Home / Microsoft / Excel / どちらを利用するのがベスト?スプレッドシートとエクセル3つの違い

どちらを利用するのがベスト?スプレッドシートとエクセル3つの違い

Pocket

エクセルのメリット・デメリット3選

次に、エクセルにおいてはどのような優れた点と不便な点があるのでしょうか。

以下に具体的なメリット・デメリットをご紹介いたします。

1.メリット:インターネット接続が不要

エクセルは基本的には利用者のパソコンにインストールされるアプリケーションですので、そのパソコンが基盤となるOSを含めて正常稼働していれば、インターネット環境は関係なく動作する事になります。

ファイルサーバヘのアクセスといった事を除いて、パソコン本体のみでファイルの作成から変更後の保管までを完結する事が可能ですので、通信環境に左右されずに利用する事が利点と言えます。

2.メリット:アプリケーションの動作が安定している

パソコン本体で動作するアプリケーションのエクセルにおいて、その動作に影響するものとして考えらえるのは電源やメモリ、CPUと言った使用率等のハードウェア的な条件が主なものです。

そういった点で問題なければ、パソコン上でアプリケーションは快適に動作する事が出来ます。

3.デメリット:ライセンスが必要

エクセルは単独製品ではなくMS社の統合アプリケーションMS Officeに含まれているアプリケーションなので単品購入する事は出来ず、MS Officeのライセンスを購入する必要があります。

利用者側の観点から考えるとエクセルしか利用しないのに他のアプリケーションのライセンスも同時購入しなければならないのはデメリットとして考えられます。

しかしながら、文書作成アプリケーション等も含まれているMS Officeは潜在的な利用価値がありますから、それほど大きなデメリットではないかもしれません。

スプレッドシートとエクセルの3つの違い

基本的にどちらのアプリケーションも表計算をメイン機能としたアプリケーションである点は変わりありません。表を作成してその中での各種計算を行う事や関数を組み合わせて複雑な計算結果を得るといった機能的な実装もそれほど大きい違いはないと言えます。

しかしながらソフトウェアのライセンスや動作環境という点においては大きな違いがありますので、以下にご説明します。

1.ライセンスの要否

Google社から提供されるサービスの一環となるスプレッドシートですが、アプリケーションの利用にライセンスといったものは不要となり、Googleアカウントを取得していただければ無料で利用する事が可能となります。

それに対してエクセルはMS社から販売されているライセンスが必要なアプリケーションとなりますので、MS  Officeを購入してライセンス料金を支払って利用する形となります。

2.インターネット接続の要否

スプレッドシートはGoogle社が提供するwebアプリケーションとなりますので、動作する為にはインターネット接続とwebブラウザが必須となります。

それに対してMSエクセルは基本的にPCの搭載されたOS(Windows/Mac)上で動作するスタンドアロンでのアプリケーションとなりますので、インターネットに接続されているかどうかは動作に関係しません。

3.同時編集機能

webアプリケーションとなるスプレッドシートにおいては、基本的に複数人による同時編集が可能となっています。

これはインターネット経由で複数の編集者がシートを同時更新しても、シートの論理的な整合性を担保する事を考慮したアプリケーション設計が行われている事が理由です。

それに対してスタンドアロンでの動作が利用前提となるエクセルの場合は、「共有」という機能をオンに設定する事で複数人による同時編集が可能となりますが、あくまでもデフォルト設定では共有はオフとなっています。

まとめ

いかがでしたか?

表計算アプリケーションでよく利用されるMSエクセルとGoogleスプレッドシートの違いと、それぞれのメリットとデメリットをご紹介させていただきました。

基本的な機能実装は2つのアプリケーションにおいてあまり変わりません。

ご利用される環境に応じて使い分ける事も可能ですので、相互に活用していく事が出来ると良いのではないでしょうか。

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

エクセルが苦手でも簡単!セル内改行とセルを揃える方法3つ

エクセルの使い方でまごつくのは …

Facebookでのご購読が便利です