テザリングで通信料は変わるのか、徹底解説

LINEで送る
Pocket

goripaku0i9a4164_tp_v
皆様は、テザリングという言葉を聞いたことがあるでしょうか。スマートフォンや、タブレット端末、ポケットWi-Fiといった存在は、世間にだいぶ認知されてきました。スマートフォンの2台使いや、スマートフォンとタブレットを両方持っている方、ポケットWi-Fiを持ち歩き通信を行っている方等、使い方は様々です。
ですが、テザリングという機能について詳しく知っていて、さらに使いこなしているという方は少ないのではないでしょうか。そこで、ここではテザリング機能について、基礎知識から各社通信料金まで、徹底解説を行って参ります。

スポンサーリンク

基礎知識

まずは、テザリングの基礎知識についてです。テザリングとはそもそも何なのか、月々の通信料にはどのように影響してくるのかについて、ご案内していきます。

テザリングとは

ではまず、テザリングとはそもそもどういったものなのでしょうか。テザリングとは、スマートフォンやタブレット端末が持つ機能の一つです。どのような役割を果たすかについてですが、スマートフォンを使ってテザリングをする場合、スマートフォンに入っているsimカード、例えばdocomoのsimカードを使っている場合、そのsimカードの契約に基づいてdocomoの電波をキャッチし、インターネットに繋げることが出来ます。テザリングとは、そのsimカードがキャッチしたdocomoの電波を、simカードが入っていない他のデバイスに分け与え、他のデバイスでもdocomoの電波を使えるように共有するという機能です。

そのため、月々のデータ使用量の上限の分を、テザリングを行うことで他のデバイスに分け与えることになります。スマートフォンでテザリングを行いタブレットに接続した場合、スマートフォンとタブレット両方で、データを使用するため、契約しているデータ使用量の上限にはすぐに到達することになります。ですので、テザリングは常に行うものではなく、どうしても他のデバイスをインターネットに繋げて作業をしなければならない時など、非常時に使う機能だと認識して下さい。

テザリングの方法

続いて、テザリングを実際に行う方法についてです。まず、キャリアと契約をしているsimカードが入っているデバイス、スマートフォンやタブレット端末を用意します。
Androidの場合は、ホーム画面上から設定を開き、「接続」を選択します。すると画面が移り変わりますので、下の方までスクロールすると、「テザリング」という項目があるので、それを選択します。すると、Wi-Fiテザリングという項目が現れるので、それをオンにします。そこでその電波を使うためのパスワードが画面上に現れます。ここまで来たら、接続したいデバイスの設定を開き、Wi-Fiモードをオンにします。すると、先程テザリングをオンの状態にしたデバイスの名前が出てくるのでそれを選択し、パスワードを入力することで、テザリング通信が完了します。

iPhoneでテザリングを行う場合も、さほど変わりはありません。まずは設定画面を開き、上から4つ目の「モバイルデータ通信」という項目を選択します。すると、モバイルデータ通信に関しての設定画面に移り変わりますので、上から三つ目にある「インターネット共有」という項目を選択します。するとインターネット共有画面に移り変わりますので、一番上の「インターネット共有」を一度タップしオンにします。これで、iPhoneのテザリング設定は完了です。後はAndroidと同じように、接続したいデバイスのWi-Fiをオンにして、テザリング設定をしたiPhoneを探します。そのiPhoneを選択すると同じようにパスワードを求められますので、iPhone側のインターネット共有画面に表示されているパスワードを入力するだけで、iPhoneでのテザリング通信を行えるようになります。

通信料の変化は?

では、テザリングをすることで通信料が変わるのかどうかについてです。テザリングをする上での通信料金は、各社様々です。無料でテザリング機能を使うことができるキャリアもあれば、有料でかつ条件がついているキャリアもあります。
ただひとつ言えることは、テザリングを日常的に使用するのであれば、スマートフォン側で使えるデータ通信量が少なくなるので、データ使用量の上限を引き上げる必要が出てきます。そのため、月々の通信料金は高くなると言って良いでしょう。

