SIMフリーでスマホの料金が大幅に下がる理由とSIMフリーにする方法

LINEで送る
Pocket

あなたは「SIMフリー」とは何なのかご存知でしょうか。SIMフリーのスマートフォンを使うことで、毎月の利用料金を大幅に安くすることが可能です。ここでは、「SIMフリーでスマホの料金が大幅に下がる理由とSIMフリーにする方法」について紹介いたします。SIMフリーを検討している方や興味のある方は、この機会に是非参考にしてみてください。

1.SIMとは

iPhone

SIMとはSIMカードのことで、Subscriber Identity Module Cardの略で、契約者の識別をするためのID番号が記録されたカードのことです。SIMカードには電話番号などの情報が登録されており、SIMカードをスマートフォンに差し込むことで、音声通話やモバイルインターネットが利用できます。

ドコモで契約したスマートフォンはドコモのSIMカードが、ソフトバンクで契約したスマートフォンにはソフトバンクのSIMカードが入っています。大きさによって標準SIM、microSIM、nanoSIMがあり、音声通話とインターネットができる通話SIM、インターネットと050音声通話ができるデータSIM(SMSあり)、インターネットのみができるデータSIM(SMSなし)の3種類に分けられます。

2.SIMフリーとは

b517f7c8c00f972a842f06ddde36187b_s

少し前まではSIMロックと言い、SIMにロックがかけられていました。そのため、ドコモで契約したスマートフォンに入っているSIMカードを、ソフトバンクで契約したスマートフォンに差し込んでも使えませんでした。契約した会社でないと使えないようにロックが掛けられていたためです。

SIMフリーとは、どの事業者のSIMカードも使えるスマートフォンのことです。ドコモで購入したSIMフリーのスマートフォンに、ソフトバンクやauのSIMカードを入れて使ったり、MVNO(仮想移動体通信事業者:Mobile Virtual Network Operatorの略)が提供している格安SIMを使用することもできます。

ドコモに限らず、AppleStoreや中古ショップで購入したSIMフリーのiPhoneに、好きな事業者のSIMカードを差し込み使えます。

3.格安SIMを使用することで料金が大幅に下がる

SIMフリーのスマートフォンにすることで、MVNOの格安SIMが使えます。ドコモ、ソフトバンク、auの大手キャリアと違い、楽天モバイルやLINEモバイル、DMMmobile、UQmobile、FREETELなどの格安SIMを使えば、毎月の利用料金が1,000〜2,000円程度まで下げることが可能です。

大手キャリアはネットワーク基地局を作りユーザーへ提供しますが、MVNOは大手キャリアのネットワークの一部を借りユーザーに提供しています。そのため、ネットワーク基地局を作る必要もなくコストがほとんどかかりません。そのため、毎月の利用料金を大手キャリアの半額以下にできます。

他にも、販売店舗を持たずインターネット販売や家電量販店で販売し、コストをかけないようにしています。大手キャリアの利用料金が毎月5,000〜6,000円はかかるところ、格安SIMを使えば大幅に安くできます。

2.SIMフリーにする方法

ss76_SIMmaster14172245_TP_V
SIMフリーにする場合は、SIMフリーのスマートフォンを購入しなければなりません。販売店で多くの種類が売られていますので、気に入ったSIMフリースマートフォンを購入しましょう。

1.販売店で購入してSIMを入れる

今では多くの販売店でSIMフリーのスマートフォンが販売されています。AppleStoreや大手キャリアの販売店、家電量販店などで販売されていて、ほとんどがSIMフリー機種です。

SIMフリー機種を購入したら、大手キャリアのSIMや格安SIMなど、希望のSIMカードを差し込めば使用できます。通話SIMであればMNPもできますので、現在使っている電話番号もそのまま使えます。

2.中古ショップで購入してSIMを入れる

SIMを自分で購入して入れるというと、何か特別なことのように感じますが、現在あなたが使っているiPhoneなどもSIMが入っているのです。最初に機種を購入した時に、販売店の人が入れてくれているため、気づかないだけなのです。
それを格安SIMの機種にする時には、自分で買って自分で入れるというだけの話です。なんだか自立心が養われますね。

