Home / 地デジ / サザエさんの視聴率はなぜ低迷したの?テレビ離れとサザエさんの視聴率の関係

サザエさんの視聴率はなぜ低迷したの?テレビ離れとサザエさんの視聴率の関係

Pocket

a2e68057a7b49ccc2376e429eb7f3ba3_s

1970年代からお茶の間のテレビで人気を博し続けてきた「サザエさん」の視聴率が、このところ急落してきているようです。色々な原因がささやかれてはいますが、最近のテレビ離れと全く無関係ではないようです。

数年前までは平均視聴率20%を越すオバケ番組とまで言われましたが、時代の流れからか往年のような数字が出せていません。どうしてこのような状態になっているのでしょうか。ここ最近の動向と照らし合わせて考えていきましょう。

スポンサーリンク

サザエさんの視聴率が低下し始めたのはいつごろか。

サザエさんの視聴率は、1989年から2008年までの間でも平均で22%以上をキープしていました。最高視聴率に関しては40%近くを記録するなど、まさに昭和を代表する人気アニメというにふさわしいでしょう。しかし、2014年を境にして徐々に視聴率が低下してきていることが、ビデオリサーチ社の調べで分かりました。2015年は14%前後、2016年には11%に至り、8月に入ると10%にも達しない状況も増えてきています。

時代錯誤か?視聴率低下の原因は?

視聴率の低下の背景には、内容が時代錯誤だという声も聞かれます。確かに3世代同居にマスオさんのような婿がいるなど、現代ではもうほとんど見ることができない家族構成です。そんな家族に対して共感ができなくなったのでは?ということも考えられますが、今日における家族構成の変化は、昭和の時代にすでに変わりつつあったことでもあるので、この考えは当てはまりそうにもないと思われます。

もしこれが原因ならば、視聴率の低下はもっと緩やかに進んでいたはずだと考えられるからです。視聴率低下の傾向はここ2~3年の間の出来事なので、根底にある原因はもっと違うところにあるでしょう。

時代を支えた団塊の世代の影響か?

1 2

スポンサーリンク

Check Also

8Kテレビはいつ発売されるのか?8Kテレビを視聴するために必要なもの

超高画質な映像と音声を楽しめる …

Facebookでのご購読が便利です