかと思います。このアプリは、フリーWi-Fi に接続する時、自分でいちいち認証操作を行うことなく自動で街中にある無料Wi-Fi に接続することができるというとても便利なアプリです。

iPad用にもこのアプリは提供されていますが、両方で設定を行い管理を二重化するのは、手間がかかるので一本化したいというニーズが少なからずあります。今回はこんな時の小技を紹介します。
[フリーのWi-Fi アクセスポイント] ー [iPhoneでWi-Fi受信] ー [iPhoneのBluetoothテザリング] ー [iPadでBluetooth受信]
という接続方法です。

この方法で「タウンWi-Fi」の接続機能を他のデバイスにおすそ分けすることができます。「タウンWi-Fi」アプリをインストールされていない人にお裾分けできるというメリットがあります。そしてもう一つのメリットとして、「タウンWi-Fi」アプリが提供されていないMacやPCでも、簡単にフリーのWi-Fi アクセスポイントに「タウンWi-Fi」アプリを使って接続することができます。つまり、Macから個々の接続認証手続きを行わなくて済むのです。

まとめ

Celullar機能がないWi-Fi機能のみのiPadでも、iPhoneのテザリングを活用することにより、外出先でも簡単にインターネットに接続することができます。iPadを外出時に常に持ち歩き、常時接続するような使い方をしていないようでしたら、iPhoneのテザリングを利用することにより経済的にインターネットへ接続することができます。

iPhone側のデータ通信容量の契約内容にもよりますが、iPhoneがデータ通信制限の量を超えてしまわないよう注意してご利用ください。もちろん、ご自宅などでWi-Fi環境がある場合は、外出先から帰ってきた時にインターネット接続の状況を確認することを心がけてください。
つい忘れてiPhoneのデータ通信容量を消費してしまっている場合があります。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です