キャリア別テザリング料金

pak77_sumahodetel20140823111801_tp_v
それでは、キャリア御三家とも呼ばれるキャリア各社での、テザリング機能を使う上での料金についてご案内していきます。

docomo

ではまず、docomoでのテザリング使用料金についてです。結果から言うと、docomoで契約したsimカードを使ってテザリングを行う場合、料金は一切かかりません。追加申し込み等も必要としないため、契約したその日に無料でテザリングの機能を利用することが出来ます。
テザリング機能を利用することが前提でキャリア契約をするのであれば、docomoは非常にオススメと言えます。

au

続いてご案内するのは、KDDIが提供するキャリア、auでテザリングを利用する場合の利用料金についてです。auの場合は、テザリングを利用するためにお申し込みをする必要があります。そして、契約するプランによって、テザリング利用料金が発生し、その料金も2種類あります。「auピタットプラン」「auフラットプラン20/30」の料金プランを契約している場合、月額500円のテザリング利用料金が発生します。

また、「データ定額20/30」「U18データ定額20」といった料金プランを契約している場合、月額1,000円のテザリング利用料金が発生します。無料でテザリングを利用できる料金プラン等もありますので、もし今auとのキャリア契約をしていて、テザリングを行うかもしれないと判断されたなら、auのお客様サポートセンターにてご確認されることをオススメします。
これらを見ると、テザリングを利用することが前提でキャリア契約をするのであれば、あまりオススメとは言えません。

ソフトバンク

最後に、お父さん犬でお馴染みのソフトバンクです。これが中々にややこしくなっておりますが、こちらもau同様に、テザリング機能を使うためには利用料金が発生します。詳しくご案内すると、「データ(パケット)定額サービス」という料金プランを契約している場合、テザリング利用料金は月額1,000円発生します。

ですが、この価格は2017年8月1日(火)より500円に価格改定がされ、さらに加入してから2018年3月末までは無料でテザリング機能を使うことが出来ます。また、通常の料金プランであれば月額500円のテザリング利用料金が発生するのですが、加入されてから2年間は無料でテザリング機能を利用することが出来ます。
と、このようにテザリングに関しては少しややこしいのですが、いずれにしても、テザリングを利用するためには月額利用料金が500円ほど発生すると考えて良いでしょう。これらを見ても、やはりテザリングを利用することが前提でキャリア契約をする場合、あまりオススメとは言えません。

デメリット

最後に、テザリングを行う上でのデメリットについてご案内していきます。テザリング機能は非常に便利で頼れる機能ですが、メリットもあれば当然デメリットも存在するのです。ここでは通信制限に関してや、バッテリー消費について、見ていきましょう。

通信制限

まず、通信制限の問題です。これについては何度かご案内してきましたが、一つのsimカードのデータ量を共有して使っている状態がテザリングですので、当然のことながらその上限に達するスピードは早まります。そしてテザリングをした状態であれば、データ使用量も増えます。例えば、10リットルほどのタンクに水を入れ、一つの蛇口を付けて使用していれば、その水が減るスピードは遅く、長持ちするでしょう。しかし、蛇口が2つ、3つとなり、同時に使用したとしたらどうでしょうか。当然、水が減るスピードは早まり、最悪の場合、タンクから水が無くなります。この、水がなくなった状態が、通信制限の上限に達したという状態です。

このように、常にテザリングを利用して他のデバイスと電波を共有しようとすると、月々のデータ使用料金は高くなります。さらに、肝心なときに通信が行えないといった危険性もあるので、常に他のデバイスと電波を共有したい場合は、そのデバイスに他のsimカード契約をするか、ポケットWi-Fiの導入を検討された方が良いでしょう。

バッテリー消費

続いて、バッテリー消費の問題についてです。スマートフォンでテザリングをする場合、バッテリー消費はかなりのスピードで消費されます。なぜなら、まず電波をキャッチすることにバッテリーを使い、そしてその電波を分け与える作業にバッテリーを使うためです。例えば3人でバケツリレーを行う際、中心にいる人物が一番動く必要があります。

なぜなら、バケツを受け取り、そしてバケツを受け渡す役割をひたすらしなくてはならないからです。スマートフォンでテザリングを行うということは、まさにその電波のバケツリレーの中心にいる人物と同じ役割をすることになるため、体力であるバッテリーは激しく消費します。また、そのようにハードにバッテリーを使っていると、バッテリーの寿命を縮めることにも繋がるので、注意が必要です。

まとめ

pak77_sumahodetel20140823111801_tp_v
いかがでしたでしょうか。このようにテザリングとは、緊急時にスマートフォン等がポケットWi-Fiのような機能を果たしてくれるものなのです。常時使うようであれば、それはもうポケットWi-Fiの導入を検討するべきです。
緊急時、どうしても他のデバイスで通信を行いたい場合には、テザリングを一度使ってみては、いかがでしょうか。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です