格安SIMだとは言え、機種価格は10,000~50000円程度とばらつきがあります。機種代が高いのが嫌な場合には、中古で手に入れるという手もあります。

スマートフォンの中古品を扱う中古ショップでもSIMフリー機種が多く取り扱われています。手頃な価格で手に入るのが中古品のメリットですが、なかには残債が残った状態のスマートフォンが販売されていることもあります。

中古品で購入する場合は注意が必要です。古い機種も多く揃います。新品同様、SIMフリーのスマートフォンを購入し、気になる事業者のSIMを差し込めば使用できます。

3.おすすめの格安SIM

1.LINEモバイル

LINEモバイルは、普段からLINEやLINEMUSICなどを頻繁に使う人におすすめの格安SIMです。月額500円〜で、LINEがデータ通信量にカウントされないで、自由に使える「LINEフリープラン」がおすすめです。

他にもSNSを頻繁に使う人にはおすすめのプランがあり、例えば月額1,110円〜でLINEとTwitterやFacebook、Instagramがデータ通信量カウントなしで使い放題にできる「コミュニケーションフリープラン」。また、月額1,810円〜でコミュニケーションプランで使い放題のLINE、Twitter、Facebook、Instagramに加え、LINEMUSICがデータ通信量カウントなしで使い放題にできる「MUSIC+プラン」の3つの料金プランがあります。SNSに加えてミュージックも聴き放題じゃないとイヤ!という人にはうってつけのプランです。

また、毎月の利用料金の1%が貯まるLINEポイントもあり、貯まったポイントでLINEスタンプを買えたり、友達にLINEを使ってデータ通信量をプレゼントしたり、毎月の利用料金案内もLINEで受けることができます。スマホ会社からのお知らせもLINEとはさすがですね。このモデルは普段から、InstagramやTwitter、LINE MUSICなどを使う機会が多い方におすすめの格安SIMです。

2.FREETEL

FREETELは、人気アプリがデータ通信量のカウントなしで使えるのが特徴です。Instagram、Messenger、Twitter、LINE、Facebook、ポケモンGO、WhatsApp、WeChat、AppStore(iPhone)が使い放題できます。

料金プランは定額と使った分だけ支払う2種類があり、月々299円〜とリーズナブルな料金です。SNSのヘビーユーザーなら定額プランがおすすめですね。また、画面が割れていても新しい機種に変更できる「とりかえ〜るサービス」など気の利いたサービスもあります。特にSNSをよく利用する方におすすめです。

3.UQmobile

近年、テレビCMでも頻繁に流れるUQモバイル。UQCommunicationsが運営しています。ドコモの回線を利用しているMVNOが多いなか、auの回線を利用しています。料金プランはお得で、月額1,980円で最大2GBと最大90分の無料通話が使える「ぴったりプラン」と、月額2,980円で最大6GBと最大180分の無料通話が使える「たっぷりプラン」の料金プランがあります。データ量をたっぷり使えて無料通話も十分ついてこのお値段はほんとうにお買い得です。

また、ワンタッチで節約モードに切り替えることができるため、データ通信量の消費を簡単に節約できます。@uqmobile.jpというメールアドレスも使用でき、iPhoneの販売も行っているので、他会社のiPhoneからの乗り換えを検討されている方にもおすすめです。

4.楽天モバイル

楽天モバイルは、月額基本料+スマートフォン本体+5分かけ放題で1,880円〜(1年目)のリーズナブルなセットプランがあります。本体料金まで含んでこのお値段とは嬉しいですね。また、利用料金に応じて楽天スーパーポイントも貯まり、毎月の利用料金の支払いにポイントを使うことも可能です。

月額850円(税別)で5分以内の国内通話が何度でも「かけ放題」で使えるオプションや、データ通信量の翌月繰り越しもあります。データSIM(SMSなし)525円〜、050データSIM(SMSあり)645円〜、通話SIM1,250円〜で使えます。月額料金がとても安い代わりに、なんでもオプションになっているという料金体系なんですね。また、利用代金によって楽天ポイントが貯められるので、普段から楽天市場などを利用している方には、スマホ代で溜まったポイントも買い物に使えたりと大変便利なのでおすすめです。

おすすめのSIMフリー機種5選

a0002_008640_m

①APPLE iPhone SE 32GB SIMフリー

2017年春に発売されたモデル。iPhone7のSIMフリーに比べて、内蔵メモリと前面カメラ画素数以外はほとんど大きな違いはないのですが、本宅価格は90,000円前後のiPhone7に比べると約半額の48,000円。この差は大きいのではないでしょうか?
いままで特にソフトバンクのiPhoneを使っていた人は、SIMフリーのApple7に変えたいところですが、90,000円という価格がネックになって変えるのをしぶっている人も多いはず。その点、スペックはそれほど変わりなくてこのお値段なら、ちょっとは気軽に変えることができますね。ただ、デザリングができないのが困る人もいるでしょう。

②MOTOROLA Moto G5 SIMフリー

2017年春モデル。往年のAppleファンなら、MOTOROLAというブランド名に反応してしまうのではないでしょうか?昔の68系のMacはモトローラ製のCPUを使っていたのです。でもスマホとなったMotorolaはiOSではなくてアンドロイド。Appleとはもう何の関係もなくなってしまったかのようで、昔からのAppleファンは少し寂しい気もしているのではないでしょうか?

画面もiPhone7より大きい5インチと見やすく、内蔵メモリは16MB、手首をひねってカメラをONにするなど、小技も効いています。デザリングもできて本体価格が22000円程度。デザインも悪くないので、これは大いに買いなのではないでしょうか?

③ASUS ZenFone 2 Laser SIMフリー

格安PCでもおなじみの台湾のASUSのSIMフリースマホ。2015年7月モデルと少々古いですが、お値段が17,800円とスマホ界の価格破壊を起こしています。5インチ画面、1300万画素/500万画素のカメラ、内蔵メモリも16MBと十分なスペック。これでさらに毎月の料金も安いのですから、いうことがないのではないでしょうか?ただ、ポイントなどはつかないため、国産メーカーに比べると多少、お得感が少ないのは否めないところです。

④シャープ AQUOS mini SH-M03 SIMフリー

「液晶のシャープ」と言われ続けて何十年、やはりシャープの液晶は秀逸です。2016年夏モデルでお値段33600円程度とそれほど値下がりしていないのですが、人気の高いモデル。4.7インチ、16MB、バッテリー容量も多く、文句ないスペックです。デザリングにも対応。やはりきれいな液晶にこだわる方にはこのシャープモデルをおすすめ致します。

⑤クロスリンクマーケティング g06+ SIMフリー

2017年夏に発売されたばかりのモデル。本体価格が10000円を切り8,500円程度とは嬉しい限り。内蔵メモリ16GB、画面サイズ4インチでデザリングにも対応。ただ、カメラの画素数が500万/200万画素ですが、SNS投稿などには十分。

まとめ

yuki86_musimegane15141124_tp_v
いかがでしたでしょうか。今回は「SIMフリーでスマホの料金が大幅に下がる理由とSIMフリーにする方法」について紹介いたしました。従来から一部のキャリアでは発売していたSIMフリーの機種ですが、2015年5月にSIMロック解除が義務となり、現在ではSIMフリーのスマートフォンは非常に多くの種類販売されています。現在は高いケータイ料金を払っている人も、格安SIMを使えば、毎月安い利用料金に抑えることができますが、ぜひ検討してみてください。また、現在使っている機種を手放せないという方は、今の機種で中身のSIMカードだけを乗り換える方法もありますので、気になる機種やキャリアがありましたら、是非、SIMフリーにされることをおすすめ致します。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です